The Rolling Stones『Hyde Park Live』

ザ・ローリング・ストーンズが、2013年7月6日と13日にロンドンのハイド・パークで行ったコンサートが『Hyde Park Live』としてiTunes Storeでリリースされました。

ストーンズがハイド・パークでコンサートを行うのは44年ぶりで、前回の1969年7月5日には2日前に亡くなったブライアン・ジョーンズの追悼と、ミック・テイラーの初参加ライヴになっていました。

ストーンズといえば多数のライヴ盤をリリースしているので、まぁ選曲的にはお馴染みのナンバーが並ぶ形ですが、珍しいところでは1980年の発売以来コンサートでは演奏されていなかった「Emotional Rescue」や、元メンバーのミック・テイラーがゲスト参加した「Midnight Rambler」が含まれていることでしょう。

「Emotional Rescue」は、オリジナルはロン・ウッドの気だるいベースが楽曲の雰囲気を作っていましたが、ここではダリル・ジョーンズの軽快なプレイでノリノリのナンバーの印象に変わっていますね。

「Midnight Rambler」では、『The Stones In The Park(ハイド・パーク・コンサート)』や『Get Yer Ya-Ya’s Out!』でも印象的なプレイをしていたミック・テイラーが登場します。

ちなみにスタジオ・バージョンが収録された『Let It Bleed』では、テイラー加入前でまだブライアンがパーカッションで参加していたので、このハイド・パークという場所にはピッタリの選曲なのかもしれませんね。

あとは全体的にですが、けっこう客席の歓声が大きめに入っているので、あまり編集せずに録って出しした作品のようで、今作はライヴ感がハッキリと伝わるところが印象的です。

音が荒いとも言えますが、何だかこっちの方がストーンズらしく聴こえるので、ファンなら逆に面白く聴けるのではないでしょうか。

うなぎツーリング2013に行って来ました

昨年に続いて、今年もオールカワサキ南大阪さん主催のツーリングで、「うなぎツーリング」に行って来ました。

うなぎツーリング2013にいってきました!|ガレージの隅っこ日記 アメブロ版
http://ameblo.jp/aks-hidekiti/entry-11573187671.html

うなぎツーリング2013 01
↑今年も道の駅宇陀路 大宇陀で合流

今回は総勢21名でのツーリングですが、今年初めての参加だったので、初めて会う方も多かったですね。

うなぎツーリング2013 02
↑定番の道の駅 飯高駅で休憩タイム

途中の電子掲示板では、気温31度と表示されていましたが、湿度が高いので停車するとむせ返るような暑さ。

市街地で渋滞に捕まると、けっこう疲労してきます。

うなぎツーリング2013 03
↑三重県多気郡明和町にある、うなぎまつもと

昨年より早めに目的地、うなぎまつもとに到着したのですが、すでに駐車場は満車に近い状態。

うなぎツーリング2013 04
↑店の外にまで行列が続いています

席数は多めなので、15分程度で中に入ることができました。

うなぎツーリング2013 05
↑お店の人気メニュー、ひつまぶし

昨年はうな重を食べたので、今年はひつまぶしを注文してみました。

1杯目は『そのまま』、2杯目は『薬味を載せて』、3杯目は『お茶漬けで』ということですが、予想以上に量が入っているので、普通に茶碗5杯分ぐらいはあります。

4杯目と5杯目はどう食べるのがベストなんでしょう。

うなぎツーリング2013 06
↑この後の予定を打ち合わせ

この後は、赤福 二見支店で「赤福氷」を食べる予定だったのですが、どうも天気が悪化しているとの情報が。

今回は初心者ライダーの参加も多く、雨でのトラブルを避けるため、ここで帰路に着くことになりました。

うなぎツーリング2013 07
↑ますは向かいのガソリンスタンドで給油

うなぎツーリング2013 08
道の駅 茶倉駅

お昼を過ぎるとさらに暑さは加速しており、帰り道は急遽、道の駅 茶倉駅でも休息を取ることになりました。

うなぎツーリング2013 09
↑茶倉駅には展望台もあったので登ってみました

うなぎツーリング2013 10
↑飯高駅に着く頃はみんなグッタリ

うなぎツーリング2013 11
↑最後は宇陀路 大宇陀で解散

最近は、ウナギ価格の高騰が目立ちますが、うなぎまつもとでは今年もまだお値段据え置きで良かったです。

ちなみに今回も「NV-U37」で走行ルートを記録していますので、PetaMapで公開しています。

PetaMap – 【オールカワサキ南大阪ツーリング】うなぎツーリング2013
http://petamap.jp/route/route?md=view&rid=8a80d8823fbcb594013fe00361736a15

