Various Artists『12-12-12 The Concert for Sandy Relief』

2012年10月にアメリカの東海岸を襲ったハリケーン、サンディでの被害に対して行われたチャリティー・コンサートが、『12-12-12 The Concert for Sandy Relief』としてiTunes Storeで発売になりました。

最も被害の大きかったニュージャージー州出身のブルース・スプリングスティーンボン・ジョヴィ、ニューヨーク州出身のビリー・ジョエルアリシア・キーズの他、エリック・クラプトンポール・マッカートニーザ・ローリング・ストーンズザ・フーロジャー・ウォーターズ(元ピンク・フロイド)、クリス・マーティン(コールドプレイ)などが参加。

当日は6時間にも及ぶステージでしたが、それが2時間程度に圧縮された形となっています。

イベントの最初に登場したのはブルース・スプリングスティーンで、2012年のアルバム『Wrecking Ball』からの2曲が演奏されています。

当日はここにボン・ジョヴィがゲスト参加して、「Born To Run(明日なき暴走)」を演奏していたのですが、今作ではカットされているのが残念。

続くロジャー・ウォーターズは、ピンク・フロイド時代の楽曲をチョイスしており、「Comfortably Numb」ではパール・ジャムのエディ・ヴェダーがゲスト参加しています。

ボン・ジョヴィのステージでは「It’s My Life」「Wanted Dead Or Alive」とお馴染みの楽曲ですが、こちらもブルース・スプリングスティーンとの「Who Says You Can’t Go Home」がカットされているのが残念。

そしてエリック・クラプトンは、デレク・アンド・ザ・ドミノス時代の「Got To Be Better In A Little While」、クリーム時代の「Crossroads」と、こちらは嬉しいチョイスです。

まぁ「Crossroads」は、近年のクラプトンらしくテンポを落としたバージョンですが。

それとザ・ローリング・ストーンズ、アリシア・キーズ、ザ・フーの後は、当日はカニエ・ウェストが出演していましたが、こちらは丸々カット。

続いて登場したビリー・ジョエルは、「Miami 2017 (Seen The Lights Go Out On Broadway)」「Moving Out (Anthony’s Song)」「You May Be Right」の3曲が収録されていますが、せっかくなので「New York State Of Mind(ニューヨークの想い)」は入れて欲しかったかも。

クリス・マーティンは、単身アコースティック・ギターでの弾き語りでしたが、R.E.M.のマイケル・スタイプとの「Losing My Religion」も含めフル収録。

ポール・マッカートニーは、オープニングの「Helter Skelter」のみ収録ですが、一番話題になったはずの元ニルヴァーナの2人との共演が未収録なのはさすがにちょっとねぇ…

ということで、まぁ今作が発売になってくれたのは嬉しいことですが、けっこう目玉曲がバサバサとカットされているのが残念ですね。

フル収録したものをDVD化とかしてくれないものでしょうか。

The Rolling Stones『Crossfire Hurricane』

ザ・ローリング・ストーンズの結成50周年を記念した、ドキュメンタリー映画『Crossfire Hurricane』が発売になりました。

現メンバー4人と、脱退したビル・ワイマンミック・テイラーへの音声インタビューを元に、当時の映像を重ねるといった内容で、未公開映像や見発表音源も満載となっています。

冒頭は1972年の北米ツアーから『Ladies & Gentlemen』収録の「Street Fighting Man」の映像で始まり、その後1962年のデビュー当時の話へと転換。

ミック・ジャガーキース・リチャーズがオリジナル曲を作り始める経緯や、ブライアン・ジョーンズの死、オルタモントの悲劇についてなど、時系列にそってストーリーが進んでいきます。

監督が特にオルタモントの部分に拘ったと言っているだけに、映画の半分は60年代のことで占められていますね。

その後は70年代へと続いていき、ミック・テイラーの加入と脱退、フランス移住、ロン・ウッドの加入となりますが、80年代以降については一切触れず。

エンディングに2008年の映画『Shine A Light』からの「All Down The Line」が使用されていますが、30年分の話をすっ飛ばしているのはさすがにちょっと違和感がありますね。

続編も作るつもりなのでしょうか?

