Norah Jones『…Little Broken Hearts』

前作『The Fall』で、ジャズ・ポップス路線から大きく舵を切ったノラ・ジョーンズですが、さらにその方向性を進める形で、新作『…Little Broken Hearts』をリリースしました。

今作のプロデューサーにはデンジャー・マウスを起用しており、楽曲もすべて彼との共作。

先行シングル「Happy Pills(ハッピー・ピルズ ~ 幸せの特効薬)」を聴くと、やや重いビートが耳につきますが、アルバム自体もデンジャー・マウスの影響が色濃く出ており、全体的に気だるい雰囲気に包まれている感じですね。

ただ聴き終わった後に、これといって印象に残る曲も無く、地味な印象は否めないところ。

デビュー当時からの古き良きジャズ路線から脱して、新たなスタイルを開拓していこうという姿勢は良いのですが、どうも彼女の個性が無くなってしまったような感じもして、少し残念なところでしょうか。

今作も、まだ消化不良気味なのかもしれませんね。

The Grateful Dead『The Grateful Dead Movie』

ザ・グレイトフル・デッドが、1974年10月16日〜20日にサンフランシスコのウィンターランド・ボールルームで行ったコンサート映像を元に、1977年に映画化された『The Grateful Dead Movie』の日本盤DVDがリリースされました。

ちなみに輸入盤のVHSは1981年、DVD版は2004年にリリースされており、今回新たにBlu-ray版も発売されましたが、まぁ日本での知名度を考えると、日本盤DVDがリリースされただけでも嬉しいところです。

ザ・グレイトフル・デッドといえば、2011年に発売されたビジネス書「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」が評判になったことで名前を知った方も多いかもしれませんが、スタジオよりもライヴに力を入れていたバンドで、1曲の演奏が数十分にも及ぶようなインプロビゼーションが特徴。

一応、代表作に『Workingman’s Dead』『American Beauty』などがありますが、やはりデッドの魅力といえばライヴでの演奏で、今作ではそれがタップリ楽しめる内容になっています。

音声に関しては、DVD化に際して新たに5.1chリマスターが施されたバージョンが用意されており、ジェリー・ガルシアの官能的なギター・プレイだけでなく、フィル・レッシュのテクニカルなベース・プレイや、ビル・クルーツマンのドラミングなどもかなりクリアに聴くことができますね。

ボリュームを上げて再生すると、まるでコンサートを聴きに行ったような感覚で、延々と続く演奏が段々と心地よくなってくるのではないかと思います。

特に、今までザ・グレイトフル・デッドは聴いたことがあったけどピンと来なかったという方は、ぜひ今作を観るとその魅力に気付かされるのではないでしょうか。

Googleがオンラインストレージ「Google Drive」公開

Googleがオンライン・ストレージ・サービス「Google Drive」を公開しました。

無料で5GBまで利用でき、有料で25GB~16TBまで拡張が可能となっているようです。

オンライン・ストレージといえば、以前からDropboxSugarSyncなどが人気で、最近ではマイクロソフトSkyDriveをバージョンアップして、自動でデバイス間のシンクロ機能を追加しています。

Google Driveならではの機能としては、Gmail/Google+/Googleドキュメントなどからファイルを呼び出せたり、画像に埋め込まれた文字を自動検出して検索できたり、Photoshop/Illustratorファイルをプレビューできたりということでしょうか。

後発だけに、優位性のアピールが凄いですね。

なお、これと同時にGmailも7.5GBから10GBまで容量が拡張されています。

それにしても、無料というかフリーミアムのオンライン・ストレージ・サービスがこれほど出揃ってくると、全部使えばけっこうな保存領域になるので、有料プランの契約は必要なさそうですね。

まぁ気をつけるのは、うっかり機密情報を公開フォルダに置かないようにということでしょうか。


Various Artists『The 25th Anniversary Rock & Roll Hall Of Fame Concerts』

音楽で偉大な功績を残したアーティストに贈られるロックの殿堂

その創設25周年を記念して、2009年10月29日と30日に渡ってマディソン・スクエア・ガーデンで行われたコンサートを収録した『The 25th Anniversary Rock & Roll Hall Of Fame Concerts』の日本盤が発売になりました。

