シマンテックがベリサインを買収

ノートン先生でお馴染みのシマンテック社が、ベリサイン社からSSLサーバ証明書を発行する事業を買収するようです。

ちなみに個人情報などを取り扱っているWebサイトで、VeriSignマークを見かけることも多いですが、こちらもSymantecマークに切り替える模様。

現在のシェアは、1位がGeoTrust、2位がComodo、3位がVeriSignとなっており、ジオトラスト社はベリサインの子会社なので、まぁ一個売ってしまっても良いかという感じでしょうか。

一昔前のVeriSignといえば、認知度もシェアも費用もNo.1というイメージがありましたが、いつの間にやら価格の高さから敬遠されることが多くなっていたのですね。

それにしても、WebサイトでVeriSignのロゴマークを見て安心という部分もあったので、そのブランド力を無くすのはもったいないようにも感じますが…

シマンテックストア

Twitter for iPhone

Twitter社が、公式iPhoneアプリTwitter for iPhone」をリリースしました。

ちなみに元は「Tweetie」というサードパーティ製のアプリでしたが、開発会社ごと買収してそのまま公式アプリになった形です。

まぁすでにiPhone向けTwitterクライアントは群雄割拠の状態ですが、公式だけに今後はある程度これに収束していくかもしれませんね。

ちなみに以前は「Tweetie」を利用していたのですが、今はiPhoneとMacで連動できる「Echofon」が便利なのでこちらを利用中。

TweetDeck」はWindowsとも連携できるのですが、インターフェイスがイマイチなのが惜しいところ。

公式アプリでも、こういったプラットフォーム間の連動機能を付けてくれると嬉しいのですけどねぇ。

JALが携帯参入

日本航空(JAL)が、MVNOを利用して携帯電話事業に参入するようです。

サービス名は「JALマイルフォン」で、auの回線を利用しての提供となっており、購入はWebサイトからのみの受付となっています。

音声通話も含めたMVNOでの参入は、すでにディズニー・モバイルECナビケータイ楽天モバイルVertuJ:COM MOBILEベネッセモバイル他など、多数参入しています。

まぁ、これらの会社が提供している機種を持った人は未だに見たことがないのですが、やっぱり回線の維持コストがかからない分だけ参入しやすいということなのでしょうかねぇ。

頻繁に飛行機に乗る人は検討してみても良いかも知れないですね。

携帯電話の夏モデルが出揃い

NTTドコモソフトバンクが携帯の夏モデルを発表しました。

NTTドコモは、Android携帯LYNX SH-10B」、Windows phonedynapocket T-01B」、「BlackBerry Bold 9700」などスマートフォンが目玉機種。

ソフトバンクは、ガンプラケータイ「945SH G Ver.GP30th」といった飛び道具もありますが、まぁこれといった機種がなく、サービス面でTwitterとの連動や、ソフトバンクWi-Fiスポットの拡大といったところが注目ポイントでしょうか。

ちなみにauは、前日に新機種発表をしており、こちらは防水仕様を前面に押していました。

さて、まず「LYNX SH-10B」ですが、こちらはシャープ製Android携帯ということで、au「IS01」のNTTドコモ版といった感じになっています。

まぁ初の国産Android端末だけに、シャープもずいぶんプッシュしているようで、先日は開発用端末「JN-DK01」として、3G通信機能のない機種をシャープ自身も販売開始しています。

ちなみに「JN-DK01」の販売価格は、94,800円。
う~む、ちょっと高い。

ソフトバンクのWi-Fiスポットは、6/1からスターバックスで開始される他、シダックスサブウェイ白木屋ミニストップサガミなどでも今後の導入が予定されているので、どれぐらい展開できるかというところでしょうか。

とりあえず各社とも、夏機種はサラッと流した感じなのですかね。

Mary J Blige『Stronger with Each Tear』

デビュー以来、コンスタントに作品をリリースしているメアリー・J・ブライジですが、9作目『Stronger with Each Tear』から約半数の楽曲を新録バージョンに入れ替え、ボーナス・トラックを追加したインターナショナル版がリリースされました。

まぁオリジナルのU.S.版を買った人は、ちょっとイラッとするところでしょうが、今作では従来のトラックをゲストとのデュエット・バージョンに入れ替えたり、レッド・ツェッペリンのカバー2曲を追加したりと、けっこう魅力的な内容になっていたりします。

今バージョンからのファースト・シングルは「Each Tear」。

ボーナス・トラックを含めて2バージョン収録されており、それぞれジェイ・ショーンケイナーンとコラボしたバージョンに入れ替えられた形となります。

オケ部分やメアリーのヴォーカルはオリジナルと同じですが、デュエットという形式を取ることにより、楽曲に新たな魅力が出ていますね。

躍動感ある曲に、さらに勢いが増したような感じです。

レッド・ツェッペリンのカバー曲として、「Whole Lotta Love(胸いっぱいの愛を)」「Stairway to Heaven(天国への階段)」も取り上げられています。

「胸いっぱいの愛を」でのギター・ソロは、マイケル・ジャクソンTHIS IS ITicon』で一躍有名になったオリアンティ

「天国への階段」では、そのオリアンティがリード・ギターを担当した他、サイド・ギターにスティーヴ・ヴァイ、ベースにランディ・ジャクソン、ドラムにブリンク182のトラヴィス・バーカー、プロデュースとピアノ/ハーモニカはロン・フェアが担当と、けっこうスーパー・バンドになっていますね。

ロバート・プラントに引けを取らないぐらい、メアリーも力強い歌声を聴かせてくれるので、もちろん本作の一番の聴きどころとなっています。

U.S.版にしか収録されていない楽曲というのもありますが、まぁこれから本作を購入する場合は、こちらのインターナショナル版の方が良いのではないでしょうか。

Skypeの月額プランが値下げ

スカイプ社が、月額プランを値下げしました。

新料金は固定電話への通話に対して、60分/130円、400分/500円、無制限/690円の3種類。

カナダ、シンガポール、タイ、中国、米国、香港では、携帯電話あての通話も定額の範囲内に含まれるようですが、さすがに日本の携帯電話あては別料金となるようです。

まぁ今までの料金に比べると、ずいぶん安価に導入できるようになりましたが、それにしても料金プランがけっこうコロコロ変わりますね。

ちなみにStudio Pumpkinheadではすでに月額プランを導入していたのですが、自動的に無制限プランに切り替わっていました。

次回更新時は、さらに通信費をコストダウンしても良いかもしれないですね。

iPadを予約してきたよ

GW中にiPadの発売日や価格、予約開始日が発表になりました。

5/10予約開始、5/28発売、価格は48,800円からで、3G通信のキャリアはソフトバンクが独占、端末にはSIMロックがかかっているとのこと。

オンラインのApple Storeでは夜中の3:40ぐらいから受付が始まりましたが、Wi-Fi+3Gモデルは店頭受付のみとのことでしたので、朝からさっそく近所の家電量販店に予約に行ってきました。

田舎の家電量販店なので余裕かなと思っていましたが、オープン直後ですでに14番手。

しかもデータ通信の契約が絡んでいるからか、1人捌くのに20分ペースです。

まぁとりあえずは発売日に入手できそうとのことですが、手続き完了まで2時間半ほどかかりました。

Wi-Fiモデルを購入予定の人は、オンラインで予約する方が手っ取り早いかもしれませんね。