The Rolling Stones『Some Girls Live In Texas ’78』

ザ・ローリング・ストーンズが、1978年7月18日にテキサス州フォートワースにあるウィル・ロジャース・オーディトリアムで行ったライヴを収録した『Some Girls Live In Texas ’78』がリリースになりました。

16mmフィルムで撮影された映像は、今まで眠っていたのが不思議なぐらいクリアな画質で、音声についてもDTS5.1chで当時のステージが見事に再現されています。

この時期のストーンズといえば、ディスコ・サウンドを取り入れたシングル「Miss You」や、アルバム『Some Girls(女たち)』がアメリカで大ヒットし、同時に行われた北米を回るサム・ガールズ・ツアーも好評を博していました。

ステージの方は、5人のメンバーにピアノにイアン・スチュワート、キーボードにイアン・マクレガンが参加しており、「Far Away Eyes」でバイオリンのダグ・カーショウがゲスト参加するだけというシンプルな構成。

今では珍しい、ミック・ジャガーのキーボード弾き語りや、キース・リチャーズがミックとハモったり、ロン・ウッドがコーラスに参加していたりするシーンも観られます。

演奏の方は、77年の『Love You Live』、81年のステージを収録した『Still Life (American Concert 1981)』『Let’s Spend The Night Together』と比べると、ベスト・パフォーマンスと呼べるものではないですが、この時期のオーソドックスなコンサートをクリアな映像で観ることができるのは、なかなか興味深いところ。

キースのプレイがやや控えめで、代わりにロニーが弾きまくっているのは、キースがまだ新規加入のロニーに気を使っているのでしょうか。

それとDVDにはボーナス・フィーチャーとして、現在のミックのインタビュー、1978年10月7日にサタデー・ナイト・ライヴに出演した時の映像、USツアー開始前に収録されたリハーサルの様子やメンバーへのインタビュー映像が収録されています。

サタデー・ナイト・ライヴの映像は、狭いスタジオで異常にハイテンションなミックと、落ち着いたバックの演奏とのギャップがちょっと笑えますね。

来月には『Get Yer Ya-Ya’s Out! The Rolling Stones In Concert』『Exile On Main ST.(メイン・ストリートのならず者)』に続き、『女たち』も未発表音源を追加したスーパー・デラックス・エディションが発売になるので、こちらもセットでチェックするのが良いのではないでしょうか。

アドビがCS製品のアップグレード対象を変更

アドビが、月額制で製品を利用できる「Adobe Creative Cloud」の料金体系を発表すると同時に、パッケージ製品「Adobe Creative Suite」のアップグレードポリシーを変更しました。

「Adobe Creative Cloud」は、2012年春より開始され、5,250円/月の年間契約で、すべてのCS製品、20GBのオンライン・ストレージ、タブレット用アプリ群「Touch Apps」などが利用できるようになります。

一方、既存のパッケージ製品「Adobe Creative Suite」については、CS6へのアップグレード対象がCS5/CS5.5からのみに変更されています。

アドビは2007年にもアップグレード・ポリシーを変更しており、その際は対象をすべてのバージョンから3バージョン前までに限定しましたが、今回は1バージョン前に限定と、さらに厳しい対応を取っています。

要は「Adobe Creative Cloud」に乗り換えさせたいとの思惑でしょうが、それにしても今回は改悪が甚だしいところ。

Illustrator」「Photoshop」「Dreamweaver」「InDesign」など、業界のデファクト・スタンダードとなっている立場を利用して、顧客の足元見ているような感じですね。

現在、一番利用されているバージョンはCS5となっているようですが、CS3/CS4の人はCS6にはアップグレードできなくなりますので気をつけましょう。

John Lennon『LENNONYC』

今回はザ・ビートルズ解散後のジョン・レノンが、ニューヨークに渡ってからを追ったドキュメンタリー映画『LENNONYC(ジョン・レノン,ニューヨーク)』のレビューです。

ジョンの伝記映画といえば過去にも、1998年の『Imagine(イマジン/ジョン・レノン)』、2006年の『The U.S. vs. John Lennon(PEACE BED アメリカVSジョン・レノン)』、デビュー前のジョンを俳優による演技で再現した2009年の『Nowhere Boy(ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ)』など、すでに多く作品化されています。

もう情報も出尽くした印象があり、ちょっと今さら感もしますが、いざ観てみるとこれがなかなか興味深いところ。

NYのインディーズ・バンド、エレファンツ・メモリーとの出会いから、『Some Time in New York City』の制作。

FBIの妨害を受けながら続けてきた平和活動が、ニクソン大統領の再選によって頓挫したこと。

挫折して荒れていたジョンがオノ・ヨーコに追い出され、ロサンゼルスで生活を始めたこと。

「Whatever Gets You Thru The Night(真夜中を突っ走れ)」が1位を獲得し、飛び入り参加したエルトン・ジョンのコンサートの楽屋で、ヨーコと再開したこと。

息子ショーンが生まれてからの、主夫生活。

Double Fantasy』での復活と、『Milk And Honey』の製作中に凶弾に倒れるまでの様子。

などなど、未公開音源や写真、映像、関係者のインタビューを交えながら、こと細かに綴られていくエピソードには思わず見入ってしまいました。

ドキュメンタリー作品だけに、時間軸に沿って展開していく流れは非常にわかりやすく、ジョンが当時何を考えていたかを知るにはちょうど良い作品ではないでしょうか。

期待せずに観ただけに、予想外に良い映画でした。

アドビがモバイル向けFlashの開発を終了

アドビAndroidBlackBerryなどスマートフォン/タブレット向けに提供してきたFlash Playerですが、バージョン11.1を最後に開発を終了するそうです。