いや~、今年はとにかく暑かった。

ちょっと熱中症気味で、途中で頭も痛くなったので、ライダーの方は走る時は無理しないようにしましょう。

The Beatles『BBC Special Edition』『Apple Studio Tracks (Get Back Session)』

ザ・ビートルズのデビュー50周年記念で2012年にリリースされた『50th Anniversary CD-BOX』から、目玉となっていた『BBC Special Edition』『Apple Studio Tracks (Get Back Session)』が単品発売されました。

『50th Anniversary CD-BOX』は、CD10枚組のうち8枚がベスト盤、2枚が未発表音源といった構成で、今回その部分がバラ売りされた形になります。

見た目からしていかにも海賊盤っぽい雰囲気ですが、いちおうアップル・コアから正式にライセンスを受けた商品ということで、まぁとりあえず安心(?)して買っても大丈夫なようです。

『BBC Special Edition』は、1994年にリリースされた『Live At The BBC』と音源が被っている部分も多いのですが、「Do You Want To Know A Secret」「And I Love Her」「Lend Me Your Comb」は初公開。

「Do You Want To Know A Secret」はオリジナルよりかなり速いテンポで演奏され、「And I Love Her」はエレクトリックなテイストに、「Lend Me Your Comb」はカール・パーキンスのオリジナルに近いアレンジになっていますね。

また他の曲も『Live At The BBC』と比べて、エコーのかかり方が薄かったり、低音が出ていたりと、けっこう違う印象になっているので、聴き比べてみるのも面白いかも。

『Apple Studio Tracks (Get Back Session)』は、トゥイッケナム・スタジオでのゲット・バック・セッションが失敗に終わった後、アップル・スタジオでレコーディングを再開した時の音源。

本作には9トラックしか収録されていませんが、「Get Back」だけで24分、「I’ve Got A Feeling」が10分、「Don’t Let Me Down」で15分と長尺が多いので、全体では68分の収録になっています。

このセッションで「Two Of Us」や「The Long And Winding Road」といった名曲が完成しているのですが、どうやらここでは序盤の模様を収録しているようで、まだ演奏がまとまっていない状態。

本作の大部分が打ち合わせの会話や、途中でグダグダになる演奏なので、聴いていてスッキリ感の無いこと無いこと。

まぁメンバーがスタジオでどういう風に振る舞っていたかは伝わってくるので、ファンなら面白味を感じる部分もあるかと思います。

ということで、『Live At The BBC』や『Anthology 3』よりさらに荒削りな音源なので、興味のあるファンの人ならって感じの作品でしょうか。

Loreen『Heal 2013 Edition』

ロリーンが2012年にリリースしたデビュー作『Heal』に、最新シングル「We Got The Power」を追加収録した『Heal 2013 Edition』がiTunes Storeで発売になりました。

『Heal』からはシングル「Euphoria」がヨーロッパ各国で大ヒットを記録しましたが、アルバムの方は本国スウェーデン以外で伸び悩んだので、ここらでテコ入れという感じでしょうか。

ちなみにオリジナルに比べると、曲の並びが変更され、「We Got The Power」を追加した代わりに「See You Again」が外される形となっています。

注目の新曲「We Got The Power」は、相変わらず彼女らしいユーロポップに仕上がっており、特に違和感なくアルバムに溶け込んでいる印象ですね。

ただ本作については、アップテンポの曲とスローな曲の2パターンで、それぞれ似たような楽曲が並ぶ作品ではあるので、1曲でお腹いっぱいというイメージを変えるまでには至らないかも。

彼女が注目を集めるきっかけになったユーロヴィジョン・ソング・コンテストでは、過去にアバセリーヌ・ディオンも輩出しており、彼女も歌唱力はバツグンなので、今後の活動にも注目したいところです。