Paul & Linda McCartney『Ram』

ポール・マッカートニーが1971年にリリースした、ソロ2作目『Ram』がリイシュー盤として発売になりました。

過去にも『Band On The Run』『McCartney』『McCartney II』がこのシリーズとして登場していますが、今作はウイングス結成前に故リンダ・マッカートニーと共同クレジットで発表した作品。

セールス的にも『McCartney』に続いて好調で、英国で1位、米国で2位を記録しています。

リイシュー化に当たっては、通常盤の他、デラックス・エディションスーパー・デラックス・エディションの3形態でリリースされています。

Disc 1は、オリジナルをリマスターしたもの。

後にウイングスのメンバーになるデニー・シーウェルも参加しており、前作に比べてバンド・サウンド寄りになったことが特徴。

当時はシングル・カットされた「Uncle Albert/Admiral Halsey(アンクル・アルバート/ハルセイ提督)」も、ビルボード週間チャート1位を獲得する好調ぶりでした。

Disc 2は、アルバム未収録のシングル「Another Day」や、未発表曲などが収録されています。

ただジャム・セッションに近い形の曲も多く、ひょっとするとこの時期は蔵出し音源が少ないのかもしれませんね。

Disc 3は、ラジオ放送用にDisc 1をモノラル・ミックスしたもの。

まぁマニアなら、聴き比べてみるのも面白いかもしれませんね。

Disc 4は、今作をオーケストラ・アレンジして、1977年にパーシー “スリルズ” スリリントン名義でリリースした『Thrillington』を収録。

1995年にはCD化もされていますが、当時手に入れていなかった方にはゲットするチャンスですね。

付属のDVDには、当時の映像をバックにポールが思い出を語る「Ramming」、「Heart Of The Country(故郷のこころ)」「3 Legs(3本足)」のPV、スコットランドの農場で「Hey Diddle」を弾き語る映像、ウイングスの1972年のライヴ映像から「Eat At Home(出ておいでよ、お嬢さん)」が収録されています。

全体的にポールとリンダが伸び伸びと楽しんでいる様子が観られるので、リラックスした雰囲気の中で曲作りが進められたことがわかります。

またスーパー・デラックス・エディションには、Disc 1~2とデジタル限定トラックを24bit/96kHzでダウンロードできる特典コード、公式サイトで7/24より特典映像が視聴できるようになる会員コードなども付属されています。

特典映像は発売から2ヶ月後なのでウッカリ忘れそうですが、楽しみに待っておきましょう。

まぁ今作はポールの作品の中では地味な方ですし、レア・トラックも少ない感じなので、ファン向けアイテムなのでしょうね。

ソフトバンクとウィルコムが2012年夏モデルを発表

ソフトバンクモバイルウィルコムが、2012年夏モデルの新機種を発表しました。

ソフトバンクはスマートフォン4機種、フィーチャーフォン3機種、モバイルルータ2機種。

スマートフォンは「AQUOS PHONE Xx 106SH」「ARROWS A 101F」「PANTONE 5 107SH」がAndroid 4.0で、「AQUOS PHONE 102SHII」がAndroid 2.3搭載。

ウィルコムは初のAndroid 2.3端末「DIGNO DUAL WX04K」の他、従来型のPHS端末2機種を発表しています。

ソフトバンクの端末では、やはり「PANTONE 5 107SH」が注目機種で、放射線測定機能を搭載。

また、モバイルルータ2機種「ULTRA WiFi 4G 102HW」「ULTRA WiFi 4G 102Z」は、両方ともソフトバンク版LTE「SoftBank 4G」に対応しています。

まぁ放射線測定のニーズは日本の一部地域になるので、完全にガラパゴス的な機能ではあるでしょうけどね。

ウィルコムの方は、「DIGNO DUAL WX04K」がPHS回線とソフトバンクの3Gデータ通信に両対応しており、同時に新料金プラン「ウィルコムプランD」も発表しています。

通話についてはPHS/3G、データ通信については3Gを使用しますが、PHSでの通話には「だれとでも定額」が無料で付属しているので、そもそも3G回線の通話って必要なのでしょうか。

また発表会では、ソフトバンクが900MHz帯を獲得したことで「プラチナバンド」と銘打ち、7/25よりサービスエリアを順次拡大していくことも強調しています。

それとサービス面でも、プロ野球、Jリーグ、海外サッカー、格闘技がそれぞれ350円/月で視聴できる「スポーツLIFE」を追加した他、490円~500円/月の「ムービーLIFE」もGyaO!との連携でコンテンツ数の拡充を発表。