それと特典映像には、1965年のドイツのミュンスター公演から3曲、制作陣へのインタビュー、ミックとキースが日本のファンへ向けてのメッセージ、50周年記念コンサートの告知などを収録。

まぁ本作の発売日がズレてしまったせいで、50周年記念コンサートが終わった後の告知となってしまったわけですが。

ちなみに本作はブルーレイ版DVD版と発売されていますが、それぞれ初回限定版に付属されているTシャツが色違いになっているので、欲しい人は好みの方を選べば良いかと。

今作の総評としては、メンバーがインタビューで故ブライアン・ジョーンズやオルタモントの事を語るのは少ないので、そういった点ではファンに取っては興味深い作品ではないかと思います。

Yahoo!が「Yahoo!スマホマネージャー」を公開

Yahoo! JAPANが、Windows上でAndroid端末を管理できる「Yahoo!スマホマネージャー」を公開しました。

元々は「Tapnow」というソフトウェアで、それをYahoo! JAPAN向けにカスタマイズしたものだとか。

「Yahoo!スマホマネージャー」では、端末内のアプリやデータを管理したり、Androidアプリを購入できる「Yahoo!マーケット」、音楽を購入できる「Tapnow ミュージックストア」などが用意されています。

Yahoo!スマホマネージャー01
↑Yahoo!マーケット

Yahoo!スマホマネージャー02
↑Tapnow ミュージックストア

それと「Tapnow ミュージックストア」では、1/21までEXILEの「道」が無料ダウンロードとなっているので、この機会にゲットしておいても良いかもしれませんね。

Androidは今までもPCに接続は可能でしたが、iTunesのような管理ソフトが無かったので、意外と便利なソフトかも知れません。

Wii U購入

発売日にはゲットできませんでしたが、二次出荷分で「Wii U」を購入しました。

Wii U 01
↑周辺機器もセットで購入してフル装備

ちなみに本体は「Wii U PREMIUM SET」、一緒に購入した周辺機器は「Wii U PROコントローラー」「Wiiリモコンプラス追加パック」「Wii Uマイク」「Wii U GamePadアクセサリー3点パック」、ゲームソフトはダウンロード版で「New スーパーマリオブラザーズ U」「Nintendo Land」。

総額で5万円強と、何だかんだでけっこう費用がかさむなぁ。

Wii U 02
Wii U GamePadニンテンドー3DSを並べてみた

ちなみに「Wii U GamePad」はけっこう大きいですが、それほど重くはないです。

ただタッチペンで操作するので、基本的には片手で持つことになり、それだとちょっとダルいかも。

あと「Wii U GamePad」とテレビ画面にはそれぞれ別の映像が映っているのですが、どうしても手元の映像の方にばかり集中してしまうので、テレビ画面に表示されている映像は見逃すことが多いですね。

これは使う人がレベルアップしないといけないのでしょうか。

まぁとりあえずインターネット経由でのアップデートもあるので、これから洗練されていくのかもしれないですしね。

Green Day『¡TRÉ!』

グリーン・デイの3部作『¡UNO!』『¡DOS!』に続く、第3弾『¡TRÉ!』がリリースされました。

元々は2013年初頭に発売予定でしたが、ビリー・ジョーが薬物依存で入院したことでツアーができなくなり、発売日が前倒しになっています。

『¡UNO!』では初期の頃のような爆発力のあるパンク・サウンドを復活させ、『¡DOS!』ではやや混沌とした印象であったものの、今作『¡TRÉ!』ではそれが吹っ切れたような清々しいようなロック・サウンドが展開されています。

まぁ3枚合わせて、正にひとつのロック・バンドの歴史を表現した大作といったところでしょうか。

デヴィッド・ボウイの70年代の名盤で、架空のロック・スターであるジギー・スターダストの成功から没落までを綴った『The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars』のイメージがダブるような気もします。

またこの3部作については、さらに制作ドキュメンタリー映像として2013年に『¡Quatro!』が公開予定なので、こちらも楽しみにしたいところです。

とりあえず今作は単品で聴くよりも、3枚セットで聴いてひとつの作品ぐらいに考えておく方が良いかも。

Bruno Mars『Unorthodox Jukebox』

デビュー作『Doo-Wops & Hooligans』から「Just The Way You Are」「Grenade」といったヒット・シングルを連発して、一躍注目を集めたブルーノ・マーズ

それに続く2ndアルバムとして『Unorthodox Jukebox』がリリースされました。

先行シングルとしてリリースされた「Locked Out Of Heaven」が、70年代のクラシック・ロック風だったので、今作では路線変更したのかと思いましたが、アルバム全体では前作の延長上に制作されているようですね。

収録曲はバラエティに富んでおり、古き良き時代の音楽と近年のテクノロジーを融合したスタイルは相変わらずで、ポップなメロディでまとめてあることで全世代的に聴ける作品になっています。

ただ、基本的には前作の延長ではあるので、インパクトという点では薄れてしまった感は否めないところでしょうか。

それと収録曲が10曲で、トータル時間も35分程度と、最近のアルバムにしては短いところも気になります。

ひょっとするとヒット作の次だけに、プレッシャーがかかって迷ったのかもしれませんね。