輸入盤は以前から2枚組としてリリースされていましたが、日本盤ではそれを『Legend Side 〜黄金のロック伝説編〜』『Explotion Side 〜白熱のロック・スピリッツ編〜』としてバラ売り方式になっています。

コンサートの流れに沿って観るならば、『Legend Side 〜黄金のロック伝説編〜』からになりますが、まずトップ・バッターで登場するのがジェリー・リー・ルイス

74歳の高齢にも関わらず、1957年の代表曲「Great Balls Of Fire(火の玉ロック)」でオープニングを飾ってくれます。

次に登場したクロスビー・スティルス&ナッシュのコーナーでは、彼らのヒット曲の他にも、ジャクソン・ブラウンが加わっての「The Pretender」なども披露。

スティーヴィー・ワンダーは、スティングとの「Higher Ground」「Roxanne」や、ジェフ・ベックと「Superstition(迷信)」を共演したりと、こちらも負けじと豪華なゲスト陣です。

ジョン・レジェンドをフィーチャーして、マイケル・ジャクソンの「The Way You Make Me Feel」を演奏している時には、ステージ上で思わず涙ぐんでしまい、ここは感動的なシーンになっていますね。

ポール・サイモンは、ソロ・アーティストとしても、サイモン&ガーファンクルとしても登場し、両時代のヒット曲を演奏。

特にS&Gのステージでは、「The Sounds Of Silence」「The Boxer」「Bridge Over Troubled Water(明日に架ける橋)」とお馴染みの曲が続き、1曲ごとに大喝采を浴びています。

そして、今作のBlu-ray版にはボーナス映像も収録されており、本編ではカットされた楽曲が追加されています。

見どころとしては、CS&Nにボニー・レイット、ジャクソン・ブラウン、ジェームス・テイラーが加わっての豪華な「Teach Your Children」や、S&Gの「Mrs. Robinson」でしょうか。

『Explotion Side 〜白熱のロック・スピリッツ編〜』に入ると、この年に殿堂入りを果たしたメタリカが登場。

2011年に共作アルバム『Lulu』を発表したルー・リードとはザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド時代の「Sweet Jane」、オジー・オズボーンとはブラック・サバス時代の代表曲「Iron Man」「Paranoid」、レイ・デイヴィスとはザ・キンクス時代の「All Day And All Of The Night」と、こちらも豪華なゲスト陣が目立ちます。

続いてのU2は、「Because The Night」で作曲者のパティ・スミスブルース・スプリングスティーンを迎えたり、ミック・ジャガーザ・ブラック・アイド・ピーズからファーギーウィル・アイ・アムが参加した「Gimme Shelter」など。

1曲目の「Vertigo」で、ザ・ローリング・ストーンズ「It’s Only Rock ‘n Roll (But I Like It)」のフレーズを挟んだりしているのは、やはりミックを意識してのことなのでしょうか。

次に登場するのは、この年に晴れて殿堂入りとなったジェフ・ベックで、スティングとの「People Get Ready」や、ZZトップのビリー・ギボンズと「Foxey Lady」など、本人が滅多に歌わないだけに、フロントマンのゲストが多いですね。

そして最後のトリは、ブルース・スプリングスティーン&ザ・E・ストリート・バンド。

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロは、ちょっと意外なゲストですが、共演曲「The Ghost Of Tom Joad」では何と歌声まで披露してくれています。

ビリー・ジョエルとの共演曲、「New York State Of Mind(ニューヨークの想い)」「Born To Run(明日なき暴走)」で熱いステージを観せた後は、いよいよエンディングへ。

ラストはダーレン・ラヴジョン・フォガティサム・ムーア、トム・モレロが戻ってきて、ジャッキー・ウィルソンへのトリビュート曲「(Your Love Keeps Lifting Me) Higher and Higher」で締めくくられています。

また、こちらもBlu-ray版にはボーナス映像が収録されており、ジェフ・ベックの「Freeway Jam」や、ブルース・スプリングスティーンとトム・モレロがザ・クラッシュの「London Calling」をカバーしていたりと、見逃せないオマケが収録されています。