まぁとりあえずソフトバンクは、インフラの拡大をウリにしていることから、既存ユーザも恩恵を受けるのは嬉しいところですね。



Video streaming by Ustream

もう1台無料キャンペーン

WiMAXを契約してみた

b-mobile SIM U300」の利用期限が迫ってきたので、WiMAXを契約してみました。

WiMAXといえば本家のUQ WiMAX以外にも、MVNOでいろいろな業者からサービス提供されていますが、契約したのはECナビなどを運営しているVOYAGE GROUPの「VOYAGE WiMAX」。

VOYAGE WiMAX 01
↑Wi-Fiルータは一番キャッシュバック率の高い「URoad-8000

まぁなぜここにしたかというと、MVNO業者だとキャッシュバック制度がお得だったりするからです。

ちなみに、5/31まで行われているキャンペーンでは、最大23,000円のキャッシュバックが付いており、他社に比べて還元率が高かったからですね。

VOYAGE WiMAX 02
↑内包物は非常にシンプルです

単純計算だと「b-mobile SIM U300」は29,800円/年なので、29,800円÷12ヶ月=2,483円/月。

キャンペーン付きの「VOYAGE WiMAX」は、(3,880円×23回-23,000円)÷24ヶ月=2,760円/月。

月300円ほどコストアップしていますが、まぁ通信速度が300kbpsから40Mbpsへ大幅に上がっているので、快適性を考えると納得できるところでしょうか。

VOYAGE WiMAX 03
↑大きさはiPhone 4Sより一回り小さいぐらい

で、とりあえずスピードテストもしてみました。

VOYAGE WiMAX 04
↑スピードテストの測定結果です

さすがに40Mbps出るとは思っていませんでしたが、実測値がその1/10ってのは微妙な感じかなぁ…

ただ速くはないですが、「b-mobile SIM U300」に比べると一応実用レベルなので、まぁ良しとしますか。

「Webサイト制作のすゝめ」をオープンしました

Webサイトを制作しようと思っている方や、制作会社に依頼しようと思っている方で、どうすればよいのかわからないといった部分を解説するサイトを作成しました。

Webサイト制作のすゝめ Studio Pumpkinhead Wiki
http://wiki.studiopumpkinhead.com/

初心者向けですが、サイトの制作方法だけでなく、SEO対策やアクセス解析、運用の仕方についても解説していますので、参考にしていただければと思います。

また、他にわからないことなどありましたら、リクエストしてもらえれば追加していきますので、コメント欄、お問い合わせフォームTwitterなどで、お気軽に連絡ください。

テザリング用SIMカードを検討してみる

iPhone/iPad/Androidのテザリング用に利用していた「b-mobile SIM U300」の契約終了が近づいてきたので、次はどうするかを検討する必要が出てきました。

「b-mobile SIM U300」は、29,800円/年で実質無制限に通信できるという安さがウリですが、通信速度が300kbpsに制限されているため、使っていると遅さにイライラすることもしばしば。

さらに安価な980円/月の「イオンSIM」などもありますが、さすがに100kbpsは無いかなということで、こちらはパスですね。

b-mobile以外で考えると、1年前に比べて最近はいろいろ出揃ってきており、価格面も小慣れてきたので「3G」「LTE(4G)」「WiMAX」を選択肢に入れて検討することにしました。

もちろん、モバイルWi-Fiルータで安く使えることが前提ですが、快適性も考えて、コストパフォーマンスのバランスが良いことが重要です。

3GはFOMA通信網を利用したものが主流ですが、NTTドコモauで直接契約すると5,460円/月、ソフトバンクウィルコムイー・モバイルだと3,880円/月。

これらは快適に使えそうですが、ちょっと高いので、もう少し安いところを探したいところ。

プロバイダ契約をOCNにしているので、2,460円/月(通常は2,670円/月)の「OCN モバイル エントリー d」という手もありますが、こちらは150万パケット(192MB)/3日の制限付き。

So-net モバイル 3G」はキャンペーン中で2,670円/月になっていますが150万パケット(192MB)/3日の制限あり、「ぷららモバイル」は2,845円/月で制限なし、「BIGLOBE 3G」は2,980円/月で制限なし。

ということで「b-mobile SIM U300」と同価格帯で契約しようとすると、2年縛りで150万パケット(192MB)/3日制限という条件を受け入れる必要がありそうですね。

LTE(4G)は、「Xi」「EMOBILE LTE」「SoftBank 4G」など比較的新しい通信方式ですが、NTTドコモはキャンペーンで4,935円/月、イー・モバイルは3,880円/月、ソフトバンクは契約者なら3,880円/月(通常は5,505円/月)。

