Android携帯の雑感

以前の記事で、Androidデベロッパ・サイトから「Android Dev Phone 2(ADP2)」を購入したことを書きましたが、今回はこの機種を触ってみたレビューでも。

まずは端末自体についてですが、Android携帯の多くはハードウェア・キーを備えており、ADP2でも「ホーム」「メニュー」「戻る」「検索」「通話開始」「通話終了」「ボリューム」が付いています。

「検索」キーなんかは、なかなかGoogleらしく、けっこう便利だったりしますが、「メニュー」キーは逆にちょっとわかりにくい部分も多いです。
要は、Windowsで言うところの右クリックのようなものですが、タッチパネル操作中に呼び出したい項目が無いな〜と思ったら、この「メニュー」ボタンの中に隠れていたというケースがよくあります。

それと、これはこの機種特有のものかもしれませんが、接続できる端子がミニB端子のみなので、好みのイヤフォンやヘッドフォンをつなぐのに少し工夫がいります。
まぁ変換コネクタはいくつか発売されているので、別途購入すれば解決するわけですが。

あとiPhoneに比べると、かなり重量が軽いです。
まぁ通常、軽いことはメリットになりますが、逆にiPhoneの重さに慣れていると、ちょっとオモチャっぽい感じもするかも。

次にソフトウェア面ですが、ここはどうしてもiPhoneと比べてしまいますが、ややモッサリ感がすることは否めないでしょう。
タッチスクロールがちょっと遅れて反応したり、文字入力のレスポンスが悪かったりで、微妙なもたつきが気になります。

それからAndroid携帯のウリといえば、やはりGoogleサービスとの連携ですが、ここの連携はさすがにうまくできていると思います。

Gmail」「Google カレンダー」「Google マップ」「YouTube」「Picasa」などとスムーズにやり取りできるので、利用者にとってはありがたい機能です。
ただ少し詰めが甘いところもあり、Office書類のビューアが標準機能として搭載されていないので、ファイルを開く時はブラウザから「Google ドキュメント」を利用するか、別のアプリケーションをインストールする必要があります。

またADP2を利用する場合ですが、GPS機能はでSIMカードを差しておかないと動作しないので気をつけましょう。
APNdroid」などで3G通信をストップしていても構わないようですが、SIMカードを差しておく必要があるようです。

それと一番気になる「Android Market」についてですが、ここはiPhoneの「App Store」に比べると、かなり雑多な印象があります。

基本的に英語表記が多く、日本語向けのアプリなのかどうか、非常に探しにくくなっています。
日本人が日本人向けに作成したアプリでも、説明やレビューが英語で記載されていることが多く、キーワード検索がうまく役立たないのが残念。

いちおう4月の「Xperia」発売を目処に、NTTドコモが日本語に適応させた「ドコモマーケット」を立ち上げる予定のようですが、こちらはキャリア課金での支払いとなる見込みで、NTTドコモのSIMカードが必要となります。

公開されているアプリ数は、とりあえず主要なものは一通り揃っていますが、種類が少なかったり、バリエーションが無かったりという感じですね。

それともうひとつ、アプリ開発者という視点から「Android Market」を見てみると、こちらは非常にウェルカムな方式となっています。

ちょっと比較してみると、

App Store
・アプリの登録、更新には審査が必要で、公開まで数週間ほど待たされる
・年間99ドルのデベロッパ登録費が必要
・App Store経由以外では販売不可
・アプリ売上の30%が徴収される
・開発言語はObjective-Cで、Mac環境が必要

Android Market
・アプリの登録、更新に審査は無く、リアルタイムに公開される
・デベロッパ登録費は初期費用25ドルのみ
・Android Market以外での販売も可能
・アプリ売上の30%が徴収される
・開発言語はJavaで、Windows/Macを問わない

Windows Marketplace for Mobile
・アプリの登録、更新には審査が必要
・年間99ドルのデベロッパ登録費と、アプリの公開ごとに99ドルが必要
・Windows Marketplace for Mobile以外での販売も可能
・アプリ売上の30%が徴収される
・開発言語はVB.NetC#C++など自由だが、Windows環境が必要

まぁ逆に言えば、アプリの審査がないだけに、クオリティは玉石混淆だったりしますが。

ちなみにADP2を購入した人は、すでにデベロッパ登録を済ませているはずなので、その気になればすぐにでもアプリを公開することができるわけですね。

総評としては、Android携帯はまだまだ発展途上な感じでしょうか。
Google自身が自由な風潮で、それがそのまま表れているような印象を受けますが、逆にその自由さが奔放さにもなっており、うまくまとめ切れていない部分も多いです。

とりあえず「Nexus One」の売れ行きはイマイチのようですが、モトローラの「Droid」などは売れ行き好調ですし、これからの普及度によって変わる部分も多いでしょう。
どう発展するのか、今後に期待というところですね。

Playing for Change『Peace Through Music』

世界中のミュージシャンが、それぞれに演奏した音源をつなぎ合わせることで、ひとつの曲を作るというプロジェクト「プレイング・フォー・チェンジ」。
2009年に発売されたアルバム『Songs Around the World』を元に、その制作過程を綴った映像作品『Peace Through Music』が発売になりました。

