Paul McCartney『McCartney II』

ウイングス解散間近に、ポール・マッカートニーが発表したソロ名義の2枚目のアルバム『McCartney II』が未発表音源、未発表映像などを加えて、SHM-CDリマスター盤として発売になりました。

この1980年にはウイングスが来日公演を行う予定でしたが、ポールが大麻不法所持で逮捕。

アルバム発売後には、ジョン・レノンがマーク・チャップマンに射殺されたり、デニー・レインの脱退でウイングスが解散と、ポールの活動の大きな節目にもあたる作品です。

各トラックの方は、1970年の『McCartney』と同じく、ほぼ1人で宅録形式で制作。

Disc1は、オリジナルを収録したものですが、当時流行っていたテクノを積極的に取り入れた実験的な作風が目立っています。

リマスターによって、くぐもっていた音の粒立ちがシャキシャキと聴こえるようになり、ビート感が強調されたように感じますね。

Disc2は、冒頭に未発表曲「Blue Sway」を収録。

あまりポールらしくない曲風ですが、なかなか完成度の高い作品になっており、今回のリリースに合わせてPVまで制作されています。

他にも、シングル「Coming Up」のB面としてリリースされていた同曲のグラスゴー公演からのライヴ音源、シングル「Waterfalls」のB面「Check My Machine」、シングル「Temporary Secretary」のB面「Secret Friend」、クリスマス・シーズンにはお馴染みのシングル「Wonderful Christmastime」などを収録。

スーパー・デラックス・エディションにはさらにDisc3が付属しており、主に収録曲のフル・レングス・バージョンが中心で、リリース時にカットされた部分まで聴くことができるようになっています。

オリジナルを何度も聴いている人は、その違いを楽しめるのではないでしょうか。

そしてスーパー・デラックス・エディションにはDVDも付属しており、アルバム発売後すぐに出演したTV番組のインタビュー映像、シングル3曲のPV、「Coming Up」の1979年のライヴ映像とリハーサル映像に、PVのメイキング、今回のプロモーション用として「Blue Sway」のPVなどが収録されています。

インタビューでは、プライベート用として制作したアルバムを発売することにした経緯などが語られています。

また『McCartney』と同じく、こちらも特設サイトから96kHz/24bitの音源をダウンロードするパスワードが封入されています。

今作『McCartney II』は、「Coming Up」というNo.1ヒットのある作品ではありますが、まぁそれでもウイングス時代と、この後の大物とのデュエット作が続く時代に挟まれた、ちょっと箸休め的な1枚。

ファンならどうぞといったパッケージですかね。

Paul McCartney『McCartney』

ビートルズ解散の1週間後にポール・マッカートニーがリリースした、最初のソロ・アルバム『McCartney』が、未発表音源、未発表映像などを加えて、SHM-CDリマスター盤として登場しました。

Disc1の本編は、ほとんどがポール1人の宅録でレコーディングされたもので素朴な作品でしたが、リマスター化されて音がクリアになった分、アルバム本来の良い味が出る作品になったのではないでしょうか。

ポール自身もお気に入りで、ライヴの定番曲ともなっている「Maybe I’m Amazed(恋することのもどかしさ)」は、やはりキラリと光る名曲ですね。

Disc2は、アウトテイクやライヴ音源などを収録。

「Suicide」は何度かレコーディングが試みられながらも、結局お蔵入りになった1曲で、ここではセッションの合間にポールがピアノ弾き語りで演奏したデモ音源が収録されています。

その後は、1974年にTV番組「ワン・ハンド・クラッピング」用に収録した「恋することのもどかしさ」、1979年のグラスゴーでのライヴ音源3曲が続き、「Don’t Cry Baby」「Women Kind」といった未発表曲で締められます。

「Don’t Cry Baby」は、タイトルこそ違いますが、明らかに「Oo You」の前身となった楽曲。

「Women Kind」はピアノを弾きながら、ポールが声質を変えたり、楽器のマネをしてみたりと、遊び心いっぱいの1曲となっています。

スーパー・デラックス・エディションに付属のDVDには、当時のホーム・ビデオの映像満載で、ポールが家族とスコットランドで休暇を過ごしている様子をバックに、アルバムの制作について語る内容からスタート。