日本盤は、輸入盤に比べるとずいぶん高いのが気になりますが、内容自体は素晴らしいの一言。

ロックの殿堂だけに、ロック・ファンを唸らせてくれる出来でしたね。

auが絵文字デザインをNTTドコモと統一

au絵文字のデザインを、NTTドコモ絵文字と共通化することを発表しました。

メールサービスにおける事業者間の絵文字の共通化に向けた取り組み | 2012年 | KDDI株式会社
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2012/0418c/

実施時期は5月以降ということで、au以外にもイー・モバイルも参加しており、ウィルコムも発表はないけれどもすでに実施しているとのこと。

まぁ要は、ソフトバンクモバイル以外は絵文字のデザインが統一されるということですね。

ただ元々、auの絵文字は822種類あり、NTTドコモは252種類。

今回、共通化したのは213種類で、それ以外の434種類をリニューアルという形になっており、対応機種は2012年夏モデルからということ。

う〜む、統一しようという考え方は良いのですが、何とも中途半端な導入になっているので、携帯サイト作成者にとっては困った事態ですね。

例えば、機種ごとにWebサイトの見え方が異なったり、独自に絵文字変換プログラムを導入している場合は見直しを入れる必要がありそうです。

どうせなら開発者向けに、変換ライブラリも提供してくれると嬉しいところなんですが。

au直営ファッション通販 au one Brand Garden

Kindness『World, You Need A Change Of Mind』

サウンド・クリエイターであるアダム・ベインブリッジの1人ユニット、カインドネスの1stアルバム『World, You Need A Change Of Mind』が発売になりました。

2009年にリリースされたシングル「Swinging Party」が評判になったことで今作のリリースとなったわけですが、それにしてもWeb上でのプロモーション活動といえば、MySpaceYouTubeぐらい。

情報量も少なく、かなり謎多きアーティストなので、サマーソニック2012の出演は注目かもしれませんね。

アルバムの方は、全体的に無機質なリズム・パターンの上に、気だるいボーカルが乗せられ、混沌とした流れで進行していく印象。

作品を聴いてもあまりに謎だらけで、どういうことなのか思わずもう1回聴いてしまうといった感じでしょうか。

まぁ、良いのか良くないのか何とも判断の付きにくいアーティストなので、もう1作品ぐらい聴いてみたいところですね。

岡山国際サーキット体験走行会に行って来ました(2回目)

前回オールカワサキ南大阪さんのツーリングで、岡山国際サーキットで体験走行してきましたが、今回はその2回目です。

ガレージの隅っこ日記 – 雪のサーキット
http://blog.goo-net.com/allkawasaki-south/archive/1625

岡山国際サーキット体験走行会(2回目)01
↑今回は西宮名塩SA集合です

岡山国際サーキット体験走行会(2回目)02
↑参加者は12名

前回は大雨という最悪のコンディションでしたが、今回は何と吹雪。

桜も咲く季節だというのに、天気にはホントに恵まれません。

岡山国際サーキット体験走行会(2回目)03
↑なぜかこの日だけ寒かったようです

岡山国際サーキット体験走行会(2回目)04
↑ピットでスタンバイ

ちなみに走行時はレース仕様ということで、ミラー、ランプなどはすべて無効にするので、自分の勘だけでバイクの接近を感じなければいけないようです。

岡山国際サーキット体験走行会(2回目)05
↑走行中はサイドミラーが使えません

午後からは雪は止み、路面もドライに戻ったことで、やっと安心して走れるようになりました。

岡山国際サーキット体験走行会(2回目)06
↑体験走行なので、追い越し禁止で、並んで走ります

…でも、寒いのは寒いです。

岡山国際サーキット体験走行会(2回目)07
↑前回と同じルートです

ちなみに、今回もバイクナビ「NV-U37」に走行記録を取っていましたので、ルートをPetaMapに公開しています。

PetaMap – 【オールカワサキ南大阪ツーリング】岡山国際サーキット体験走行会(2回目)
http://petamap.jp/route/route?md=view&rid=8a80d88236802a0801368eb164176114

前回のイベントが好評で、今回2回目となったわけですが、この調子だと3回目もあるんでしょうか。

イベントの最後には、カワサキの新モデルの試乗コーナーなどもあるので、興味ある人はチェックしておいても良いかもしれませんね。

ソニーストア