Yahoo!からのアクセスが増加中

アクセス解析を見ると、最近Yahoo!JAPANからのアクセスが増えてきていたので、調べてみると内部の検索エンジンがすでにGoogle化していたようです。

ちなみにこのサイト、元々は「Google」70%、「その他」25%、「Yahoo!」5%ぐらいの割合でアクセスがあったのですが、ここ1週間ほどは「Google」60%、「その他」25%、「Yahoo!」15%になっています。

ちなみに、Google化されているのはWebブラウザ単位ということだったので、手持ちのWebブラウザで一通り検索結果を試してみると、

[Windows]
Internet Explorer 9 Beta … Google
Internet Explorer 8 … Google
Internet Explorer 7 … Google
Internet Explorer 6 … Google
Internet Explorer 5.5 … Google
Firefox 4 Beta … Google
Opera 11 Beta … Google
Safari 5 … Google
Google Chrome 9 Dev … Google

[Mac]
Safari 5 … Yahoo! Search Technology(YST)
Firefox 4 Beta … Google
Opera 11 Beta … Google
Google Chrome 9 Dev … Google

[iPhone]
Safari … Google

[iPad]
Safari … Google

[Android]
標準ブラウザ … Google

[Windows Phone 6.5]
Internet Explorer Mobile … Google
Opera Mobile 10 … Google

まぁインストールしてあるのは、ほとんどベータ版だったりするのですが(笑)、Mac版Safari以外はほぼGoogleの検索結果に近い形になっていました。

それにしても、Mac版Safariだけ、なぜ?

2010/11/29 追記
Mac阪SafariでもGoogleの検索エンジンに入れ替わったようです


My Chemical Romance『Danger Days: The True Lives Of The Fabulous Killjoys』

マイケミことマイ・ケミカル・ロマンスが、2006年の『The Black Parade』以来となる4作目『Danger Days: The True Lives Of The Fabulous Killjoys』をリリースしました。

前作では、死をテーマに美しい世界観を作り上げていた彼らですが、今作では2019年のカリフォルニアを舞台に、「Fabulous Killjoys」と呼ばれる4人の無法者と、悪の企業「Better Living Industries」との戦いを描いたストーリー。

曲調も前作とはガラっと変わって、明るいパーティー・ロック的なものが中心になっており、効果音として入れられているシンセ・サウンドも目立つようになりました。

今作からは、アルバムのリリース前に3曲シングル・カットされているので、すでに耳にした人も多いかもしれませんが、ファースト・シングル「Na Na Na (Na Na Na Na Na Na Na Na Na)」を聴くと、あまりの変化にちょっと驚かされますね。

今までのサウンドを期待している人は、肩透かしを食らうかもしれませんが、ただアルバム全体で聴くと、これはこれでうまくまとめられている感じです。

それと今回もPVはかなり凝ってあり、「Na Na Na」「SING」とストーリーが続いているので、この続きがどうなるのか気になるところ。

まぁ今作では若干、彼ららしさが失われた感もありますが、アメコミ風のこのノリも悪くないのではないでしょうか。

iOS 4.2がリリース

アップルが、iPhone/iPod touch/iPad用のOS「iOS 4.2」をリリースしました。

iOS 4.2では新機能として、「AirPlay」「AirPrint」が追加された他、無料で「iPhoneを探す」機能が使えるようになっています。

また、iPadだけ遅れていたOSのバージョンは統一され、iOS 4系統で追加されていた「マルチタスク」「フォルダ機能」「Game Center」なども利用可能になり、さらに待望の日本語配列のキーボードにも対応しました。

新機能を見ていくと、「AirPlay」はiPhoneなどで音楽/映像を再生中に、出力先として「Apple TV」が選べるようになっています。

また、AirPlayの機能は他社にもライセンス提供されるので、今後AirPlay対応スピーカーというのも登場することが予想されます。

「AirPrint」は、写真や書類を無線LAN対応プリンタに送ることができる機能ですが、現在のところ対応しているのはヒューレット・パッカード(HP)のプリンタのみ。

これは各メーカーの対応を待つ必要がありますが、日本の家庭用プリンタではやはりキャノンエプソンが多いので、今のところあまり恩恵を受ける人は少ないかも。

「iPhoneを探す」は、紛失時にPCから端末の位置を確認できる機能ですが、これに対応しているのは「iPhone 4」「iPod touch(第4世代)」「iPad」と機種が限定されています。

…のはずですが、試してみたところ、「iPad」で無料のApple IDを認証した後に解除。

その後、「iPhone 3GS」で同アカウントにログインしてみると、あら不思議、起動することができました。

これって、アップルのうっかりミスなんでしょうか?

