U2『360゚ At The Rose Bowl』

U2が『No Line On The Horizon』のリリースに合わせて行った360゚ツアーから、2009年10月25日のカリフォルニア州パサデナ、ローズ・ボウル・スタジアム公演が『360゚ At The Rose Bowl』としてリリースされました。

ちなみにこの公演は、当時YouTubeで生放送されたことでも話題になっていました。

今回のツアーのウリは360゚と名が付くぐらいなので、ステージの全方向に観客が入れるようになっており、U2のメンバーが中央で演奏する形になっています。

たまにカメラが引いた映像になった時に、会場がかなり広いことに気付かされます。

選曲的には、やはりアルバムのツアーということで『No Line On The Horizon』からの楽曲が多めですが、ライヴではお馴染みのナンバーも一通り配している感じでしょうか。

ちょっと珍しいところでは、「Sunday Bloody Sunday」に続いて、『The Unforgettable Fire(焔)』から「MLK(MLK~マーティン・ルーサー・キング牧師に捧ぐ)」が演奏されており、初期のメッセージ性の強いナンバーが今のイラン、ミャンマーなどの状況に重ね合わされています。

それとアンコールでの、天井から吊り下げられたハンドル型のマイクや、ド派手なライティングの演出はなかなか目を見張るカッコ良さ。

後は、まぁいつも通りクオリティの高いコンサートではあるのですが、毎回ツアーごとにDVDをリリースしているU2だけに、ちょっとマンネリ感はあるかもしれませんね。

また初回生産限定のデラックス・エディションでは、ツアーのドキュメンタリー、本編でカットされたオープニング・ナンバー「Breathe」、別の会場の紹介映像、「Get On Your Boots」「Magnificent」のPVとメイキング、「I’ll Go Crazy If I Don’t Go Crazy Tonight」のPVとバルセロナ公演の映像が収録されています。

ちなみに現在も360゚ツアーは続いており、次のアルバム『Songs Of Ascent』についてもレコーディングが完了しているとのことなので、こちらも楽しみなところです。

Canon EOS Kiss X4購入

キャノンが「運動会のプロになる!撮影応援キャンペーン」をやっていたのを機に、デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X4」を購入しました。

キャンペーン中に購入すると、
・運動会かんたん撮影テクニックDVD & BOOK
キヤノンフォトサークル ウェブ「1年間無料ご招待」
・キャノンオリジナルフォトバッグIII
が付属する他、最大1万円キャッシュバックも付いてくるので、なかなかお得なキャンペーンです。

ちなみに一番人気の「ダブルズームキット」だと、現在のネットでの市場価格は75,000円ほど。

キャッシュバックがあると、実質65,000円程度なので、けっこうお手軽価格ではないでしょうか。

Canon EOS Kiss X4 01
↑左が商品本体、右がキャンペーンで付属してくるパッケージ

Canon EOS Kiss X4 02
↑EOS Kiss X4 ダブルズームキット

Canon EOS Kiss X4 03
↑キャンペーンでもらえるグッズ

一眼レフを触るのは初めてなので、ファインダーを覗き込んで撮影したりとか、ナチュラルなシャッター音がするのがちょっと新鮮かも。

付属のフォトバッグも手頃なサイズなので、機会があれば持ち歩いていろいろ撮ってみたいと思います。

Sting『Symphonicities』

スティングが、ザ・ポリス時代やソロ時代の楽曲を、オーケストラをバックにリメイクした作品『Symphonicities』が発売になりました。

選曲的にはマニアックな曲も多く、スティング自身が気に入っている曲を選んだような感じでしょうか。

参加している楽団は、4曲(ボーナス・トラックを含めると7曲)でザ・ロイヤル・フィルハーモニック・コンサート・オーケストラ、3曲でザ・ロンドン・プレイヤーズ、5曲でザ・ニュー・ヨーク・チェンバー・コンソート。

初回限定盤に付いてくるDVDでは、オーケストラとのレコーディング風景を観ることもできるようになっています。

作品の方は、ザ・ポリスのデビュー・アルバム『Outlandos d’Amour』に収録されていた「Next to You」から始まりますが、このパンク・ナンバーが意外とオーケストラとマッチしているのが面白いですね。

スティングの不協和音的なメロディラインが、オーケストラのハーモニーと交わって、ちょっと異質な印象を与えてくれます。

同アルバムからは、お馴染みの「Roxanne」も選曲されていますが、こちらはまぁ無難にまとめたという感じでしょう。

続く『…Nothing Like the Sun』からの「Englishman in New York」、『Ghost in the Machine』からの「Every Little Thing She Does Is Magic(マジック)」も、ステージで頻繁に演奏される曲だけに、うまくリアレンジされています。

