ソフトバンクがiPad向け雑誌配信サービスを開始

ソフトバンクが子会社ビューンを通じて、モバイル端末向けの定額雑誌配信サービスを6/1より開始するようです。

ビューン
http://www.viewn.co.jp/

iPad向けは450円/30日、iPhone/iPod touch向けは350円/30日、ソフトバンク携帯向けは315円/月で、開始時は31誌の新聞、雑誌、動画などが定額料金で閲覧できる模様。

内容はフル収録ではなく、主要記事のみとなっている媒体もあるので、多少制限はありそうですが、けっこうお得なサービスかもしれませんね。

特に提携会社に毎日新聞が入っていますので、産経新聞の1,500円/30日のiPad向けサービスを契約することを思えばこれで十分かも。

個人的には「エコノミスト」「週刊ダイヤモンド」「ダイヤモンドZAi」「PRESIDENT」「DIME」あたりが入っているのが、嬉しいところです。

App Storeには、まだ上がってきていないようですが、ちょっと期待して待っておきましょう。

iPad雑感

発売日にiPadを買って母へプレゼントしたわけですが、その際に諸々の設定をしてあげたので、ちょっと触った感想を書いておこうかと思います。

[良いところ]

・画面が大きい
9.7インチサイズ、解像度768×1024は、PCサイトの閲覧にも困りません。
実際に、Yahoo! JAPANなどを表示してみると、PCサイトがそのまま表示されるようになっています。

・処理が早い
Apple A4プロセッサの処理速度が早いです。
グラフィカルな処理もサクサクこなしてくれます。

[悪いところ]

・重い
Wi-Fi + 3Gモデルのせいかもしれませんが、730gはけっこう重さを感じます。
文庫本のように、長時間手に持って浮かせて読むというのは、ちょっと厳しいレベルだと思います。

・iPadアプリが少なく、価格が高い
iPhoneアプリに比べると、iPadアプリはかなり数が少なく、また価格も高くなっています。
また、iPhoneでは標準搭載されていた「電話」「SMS/MMS」「カメラ」「株価」「天気」「ボイスメモ」「時計」「計算機」「コンパス」もありません。
(iPadでは代わりに「ビデオ」というアプリが追加されています)
この辺りは今後、改善されていくのでしょうが、今のところは不便に感じますね。

・iPhoneと操作感が違う
これも慣れでしょうが、iPadの場合メニューを呼び出したりすると、サイドバーやポップアップで表示されるアプリが多いです。
iPhoneだと画面切り替えタイプが多かったので、けっこう戸惑う部分が多いです。

・かな入力が無い
いわゆる携帯電話の文字入力のことですが、iPadの場合はフルキーボードでの入力しかありません。
日本語の入力がかなり面倒に感じるので、これはぜひ今後のアップデートで追加して欲しいところです。

ということで、触ってみると意外と悪い部分が目立った感じかもしれません。

まぁiPhoneも、iPhoneアプリが揃いだして面白い端末になったという経緯がありますし、iPadも今後の状況に寄るのでしょう。

何か具体的な使い道が決まっている人は良いですが、何となく買ってみようと考えている人は、そんなに焦らなくても良いかも。

日本時間6/8 2:00から始まる、「Worldwide Developers Conference 2010(WWDC 2010)」では「iPhone 4G」が発表されるという噂もありますし、迷っている人はもうちょっと様子を見るというのもアリかと思います。

iPhone版Skypeが3G通信での通話可能に

iPhone版Skypeがバージョン2.0.0になって、3G通信での通話が可能になったようです。

App Storeの説明では、8月末までは無料で通話できて、それ以降は毎月わずかな使用料がかかるとのこと。

詳細はわかりませんが、月額プランのような仕組みが適用されるということでしょうか。

まぁそれでも、ソフトバンク以外の携帯や固定電話にかける場合は、ホワイトプラン(i)では21円/30秒とけっこう割高なので嬉しいところです。

ちなみにSkypeから携帯電話にかけると、相手側には非通知での着信になるので、注意する必要がありますけどね。

スカイプ社といえば、最近eBay傘下から独立したせいか、月額プランの値下げ、5人までのビデオ会議など、積極的にサービスのリリースが続いており、今後も楽しみなところです。

iPad購入

5/10に予約していたiPadを購入してきました。

Wi-Fi + 3Gモデルで、3G通信に関してはプリペイドプランを選択しています。

iPad01
↑iPad Wi-Fi + 3Gモデル 16GBです

iPad02
↑梱包品の一覧です

さっそく一通り試してみましたが、噂どおりiPhone 3GSよりも動作が高速ですね。

アップルが設計したCPU、「Apple A4」プロセッサ1GHzが効いているのでしょう。

iPad03
↑iPhone 3GSと並べてみました

ちなみに購入した目的は、自分で使うのではなく、母にプレゼントするためだったりします。

iPhone OSは直感的に操作できて、割とITオンチな人でも使えるインターフェイスだと思っていたので、まったくPCを触ったことのない人が使うとどうなるのかというところが興味深いです。