まぁ3G通信に比べると速くなりますが、その分ちょっと高くなりますね。

WiMAXは、本家のUQ WiMAXが3,880円/月でサービス提供していますが、MVNOでの供給も積極的に行われています。

MVNO先での料金も基本的には似たり寄ったりですが、こちらは価格.com経由でのキャッシュバックを含めて計算すると、2年縛りで3,000円/月をギリギリ切るぐらいの攻防となっているようです。

ということでまとめると、

[3G]
価格は2,500円弱/月
通信速度14Mbpsで150万パケット(192MB)/3日制限
(または、通信速度300kbpsで制限なしか)

[LTE(4G)]
価格は3,880円/月
通信速度75Mbpsで300万パケット(384MB)/1日制限

[WiMAX]
価格は3,000円弱/月
通信速度40Mbpsで制限なし

う〜む、LTE(4G)はまだ高くてサービスエリアが狭いのでパスですが、価格面で3Gを取るか、快適性でWiMAXを取るかで悩むところです。

価格.com ブロードバンド

ナイトラーメンツーリングに行って来ました

オールカワサキ南大阪さんのプチ・ツーリングで、奈良県天理市の彩華ラーメンまで行って来ました。

ガレージの隅っこ日記 – (行き先が)波瀾万丈ラーメンツーリング
http://blog.goo-net.com/allkawasaki-south/archive/1660

ナイトツーリング 01
↑夜なので写真がうまく撮れず…

…といっても、ひとり自宅から現地に直接向かったので、ツーリングと呼んでいいのか微妙ですが。

ナイトツーリング 02
↑彩華ラーメン本店です

ナイトツーリング 03
↑サイカラーメンとチャーハン

店内は土曜の夜だけに満席でしたが、久しぶりのサイカラーメンだったので、ちょっと懐かしい味でした。

ナイトツーリング 04
↑参加人数は予想外に多く16名

ついでに道中、購入したばかりのcellular line「interphone F5」でFMラジオを聴いてみたのですが、どうも電波のつかみが弱いのか、何度やっても「NHK-FM」「FM COCOLO」しか入らず…

ホントは「FM802」か「α-STATION」聴きたかったのですけどねぇ。

バイク用インカム「interphone F5」購入

バイク用インターコムcellular line「interphone F5」を購入してみました。

interphone F5 01
↑2台セットのツインパックです

まぁタンデムとかツーリング用というよりかは、iPhoneに入っている音楽をBluetooth接続で聴きたいという目的だったりするのですが。

ちなみに購入前にはよくあるパターンで、「interphone F5」とサインハウスB+COM SB213.EVO」で迷ったのですが、比較すると、

[interphone F5]
・通話距離が長い
・駆動時間が長い
・オプション品なしで6人の同時通話が可能
・Bluetooth 3.0対応
・防水性が高く、防塵にも対応
・FMラジオ内蔵

[SB213.EVO]
・国内メーカーだから安心
・実売価格が5,000円ほど安い
・音質が良いらしい

と、まぁ今どき国内メーカーだからってのもナンセンスかと思い、機能面に優れているこちらにしました。

ということで、さっそくヘルメットへの取り付け作業。

interphone F5 02
↑内包物一覧

使っているのは、けっこう昔に買ったのでアライヘルメットRX-7 RR4」というモデルです。

interphone F5 03
↑外側にブラケットを両面テープで貼り付けてから、本体を装着

で、取り付けてみたところ、いきなり問題発覚。

スピーカー、マイクはマジックテープで取り付けるのですが、マジックテープとヘルメットは両面テープで取り付けるわけです。

ただ、ヘルメットの中のパッドに両面テープを付けてもすぐに剥がれるし、余ったケーブルが非常にジャマな状態。

interphone F5 04
↑スピーカーがぜんぜん張り付かず、ケーブルも邪魔…

どうしたものかとアレコレ探ってみると、どうやら内装は外すことができるということがわかりました。

…まぁ、知っている人からすれば当たり前と言われるかもしれませんが。

ということで、ヘルメットの硬い部分とパッドの間に貼り付け、ケーブルもその中に押し込んでおくということで、無事に解決。

interphone F5 05
↑中のパッドが外せることを初めて知りました

そして次にiPhoneとのBluetooth接続ですが、こちらはアッサリ完了。

ただ、テザリング用に持ち歩いているIDEOSの方は、なぜかスキャンしても見つけることができない状態です。

試しにGalaxy Nexusでも接続を試みてみましたが、やはりダメ。

Androidとは相性が悪いのでしょうか。

まぁ、とりあえずこれで走行中の悩みをひとつ減らすことができたので、良しとしますか。