それと、iOSのアップデートと共に「Apple TV」のシステムや、開発者用ツール「Xcode」なども同時にアップデートされています。

まぁiPadユーザにとって、今回のアップデートを心待ちにしていた人も多かったのではないでしょうか。

スマートフォンの料金比較(2010年版)

約1年前にスマートフォンの料金比較の記事を書いたところ、今でもそれなりにアクセスしてもらっているようなのですが、現在の料金体系と比べるとずいぶん変更になった部分が多いので、最新の状況に合わせて書き直すことにしました。

条件は以前の記事と同じく、2年契約を前提に、通話可能、通信はガンガン使うということで算出。

端末代は考慮していませんので、ご注意を。

2011/11/25 追記
現在の料金体系で新しく比較した記事があるので、こちらのページをご参考にください。
http://blog.studiopumpkinhead.com/archives/2146

[NTTドコモ]

タイプSS バリュー 980円
パケ・ホーダイ ダブル 390~5,985円
spモード 315円
※無料通話 1,050円

合計 1,685~7,280円

mopera U」の代わりに、スマートフォン用のプロバイダ・サービス「spモード」が用意されたことで、昨年より210円/月ほど安くなりました。

BlackBerry」も引き続き新機種が投入されていますが、こちらは料金体系は据え置きで、「spモード」の代わりに「ブラックベリーインターネットサービス」1,575円が必要になります。

[au]

プランF (IS) シンプル 780円
ISフラット 5,460円
IS NET 315円
※無料通話なし

合計 6,555円

auではスマートフォン向けのプランとして、通信料の上限が割引となる「ISフラット」が発表され、プロバイダ・サービス「au.NET」の代わりに「IS NET」が提供されるようになりました。

従量課金制を選びたい人は「プランEシンプル」780円、「ダブル定額スーパーライト」390~5,985円を選択する方法もあります。

[ソフトバンク]

ホワイトプラン 980円
パケットし放題S 390~5,985円
S!ベーシックパック 315円
※無料通話 なし

合計 1,685~7,280円

ソフトバンクも「パケットし放題S」が登場して、NTTドコモに近い料金体系になっています。

ただパケット通信を上限まで使うとするなら、月月割のことも考えて、2011年4月30日まで期間限定キャンペーンとなっている「パケットし放題MAX」3,985~5,985円を選ぶ方が賢明でしょう。

ちなみに「iPhone」だけは相変わらず別枠の料金体系で、通信料の上限が4,410円と優遇措置が取られています。

[イー・モバイル]

ケータイプラン 1,000~4,980円
EMnet 315円
※無料通話 なし

合計 1,315~5,295円

相変わらずイー・モバイルの料金体系はわかりにくいのですが、基本的には昨年から変わっていません。

ただ、月額料金が上がる代わりに端末代が安くなる「アシスト月額料」が導入されたので、現実的には「アシスト1600」2,600円~6,580円あたりを選択する感じでしょうかね。

[ウィルコム]

新ウィルコム定額プランGS 1,450円
通信料(PHS) 0円
通信料(3G回線) 0~5,250円
※無料通話 なし

合計 1,450~6,700円

ウィルコムでスマートフォンを選ぶとしたら、「HYBRID W-ZERO3」ぐらいかということで、上記は専用プランになっています。

速度は遅いですが、PHSでの通信に限定してしまえば、他社より圧倒的に安くなりますね。

HYBRID W-ZERO3

[日本通信]

月額基本料 6,260円
※無料通話 1,050円

合計 6,260円

最近、メキメキと知名度を上げてきた日本通信ですが、上記は「iPhone 4」用の専用プラン「talking b-microSIM プラチナサービス」になっています。

一瞬、SIMロックフリーの「iPhone 4」を安く利用できそうですが、実際はここに端末代の分割料金が割引なしでプラスされるので、78,000円を1~3年で分割した料金が乗っかってきます。

別ルートでSIMロックフリーの「iPhone 4」が手に入るなら、通話不可でSIMカードだけの契約「b-microSIM U300」2,483~2,980円を選ぶ選択肢もあります。

ということで、1年前よりは少しランニングコストも下がって、Android携帯のラインナップも揃ってきたので、スマートフォンも導入しやすくなったかもしれませんね。

まぁ個人的には、「Android」「Windows Phone」よりも「iPhone」の方が使いやすいので、キャリアの選択肢は狭くなりますが、無難に選ぶことをオススメしますが。