他にも、「ワン・ハンド・クラッピング」用の「Suicide」、1979年のカンボジア難民救済コンサート、1991年の「MTVアンプラグド」からの映像なども収録されています。

「ワン・ハンド・クラッピング」の映像は、『Band On The Run』のリマスターにも収録されていましたが、どうせなら完全版としてリリースしてくれたら良いのですけどね。

それとスーパー・デラックス・エディションには、さらに特設サイトから96kHz/24bitの音源をダウンロードするパスワードも封入されています。

まぁ『McCartney』といえば、数あるポールのソロ作の中でもかなり地味な方なので、完全にファン・アイテムでしょうし、価格もそれなりに高いので、興味のある人はどうぞという感じですかね。

Final Cut Pro Xが発売開始

アップルが事前の告知通り、「Final Cut Pro X」「Motion 5」「Compressor 4」をMac App Storeで販売開始しました。

価格はそれぞれ、

「Final Cut Pro X」35,000円
「Motion 5」5,800円
「Compressor 4」5,800円

となっており、前バージョンの「Final Cut Studio」が108,800円したことを考えると、大幅な値下げになっています。

今バージョンでは、待望の64bit化した他、機能も大幅に変更されています。

ユーザーインターフェイスもiMovieに近い形となり、どちらかというと今までの玄人向けから、中級ユーザや小規模のチームが使うのに適したソフトに変わった感じでしょうか。

ちなみに、前バージョンのFinal Cut Pro 7をアプリケーション・フォルダに置いたまま、Mac App Storeで購入ボタンを押すと、サックリ置き換えられてしまうので、両バージョンを併用したい人は気をつけましょう。

2011/06/29 追記
前バージョンはアプリケーション・フォルダの中で、「Final Cut Studio」のフォルダ名でまとめられていました。

それと、Final Cut Studioのパッケージに内包されていた膨大なテンプレートは無くなりましたが、一部はインストール後にソフトウェア・アップデートで提供されていますので、購入した人はこちらも忘れずにインストールしておきましょう。

そういえばアップルのサイトでは、廉価版「Final Cut Express」や、大規模チーム向け「Final Cut Server」も掲載が終了していますが、これからはこれ1本で押していくってことなのでしょうか。

ニンテンドー3DSで「いつの間にテレビ」開始

ニンテンドー3DSの「ニンテンドーeショップ」で、「いつの間にテレビ」が配信開始になりました。

名前の通り、「いつの間に通信」で3D動画が自動配信され、当初は日本テレビフジテレビが制作した映像を毎日楽しむことができるようになっています。

ということで、さっそくダウンロードして試してみました。

映像は1本につき2~3分程度の長さになっており、内容は良く言えば老若男女楽しめるもの、悪く言えば無味無臭の無難なコンテンツといったところでしょうか。

まぁ「Wiiの間」の無料番組みたいな感じですね。

それよりも気になったのが、各番組には必ず30秒程度のCMが挿入され、やたらと企業の宣伝色が強くなっていること。

初回の視聴では、動画の早送りはできないようになっているので、同じCMを強制的に何度も観せられます。

もちろん無料の動画なので、スポンサーに配慮するのもわかりますが、どうも任天堂というのはこの辺のバランスがヘタですね。

見ている側からすると、わざわざCMを観せられるためにアクセスさせられているような感覚になってしまいます。

とりあえずは、まだ始まったばかりなので、これからに期待というところでしょうか。

日本通信が月額980円のSIMカードを発売

日本通信イオンリテールと提携して、6/10よりイオン限定で月額980円のSIMカードを販売するようです。

イオンと日本通信が協業してできたイオン限定サービス
メール・SNS向きのデータ通信を国内初の「月額定額980円」で展開!
http://www.j-com.co.jp/news/release/1111.html