ただ、それ以降の楽曲がちょっと順当過ぎて、イマイチ面白味に欠けるかも。

まぁユッタリ聴けるので、サラッとBGM的に聴くには良いかもしれませんが。

Iron Maiden『The Final Frontier』

デビュー30周年を迎えたヘヴィ・メタル界の大御所バンド、アイアン・メイデンが15作目となる『The Final Frontier』をリリースしました。

パッケージとしては通常版の他、メタル缶入りの初回生産限定盤iTunes LP版でも発売されています。

ここのところ、アイアン・メイデンの作品といえば、少し大作志向寄りの傾向がありますが、今作もその流れに沿った感じでしょうか。

長いイントロ部分「Satellite 15…」の後に始まるのが、1曲目「The Final Frontier」。

なかなか軽快でポップな曲で、今作からのプッシュ曲となっており、そのままのノリで2曲目「El Dorado」へとなだれ込んでいきます。

アルバムの前半部分は、そんな感じでサクっと聴けますが、後半部分はやや冗長的なところが目立ってきます。

別に曲が長いのは悪いことではないのですが、ちょっと無駄に感じてしまう部分もあるので、そこが残念なところでしょうか。

まぁ全体的には、アップ・ビートの曲が多いので、割と聴きやすい作品にはなっていますね。


Iron Maiden – The Final Frontier Director's Cut

Internet Explorer 9のベータ版が9/15にリリース

マイクロソフトが、9/15にサンフランシスコでInternet Explorer 9のベータ版発表イベントを行うそうです。

Announcing the Beauty of the Web event for IE9 Beta Launch
http://windowsteamblog.com/ie/b/ie/archive/2010/08/12/announcing-the-beauty-of-the-web-event-for-ie9-beta-launch.aspx

IE9での新機能といえば、JavaScriptの高速化、HTML5とCSS3への対応ということで、今回のバージョンで他ブラウザに比べて遅れていた部分をかなりサポートする形になります。

ちなみに現在のシェアは、「IE6」が16.97%、「IE7」が11.43%、「IE8」が26.87%。

Browser market share
http://marketshare.hitslink.com/browser-market-share.aspx?qprid=2

バージョンを重ねるごとに、W3Cが提唱するWeb標準の仕様に近付いてきてはいますが、未だIE6も根強く残っている状態です。

Webデザインを行う上で、IE6、IE7というのはかなり独自仕様が多く、対応するのに手間がかかる存在なので、これを機会にIE9への移行が進むと嬉しいところなんですけどねぇ。

GREEの会員数がmixiを逆転

GREEの会員数が2010年7月末時点で2,125万人となり、mixiを抜いて国内最大のSNSに返り咲いたようです。

グリー株式会社 2010年6月期 決算説明会資料(PDF)
http://eir.eol.co.jp/EIR/View.aspx?cat=tdnet&sid=824712

ちなみに同日付で、mixiは2,102万人、モバゲータウンは2,048万人と、かなり切迫していますが、僅差でトップに躍り出たようです。

株式会社ミクシィ 2010年度第1四半期決算説明資料(PDF)
http://eir.eol.co.jp/EIR/View.aspx?template=ir_material&sid=6512&code=2121

株式会社ディー・エヌ・エー 月次推移のご報告(平成22年7月度)(PDF)
http://www.c-direct.ne.jp/public/japanese/uj/pdf/10110213/20100805188171.pdf

GREEといえば、2004年までは国内で最大のSNSでしたが、その後mixiに抜かれ、モバゲータウンに抜かれ、長い低迷期を迎えた後に、「踊り子クリノッペ」「釣り★スタ」などの携帯ゲームで人気を集めて、再復興を遂げた形となります。

一時は、mixi天下は揺らがないと思われた時期もありましたが、インターネットの世界はまだまだわからないものです。

Evernoteがデータ消失?

Evernote」が、システム・トラブルで約7,000人のデータを消失したとのニュースが出ています。

公式な発表はまだ出ていませんが、毎日jpの情報によると、7/1〜7/4に作成されたデータが保存されていない可能性があるとのこと。

最近では「Dropbox」と並んで、人気クラウド・サービスとなっていただけに、これはちょっと痛いなぁ。

一度利用すると便利なので、テキストでも画像でも、何でもオンライン上に保存するクセができてくるのですが、その信頼性が疑われるようになったりすると残念なところですね。

まぁ、消えたデータはどう逆立ちしても戻ってこないので、どうしようもないのですが…

2010/08/10 追記
Evernoteの公式ブログで、この件についてのコメントが発表されました。

Evernote’s July 1st Server Problem
http://blog.evernote.com/2010/08/09/july1/

トラブルの影響を受けたのは6,323人で、そのうち大部分のデータは復旧できたが、全ユーザのうち0.2%のユーザは回復に失敗。

データを消失したユーザには、1年間のプレミアム会員(45ドル)を無償でプレゼントしたとのこと。

トラブルの影響を受けた人には連絡済みで、公表しなかったのは無関係の人から連絡が殺到して、対象者への対応が遅れないようにしたかったということです。

今回、間違った情報がWeb上に流れ始めたので、この記事を発表するようにしたとのこと。

う~む、被害を受けたユーザへの対応としては間違っていないのでしょうが、情報をリークされるまで公表しなかったというところはちょっと微妙かなぁ。

今後、ユーザの反応が気になるところです。