Apple TVを試してみた

先日、Apple Storeから「Apple TV」が届いたのですが、「Apple HDMI to HDMI Cable」を注文し忘れて、HDMIケーブル待ちという状態になっていましたが、出荷予定が1-2週になっていた割には、意外と早く2日で到着しました。

ということで、早速テレビにつないで試してみたので、その感想でも。

まず、新しいApple TVではHDDが無くなったので、本体でできることはインターネットに接続するか、Mac/Windowsで起動しているiTunesに接続するかということになります。

インターネットで接続できるのは、iTunes Storeの映画/Podcastコーナー、インターネット・ラジオ、YouTubeFlickrMobileMe

再生は全てストリーミングで行われますが、特に遅延などもなく、けっこうサクサク再生してくれます。

しかし、ここで問題なのは、YouTuneなどでキーワード検索したい時に、付属のリモコン「Apple Remote」では日本語入力ができないこと。

iPhoneアプリの「Remote」を使うことで、日本語の文字入力もできるようになりますが、まぁ微妙な対応かなぁ。

PCに接続する場合は、Mac/WindowsでiTunesを起動した状態でホームシェアリングを許可しておけば、ライブラリに入っている曲やビデオが再生できるようになります。

残念ながら、iTunes LPのようなインタラクティヴ・コンテンツは再生できませんが、噂によれば今後のアップデートで対応するかもとのこと。

ちょっと楽しみですね。

それとせっかくなので、Apple TVのムービーから映画もレンタルしてみました。

HD映画で解像度1280×720ピクセルと、フルハイビジョンには対応していませんが、特に粗さは気になりませんでした。

YouTuneの再生時は、さすがにシャープさが欠けたモヤモヤした映像でしたが。

まぁまだラインナップが少なく、観たいコンテンツがすぐに尽きてしまうので、とりあえずは今後に期待というところですかね。

ちなみに、映画のオンデマンド配信自体は他にサービス提供している会社もあり、「アクトビラ」「U-NEXT」「ひかりTV」「auひかり ビデオ・チャンネル」「ShowTime」「GyaO!ストア」「ぽすれんBB」「TSUTAYA TV」「Wiiの間ホームシアター」「Playstation Store」「Zune ビデオ」など色々ありますので、自分に合った環境で選ぶ方が良いかも。

こういったサービスが普及していくと、ひょっとすると今後、音楽がCDからダウンロードに変わったように、映画もDVD/Blu-rayからダウンロードに変わるかもしれませんね。

ビートルズがiTunesにやって来た。

アップルが忘れられない一日とアナウンスしていた正体は、iTunes Storeでビートルズの楽曲を販売することだったようです。

iTunesでビートルズを。
http://www.apple.com/jp/the-beatles/

まぁアップルという社名も、ビートルズが1968年に設立したアップル・レコードから取られたものだけに、スティーヴ・ジョブズにとっては念願が叶ったというところなのでしょう。

ビートルズの楽曲は長年、アップルとの確執や、音楽配信分野への懐疑的な見方から、ダウンロード販売されませんでしたが、今回は意外にもDRMフリーのiTunes Plusでの配信となったようですね。

ビートルズ・ファンにしてみると、2009年のデジタルリマスター盤をすでにゲットした人も多いでしょうし、今回の追加要素といえばThe Beatles Box Setに付いてくる「Live At the Washington Coliseum, 1964」ぐらい。

なかなか悩ましいところですねぇ。

ちなみに、moraAmazon MP3では販売していないところをみると、今のところiTunes Storeだけでの独占販売となっているようですね。

Apple TVが届いた

先日、アップルiTunes Storeでの映画ダウンロード販売/レンタルが開始されましたが、それと同時に日本でも発売開始となったのが「Apple TV」。

ということで、注文していたApple TVがやっと届きました。

Apple TV
↑いつも通りパッケージもオシャレです

24時間以内に発送と書いてあった割には、到着まで4日ぐらいかかったので、注文が殺到しているのでしょうか。

さっそくテレビにつないで試してみようと思い、接続しようとすると、何とHDMIケーブルは別売りとのこと。

で、近所のアップル製品取扱店に行ってみたのですが、「Apple HDMI to HDMI Cable」は在庫なし。

オンラインのApple Storeを見てみると、1-2週待ちの状態。

今度は、HDMIケーブル待ちですかぁ…

HDMIケーブルぐらい付属してほしかったなぁ。