The Stone Roses『Made Of Stone』

2011年10月18日に15年ぶりの再結成を果たした、ザ・ストーン・ローゼズのドキュメンタリー映画『Made Of Stone』が発売になりました。

ザ・ストーン・ローゼズといえば、90年代のブリット・ポップ系アーティストからリスペクトされ、カリスマ的な人気を誇るバンド。

解散まで2枚しかアルバムを出しておらず、そのうち2nd『Second Coming』は酷評を受けているので、実質はデビュー作『The Stone Roses(石と薔薇)』だけで評価を勝ち取ったグループでもあります。

今作では、再結成コンサートに向けたメンバーの様子や、過去の歴史を振り返るといった内容になっています。

再結成には最盛期のメンバーである、イアン・ブラウンジョン・スクワイア、マニ、レニが揃い、今作の中でも相変わらず独特のグルーヴ感を聴かせてくれています。

ライヴのセット・リストも、80年代の楽曲に限定されているので、まさにファンが聴きたい曲に集中した形ですね。

まぁイアンが新曲を用意していると発言した割には、未だ発表されていないのは残念なところですが。

また、ところどころ過去の映像として、演奏シーンやインタビューなども挟まれますが、こちらは大まかにヒストリーを紹介することがメインになっており、ライヴ映像も途中で切れたりすることが多かったりします。

それとボーナス映像には、プレミア上映時のインタビューや、2012年のフジロック・フェスティバルからの演奏シーンなども収録。

まぁ再結成後のリリースとしては、ドキュメンタリーではありますが今作が唯一の作品ではあるので、とりあえず今作を観ながら新作を待つしかしょうがないですかね。

Metallica『Metallica Through The Never』

メタリカの3D映画『Metallica Through The Never』が、DVD/ブルーレイで発売になりました。

通常版では2Dの映画本編とボーナス・ディスクがセットになっており、Tシャツや缶バッヂなどがセットになったアルティメットエディションでは、ブルーレイ3Dでも楽しめるようになっています。

本編の内容については、ライヴ映像が中心になっていますが、そのコンサートと同時進行で起こるフィクションの物語も途中に挿入されるという形です。

選曲は初期のナンバーが多く、それだけでも熱いライヴを楽しめますが、360度ステージを3D映像で観るとなかなか迫力があるので、3Dテレビがあるなら立体映像で観るのがオススメですね。

また挿入されるストーリーについては、序盤は曲と曲の間のオマケ程度で関係ないものかと思っていましたが、終盤にはお互いがシンクロして、ステージ上に影響を与えるという趣向を凝らした内容になっています。

まぁストーリーの方は、話のオチがよくわからないまま終わってしまうので、あまり期待し過ぎない方が良いかもしれませんが…

それとボーナス・ディスクはメイキングやインタビューなどが収録され、92分の本編に対し193分の特典映像と、かなり盛り沢山の内容になっています。

本作の内容としては、ファンならずともその出来栄えに驚かされるところでしょうが、残念なのがブルーレイ3D版を観るためにボックス・セットを買わされるところでしょうね。

別にTシャツとかは要らないという人は、少なくないと思うのですが…

Windows XP終了でのメリット

マイクロソフトが4/8にWindows XPのサポートを終了するため、ネット上では使い続けることの危険性や、増税のタイミングも重なって買い替えユーザへの宣伝が飛び交っています。

まぁその事について同じことを書いてもしょうがないので、逆にWindows XPが無くなることでどんなメリットがあるのかを調べてみました。

  1. HTML5に完全移行できる

HTML5に対応しているWebブラウザが、Internet Explorer(IE) 9Google Chrome 3.0Firefox 3.1Safari 3.0Opera 9.6以上。

IE以外のブラウザについては早い時点でHTML5に対応していたので、現在は問題ないかと思いますが、厄介なのがIEで、Windows XPでの最終バージョンがIE8となっています。

Windows VistaではHTML5に対応したIE9へのバージョンアップが可能なので、HTML5へ移行しても問題ない状態になるかと思います。

  1. 1つのIPアドレスで複数のSSL証明書が使える

Apache 2.2.12以降ではServer Name Indication(SNI)を使うことで、1つのIPアドレスで複数のSSL証明書を割り当てることができるようになりました。

ただWindows XPには非対応だったため、せっかくの機能もほとんど利用されることはありませんでした。

Windows XPが無くなることで、SSLを導入する際のコストも下がり、枯渇しそうなIPv4アドレスの節約にもなります。

  1. Office 2003形式で保存しなくて済む

Windows XPと同時にサポートが終了するのが、Office 2003。

ドキュメントを送る際、Office 2007形式のdocxやxlsxで送った時に、Office 2003を使っているからdocやxlsで送り直してくれと面倒くさいことを言われることが無くなります。

Office 2007形式の場合、大容量のデータに対応しており、圧縮率も高いのでファイルサイズの節約にもなります。

と、こんなところでしょうか。

まぁ実際は、それでも使い続ける企業は多いでしょうから、そうすんなりとはいきませんが、もしWindows XPが無くなればこういうメリットがあるということで。