ということで、Gmailアカウント、iTunesアカウント、目ぼしいiPadアプリをいくつか、iPad Case、デジカメのインポート用にiPad Camera Connection Kitをセットにして渡してみることにします。

iPad04
↑iPad Caseを装着

自分用には、まぁiBook Storeが始まってからで良いかな。

The Rolling Stones『Exile on Main St.』

ザ・ローリング・ストーンズが1972年にリリースした『Exile on Main St.(メイン・ストリートのならず者)』に、未発表曲やデモ・テイクを追加したリマスター盤が発売になりました。

すでにU.K.チャートでは、リイシュー盤にも関わらず週間アルバム・チャートで1位を獲得という異例の盛り上がりを見せており、制作時の様子をドキュメンタリー映像にした『Stones in Exile(ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならず者」の真実)』も、7/12から劇場での公開が予定されています。

ちなみにCDでは、通常盤の他、デラックス・エディションスーパー・デラックス・エディション、iTunes StoreではiTunes LP版がラインナップされているのですが、特典映像の入ったDVDはスーパー・デラックス・エディションのみに付属。

スーパー・デラックス・エディションはLP2枚組もセットになっていて、かなりパッケージが大きいので、できれば他のエディションでも提供してくれれば良かったのですが。

レコード盤の再生機器を持ってないですし…

メインのアルバムの方は、「Rocks Off」の軽快なサウンドに始まり、「Tumbling Dice(ダイスをころがせ)」「Sweet Virginia」「Happy」「All Down The Line」など、コンサートでもお馴染みの楽曲が並ぶ名盤だけに、あえて今さら述べることもないでしょう。

今回追加された未発表曲の方は、当時の音源にオーバー・ダビングを加える形で収録されており、ここから「Plundered My Soul」がシングル・カットされています。

まぁ確かに、アルバムに収録されなかったのも何となくわかりますが、それでも楽曲のクオリティは悪くない感じです。

注目は「ダイスをころがせ」の元になった「Good Time Women」でしょう。

テンポやノリが違っていますが、ハッキリそれとわかる曲なので、思わずニヤッとしてしまう1曲です。

DVDの方は、『ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならず者」の真実』からの抜粋といった感じでしょうか。

メイキングやロード・ムービー、「Happy」「All Down The Line」のライヴ映像が収録されています。

ちなみにメイキング以外の映像は、非公式DVD『Cocksucker Blues』『Ladies and Gentlemen』に収録されているもので、何やら『Ladies and Gentlemen』の方は正式なリリースの噂もあるとか。

ストーンズ関連は、昨年の『Get Yer Ya-Ya’s Out!』のリイシュー盤など、ここにきて続々とリリースされているので、ファンには嬉しいところですね。

Adobe CS5 Master Collection到着

注文していた「Adobe Creative Suite 5 Master Collection」の無償アップグレードが届きました。

発売日は5/28のはずですが、2日早く到着です。

Adobe CS5 Master Collection01

アドビにしては珍しく簡易パッケージで、「アドビストアエコキャンペーン」を行っているだけに方針を改めたのでしょうか。

Adobe CS5 Master Collection02

ちなみにCS5の新機能については、YouTubeUSTREAMなどに紹介ページがあるので、そちらを参考にしてみると良いでしょう。

PhotoshopFlashあたりはちょっと楽しみなところですが、それにしてもインストールは面倒くさいなぁ(笑)。

iPhoneで映画三昧

映画が丸々一本フル収録された「iPtheater」というiPhoneアプリがリリースされました。

現在ラインナップされている映画は、「風と共に去りぬ」「カサブランカ」「郵便配達は二度ベルを鳴らす」「若草物語」「ジャンヌ・ダーク」。

さらに今後の配信リストとしては、「ローマの休日」「駅馬車」「シェーン」「雨に唄えば」「救命艇」など、他多数が予定されています。

かなり古い映画ばかりですが、これらは著作権保護期間の終了したパブリックドメイン作品で、ライセンス価格がかからないために格安で販売することができるわけです。

こういった過去の名作はいつか観ようと思いながら、観ないままになっていたりするので、これを機会に鑑賞してみるのも良いかもしれないですね。

それともうひとつ、5~15分程度の短編映画を集めた映画祭「Short Shorts Film Festival & ASIA」から、過去の受賞作品をiPhoneアプリにした「ショートショート フィルムフェスティバル」も販売開始されています。

このシリーズでは2作品が無料アプリ、10作品が有料アプリとして配信されており、全部で120作品のリリースが予定されています。

こちらは、ちょっとした空き時間に観るのに適していますね。

とりあえず何本か観てみましたが、iPhoneで映画鑑賞って意外と良いヒマ潰しになるかも。