これで安価にNTTドコモのネットワークが使えるようになりますが、その代わり通信速度は100kbpsに制限。

他にも400kbpsで月額2,980円、7.2Mbpsで月額4,980円のプランもあり、こちらも今までのb-mobile SIMよりちょっとお得になっています。

モバイルルーターでiPadやネットブックなどと併用したい人、とりあえず安く済ませたい人にはちょうど良い商品かもしれませんね。

ちなみに、現在「b-mobileSIM U300」を使用しているのですが、300kbpsは体感的にけっこうモタつく感じです。

100kbpsはかなり遅いと思いますので、試せるなら一度試してから購入した方が良いかも。

ゲームの見本市E3 2011が開幕

ロサンゼルスでゲームの見本市、Electronic Entertainment Expo(E3) 2011が開幕しました。

開幕に先立って、マイクロソフトソニー任天堂の順番でプレスカンファレンスが行われましたが、やはり注目は次世代ゲーム機でしょう。

マイクロソフトは新ハードの発表はなく、既存のXbox 360用センサー「Kinect」向けタイトルの拡充や、Bingと組み合わせた音声検索などに注力。

ソニーは、「Next Generation Portable(NGP)」と呼ばれていた携帯ゲーム機の正式名称を「PlayStation Vita」に決定し、2011年末にWi-fiモデルが2万4,980円、3Gモデルが2万9,980円で発売することを発表しました。

日本では3Gモデルがどうなるのかまだわかりませんが、予想外に安価で発売されるようで、なかなか興味深いところですね。

他にもPlayStation 3向けには、PlayStation Move3D対応タイトルがプッシュされており、3Dゲームに向けては24型フルHD液晶「3Dディスプレイ」を今秋に499.99ドル(約40,000円)で発売するとのこと。

テレビチューナーは内蔵されていないようなので、PS3、torneなどと組み合わせて、いちおうテレビ+Blu-rayプレーヤー代わりにも使えるという感じですね。

そして注目の任天堂は、Wiiの後継機「Wii U」を2012年に発売することを発表。

タッチスクリーン画面付きのコントローラが特徴になっており、ニンテンドー3DSと連携した「スマッシュブラザーズ」なども予定されているようです。

そういえば、昔ゲームキューブ+ゲームボーイアドバンスで連携というパターンもありましたが、今回はうまくいくのでしょうか。

ちなみにWii U向けタイトルとしては、ややコアゲーマーを意識したものが多く、ライトゲーマー向けのWiiからユーザ層を拡大する方針の模様。

まぁとりあえずは、まだまだ情報も少ないので、これからの追加情報に注目ですね。

ソニーストア

ニンテンドーeショップがオープン

ニンテンドー3DSの本体更新によって、「ニンテンドーeショップ」「インターネットブラウザー」「ニンテンドー3DSへの引っ越し」機能が追加されました。

「ニンテンドーeショップ」では、ダウンロードでソフトが購入できる他、プロモーション用の動画が3Dで視聴できるようになっています。

販売されるソフトは新作だけではなく、バーチャルコンソールゲームボーイ時代のゲームも遊べるようになっています。

ちなみに、7/31までは「3Dクラシックス エキサイトバイク」が無料でダウンロードできるようになっており、6/17には「ポケモン立体図鑑BW」も無料提供される模様。

プロモーション動画の方は、3DS専用で「ゲームセンターCX 有野の挑戦」なども配信されています。

「インターネットブラウザー」は、ニンテンドーDSiの「ニンテンドーDSiブラウザー」と比べるとずいぶん高速化され、実用的にはなりましたが、どうも操作性にクセがあり、一応ネットサーフィンができるぐらいに考えておく方が良いかも。

「ニンテンドー3DSへの引っ越し」は、DSiウェアのソフトを引っ越すことができるというものですが、注意しないといけないのはセーブデータを引っ越すことができないことでしょうか。

引っ越すためには、ニンテンドーDSi側の本体を更新して、ニンテンドーDSiショップから「ニンテンドー3DSへの引っ越し」をダウンロードすることで行うことができます。

できれば、ニンテンドーDSiポイントの残高も移動させてもらえると嬉しかったのですけどね。

それにしても「ニンテンドーeショップ」のイチオシが、「エキサイトバイク」「ゼビウス」っていうのは、完全に30代以上のファミコン世代をターゲットにしてますよね。