Flashコンテンツを作成しているデベロッパーには、HTML5への移行を薦めています。

iOSWindows Phoneなどと違って、Androidの強みのひとつにFlashに対応しているということがありましたが、結局は撤退ということになったわけですね。

ただFlashのテクノロジはAdobe AIRへの変換機能に注力し、今後はアプリ開発に使えるようにするとのこと。

またPC向けには、Flash 12以降も提供を続けるそうです。

まぁ最近はPC向けでもFlash離れが顕著に進んでおり、胴元のアドビがモバイル・プラットフォームを諦めたわけですから、今後さらに導入は躊躇されるようになっていくかもしれませんね。

The Beach Boys『SMiLE』

最も有名な未発表アルバムとも言われているザ・ビーチ・ボーイズの『SMiLE』が、レコーディングから45年を経てついに発売になりました。

元々は彼らの代表作『Pet Sounds』の次にリリース予定でしたが、完璧主義のブライアン・ウィルソンがノイローゼになったことにより制作中止。

その後、他のメンバーが楽曲の一部を録音し直した『Smiley Smile』が制作されましたが、こちらは低い評価となりました。

そして2004年には、ブライアンが当時のコンセプトに沿って再レコーディングした『SMiLE』が発売になっていましたが、今回リリースされたのは当時のオリジナル・テイク。

もし完成していたらザ・ビートルズSgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』以上の評価を受け、ロックの歴史を塗り替えたかもと言われる本作だけに、ファンには待望のリリースでしょう。

さて内容の方ですが、ブライアンのソロ作『SMiLE』を完成形とするならば、今作はけっこう完成に近い状態まで制作が進んでいたような印象です。

ところどころ音数が足りない部分もありますが、十分に全体像を把握できる状態になっており、アルバムの流れもシッカリしています。

確かにこれが当時リリースされていたら、なかなか革新的なアルバムだったことだと予想されますね。

ブライアンのソロ・バージョンと比べると、音質の悪さが逆に良い雰囲気を醸し出しています。

まぁ完全にファン向けのアイテムであることは、間違いないでしょうが。

Sigur Rós『Inni』

2008年に無期限の活動休止に入ったシガー・ロスですが、その直前の2008/11/20~21に行われた、ロンドンのアレクサンドラ・パレス公演を収録した『Inni』が発売になりました。

ステージはメンバー4人だけの演奏で、楽曲もオリジナルに比べると重厚感が薄れた代わりに、よりライヴ感の強い演奏になっていますね。

収録曲も『Með Suð Í Eyrum Við Spilum Endalaust(残響)』ツアーでありながら、過去作からも万遍なくチョイスされており、代表曲はひと通り抑えたベスト的な内容です。

シガー・ロスといえばポストロックを代表するバンドのひとつですが、どうも環境音楽チックで、聴いていると眠くなるイメージがありましたが、今作のステージでの表現力の豊かさは圧巻といったところ。

その世界観にグイグイ引き込まれていくような感じです。

そしてラストは『()』からの「Popplagið」で締められた後、スタジオ録音の未発表曲「Lúppulagið」がオマケで収録。

ピアノのリフレインが流れる中、静かにアルバムは幕を閉じます。

また今作は、ヴィンセント・モリセット監督がドキュメンタリー映像も制作。

通常のライヴ映像ではなく、過去のテープからの映像も加えて、モノクロ・タッチで作られたひとつの作品といった感じで、彼らの世界観をうまく捉えているのではないでしょうか。

岡山国際サーキット体験走行会に行って来ました

オールカワサキ南大阪さん主催のツーリングで、岡山国際サーキット体験走行会に行って来ました。

ガレージの隅っこ日記 – 大雨の初心者体験走行会
http://blog.goo-net.com/allkawasaki-south/archive/1504

名前の通り、岡山県にある岡山国際サーキットをバイクで走れるというイベントで、試しにコースを走ってみようという初心者向けの内容です。

岡山国際サーキット体験走行会01
↑朝5時集合です

岡山国際サーキット体験走行会02
西宮名塩SAで休憩、やっと夜が明けてきました

移動中には、徐々に雨が降り出し、岡山国際サーキットに着く頃にはドシャ振りに…

岡山国際サーキット体験走行会03
↑岡山国際サーキットに到着

岡山国際サーキット体験走行会04
↑スターティング・グリッドです

岡山国際サーキット体験走行会05
↑ピット・ロード

岡山国際サーキット体験走行会06
↑時間が来るとピットからスタートします

コースは実際に走ってみると、ユックリ走っているつもりでもけっこうスピードが出ていたりするので、直線では120km/hぐらいでの走行。

ただ雨天の走行だったので、カーブを曲がる時にテールがアウト側に滑っていく感じで、かなり慎重にアクセルワークとブレーキングをしないと、スリップしそうになります。

岡山国際サーキット体験走行会07
↑お昼休み

コース上では実際にコケている人もいて、何回かイエローフラッグが振られましたが、オールカワサキ南大阪チームは無事に事故も無く終了できました。

岡山国際サーキット体験走行会08
↑帰りの白鳥PAで食事中

岡山国際サーキット体験走行会09
↑200kmほどの行程です

ちなみに今回のツーリングは、カーナビ「NV-U37」で走行記録を取っていましたので、ルートをPetaMapに公開してみました。

PetaMap – 【オールカワサキ南大阪ツーリング】岡山国際サーキット体験走行会
http://petamap.jp/route/route?md=view&rid=8a80d882336fd95701337472c4fc1a50

まぁ今回は初心者向けツーリングの割には、雨の影響もあってけっこう緊張感がありましたが、初めてのサーキット走行はなかなか興味深いものだったと思います。

ソニーストア