David Foster & Friends『Hit Man Returns』

デヴィッド・フォスターと、彼に縁のあるアーティストが集まり、2010年10月15日にラスベガスで行われたコンサートを収録したのが本作『Hit Man Returns』。

2008年にも同様の試みで『You’re The Inspiration(君こそすべて)』がリリースされていましたが、今作はその第2弾となります。

前作も豪華なアーティストが集まっていましたが、今作ではアース・ウインド&ファイアーマイケル・ボルトンナタリー・コールドナ・サマーシールNE-YOなど、新たな面子も登場。

前作同様、司会進行はデヴィッド・フォスター自身が勤め、各アーティストがデヴィッドの演奏をバックに、それぞれの持ち歌を披露していくという流れになっています。

珍しいところでは、デヴィッドがピアノで参加したゲイリー・ライトの1975年のヒット曲「Dream Weaver(夢織り人)」や、当時10歳の天才ソプラノ歌手ジャッキー・エヴァンコあたりでしょうか。

アース・ウインド&ファイアーはフル・メンバーではないですが、「In The Stone(石の刻印)」「September」「After The Love Has Gone」の3曲を披露した後、客席にいるモーリス・ホワイトが紹介され、久々に彼の元気な姿も観ることができます。

デヴィッドがプロデュースしたマイケル・ジャクソンのナンバー「Earth Song」では、NE-YO、シャリースロバート・ランドルフが共演。

NE-YO、シャリースの歌唱力も素晴らしいですが、ロバート・ランドルフの熱いスティール・ギター・ソロもなかなかの見どころです。

ラストは80年代にデヴィッドと共作したディスコ・クイーン、ドナ・サマー。

ここではその共作曲ではなく、「On The Radio」「Last Dance」と、どちらかといえばコンサートの流れを考えたチョイスになっているようですね。

まぁ作品としては、全体的にラスベガス的なセレブのエンターテインメントのノリなので、そこが鼻につくかもしれませんが、懐かしいヒット曲を楽しめるのは良いところでしょう。

Googleが電話への発信機能を追加

Googleが、格安で一般電話や携帯電話へ通話できる「Google Voice」を日本でも開始しました。

「Google Voice」はGmailのプラグインとしても提供されており、今まではPC同士でチャット、ビデオチャットができる「Google トーク」はありましたが、さらに電話番号の入力までできるようになったわけです。

ちなみに料金は「Google Checkout」で支払う仕組みで、日本国内の一般電話へは0.02ドル(約1.6円)/分、携帯電話は0.11ドル(約8.7円)/分。

ちなみにこの分野ではSkypeが圧倒的に有名ですが、こちらは一般電話が3.22円/分、携帯電話が17.50円/分なので、Googleの方がずいぶん安くなっています。

スカイプ社がマイクロソフトに買収されただけに、それに対抗した勝負価格という感じですね。

ちなみにSkypeの場合は、着信用の電話番号が持てるというメリット、携帯電話への発信時に非通知になってしまうというデメリットがありますが、そちらにも対応してもらえると嬉しいのですけどね。


アドビがアニメーション制作ツール「Edge」を公開

アドビHTML5/CSS3、JavaScriptを組み合わせたアニメーション制作ツール「Adobe Edge」のプレビュー版を公開しました。

アドビのアニメーション制作ツールといえば「Adobe Flash Professional」がお馴染みですが、iOSに対応していないこともあり、最近はHTML5やAjaxにシフトする動きが強まっていました。

ここにきて、アドビ自身もFlash以外の選択肢を用意してきたというところでしょうか。

またツールの公開と同時に、HTML5で作ったWebサイト「the expressive web」もベータ公開されています。

ということで、さっそく「Edge」を試してみましたが、操作感は「Flash Professional」に近い形になっているので、割と馴染みやすい感じですね。

ただ、できることはかなり限定されているので、今のところ簡単なアニメーションぐらいしか作成できないようです。

ちなみに、制作したものはこちら
http://www.studiopumpkinhead.com/edge/20110801.html

「the expressive web」みたいに影も付けたかったのですが、このツールでは用意されていないのですね。