The Police『Can’t Stand Losing You: Surviving The Police』

ザ・ポリスのギタリスト、アンディ・サマーズの著書『アンディ・サマーズ自伝 ポリス全調書』を元に、バンドの歴史を追ったドキュメンタリー映画『Can’t Stand Losing You: Surviving The Police』が発売になりました。

2006年には、ドラムのスチュワート・コープランドが撮影した8ミリビデオを編集して、『Everyone Stares: The Police Inside Out』が公開されていますが、今回は2007年の再結成後の作品。

当時のストーリーだけでなく、再結成時の逸話も加えた内容となっています。

『Everyone Stares: The Police Inside Out』では、当時のバンドの快進撃を描いたイケイケの内容でしたが、今作ではあくまでアンディ・サマーズのパーソナルな視点が中心。

不遇なスタジオ・ミュージシャン時代に始まり、ザ・ポリスの成功の裏で妻に離婚を告げられたり、バンドが段々と居心地の悪い場所に変わっていく様を描いたりと、当時の内面的な話も多く語られていますね。

ちなみにザ・ポリスといえば、どちらかといえばボーカルのスティングと、派手なドラミングのスチュワート・コープランドに注目が行きがちですが、再結成時には巧みなギター・ワークで、改めて凄さを再認識させてくれたアンディが多めにピック・アップされているのは興味深いところです。

まぁ今作はメンバーの内面に踏み込んだ作品だけに、ザ・ポリスをある程度知っていることが前提ではありますけどね。

Michael Jackson『Xscape』

マイケル・ジャクソンの未発表音源を元に、ティンバランドロドニー・ジャーキンススターゲイトなど、トップ・プロデューサー陣が最新のアレンジを施したアルバム『Xscape』が発売になりました。

マイケルの未発表音源といえば、2010年にも『MICHAEL』が発売されていますが、こちらは元々リリース予定で進められていた曲を中心に仕上げたもの。

今回は、90年代後半にレコーディングされた楽曲が中心になっており、蔵出し音源の中から厳選したトラックが選ばれた形となっています。

またデラックス・エディションには、アレンジ前のオリジナル・デモ音源も収録されているので、今回は聴き比べる楽しみもありますね。

今作からは、まずジャスティン・ティンバーレイクとのデュエット曲「Love Never Felt So Good」がシングル・カットされており、今作では最古の1983年にレコーディングされたものだけにやや古さも感じますが、何とか現代的なテイストに馴染ませた形ですね。

ちなみにアルバムでは、マイケルのソロ・バージョンが本編扱いで、デュエット・バージョンはデラックス・エディションのボーナス・トラックという形で収録されています。

また米国では、今作リリース後に行われたビルボード・ミュージック・アワードで、ホログラム映像のマイケルが新曲の「Slave To The Rhythm」を歌うというパフォーマンスを行ったことも話題になりました。

他の収録曲についても全体的にエッジが効いた曲が多く、もしマイケルが生きていて新作を出すとしたら、こうなっていたかもしれないと思わせてくれる感じでしょうか。

生前の作品は2001年の『Invincible』が最後ですが、その延長上にあってもおかしくない仕上がりになっているかと思います。

マイケルの未発表曲はまだまだあるようなので、今後のリリースも楽しみですね。

Pharrell Williams『GIRL』

ファレル・ウィリアムスが、ソロ名義としては2006年の『In My Mind』に続く2作目となる『GIRL』をリリースしました。

ファレルといえば、2014年のグラミー賞で最優秀プロデューサー賞を受賞したぐらい、音楽プロデューサーとしてのイメージが強い人物。

ただ、元々はNER*D時代からボーカルを取っており、昨年はダフト・パンク「Get Lucky」、ロビン・シック「Blurred Lines」とボーカリストとしての参加が続いたところで、満を持しての今作というところでしょう。

先行シングルとして発表された「Happy」は各国でNo.1を獲得しており、アルバムの方も米国では『アナと雪の女王』のサウンド・トラックに阻まれたものの2位まで上昇となっています。

前作はほとんどの曲にゲストが参加していましたが、今作では「Brand New」にジャスティン・ティンバーレイクティンバランド、「Come Get It Bae」にマイリー・サイラスとダフト・パンク、「Know Who You Are」にアリシア・キーズと、やや控えめな感じでしょうか。

とはいえ、前作と比べるとゲストに左右されなくなった分、アルバムに統一感が出ており、リラックスして制作されたような印象も受けます。

まぁ今作の完成度としては抜群ですし、明るい曲調が多いので、心地良く聴ける1枚ではないでしょうか。