ちなみに曲の方は、大和証券のCMで「Stand by Me」「One Love」が流れているのを聴いたことのある人も多いのではないでしょうか。

プロジェクトは4年がかりで行われたようで、カリフォルニア州サンタモニカのストリート・ミュージシャン、ロジャー・リドリーが歌う「Stand by Me」を録音するところから始まっています。

その後、ニューメキシコ州ズニに住むインディアンに会い、ハリケーン・カトリーナの被災地となったルイジアナ州ニューオリンズのブルースマン達の演奏、スペインの陽気なフラメンコを重ねていくといった流れになっています。

映像の中には他にも、イスラエルでの独特なメロディ・ライン、フランスでの叙情的な演奏、イタリアでのクールでお洒落な演奏、北アイルランドでの清涼感ある歌声、南アフリカやコンゴ共和国での力強いビート、インドやネパールでの不思議な音色などが流れ、様々な文化が入り混じっているのがよくわかります。

また同時に、それぞれの地域にはそれぞれの問題があるが、それらの問題を乗り越えて音楽で世界をつなごうというコンセプトも非常によく伝わってきますね。

それとDVDの5.1chサラウンドで曲を聴くとよくわかるのですが、歌声や楽器の演奏自体も素晴らしいですが、その後ろに漂う街の空気感が一緒に収録されているのがかなり絶妙。
ほとんどの演奏が室外で録音されているため、まるでその街を旅しているかのような気分になります。

それにしても、これだけ多数のトラックを重ねているにも関わらず、それぞれの良さを活かしながらまとめているのはなかなか凄いですね。
やっぱり音楽って良いな~と、久しぶりに感じさせてもらえた作品です。

Android Dev Phone 2購入

Googleが「Nexus One」を発表してから、にわかにAndroid端末の話題が増えていて、ちょっと気になっていたのでAndroidのデベロッパー・サイトで「Android Dev Phone 2」を注文してみました。

「Android Dev Phone 2」は「HTC Magic」をSIMフリーにしたもので、日本ではNTTドコモから発売されている「HT-03A」と同スペックの機種になります。

ちなみにGoogleで注文するためには、Androidのデベロッパー登録をする必要があり、
・デベロッパー登録 25ドル
・端末代 399ドル
・送料 60.78ドル
・関税 46.03ドル

で、日本円でだいたい48,000円ぐらいでしょうか。

まぁ最近は「HT-03A」が投げ売り状態なので、ちょっと割高かもしれませんが、SIMロックがかかっていないので、NTTドコモ、ソフトバンクを問わず使えるというところはメリットかもしれません。

ということで、ついでにちょっと開封レポートでもしてみることにしましょう。

Android Dev Phone 2 01
↑パッケージは素っ気ないです

Android Dev Phone 2 02
↑中も今風にシンプルです

Android Dev Phone 2 03
↑内容物の一覧です

同梱されているのは、バッテリー、イヤフォン、コンセント、USBケーブル、本体、英語のマニュアル。
HT-03Aではバッテリーが2個入ってたり、microSDカードが付いていたりしますが、Android Dev Phone 2はシンプルな構成ですね。

2010/02/06 追記
よく見るとmicroSDカードは、1GBのものが最初からスロットに装着されていました。

Android Dev Phone 2 04
↑ロゴマーク

HT-03Aで「NTT docomo」のロゴがあるところは、「hTC」のマークになっています。

Android Dev Phone 2 05
↑裏面

ここもHT-03Aでは「with Google™」とプリントされていますが、こちらはAndroidのマスコット・キャラクター「Goodies」君です。

Android Dev Phone 2 06
↑蓋を開けてみました

Android Dev Phone 2 07
↑iPhone用のSIMカードを入れてみます

SIMフリー端末なので、キャリアを限定せずに通話や通信ができます。

Android Dev Phone 2 08
↑起動直後の画面

Android Dev Phone 2 09
↑続いてAndroidロゴの表示

Android Dev Phone 2 10
↑セットアップ開始です

ちなみに右下に「Change Language」のボタンがありますが、日本語を選ぶことはできません。

Android Dev Phone 2 11
↑使い方の説明のようです

Android Dev Phone 2 12
↑文字を打つ時は、タッチして入力とのこと

Android Dev Phone 2 13
↑Googleアカウントを持っていますか?

Android Dev Phone 2 14
↑すでに持っているので「Sign In」に進みます

Android Dev Phone 2 15
↑ソフトウェア・キーボードで入力します

iPhoneに比べるとキーボードのレスポンスが悪いので、ちょっと打ちにくいです。

Android Dev Phone 2 16
↑サインイン中です

Android Dev Phone 2 17
↑GPSを使うかと聞かれているようです

Android Dev Phone 2 18
↑ネットワークにつながらなかった模様

Android Dev Phone 2 19
↑手動でセットアップしていきます

ちなみにSIMカードを挿さなくても、Wi-Fi環境があればインターネットに接続することができます。

Android Dev Phone 2 20
↑無事に待受画面が出てきました

基本的に表示が全部英語なので、英語アレルギーの人には辛いかも知れませんが、まぁこの機種を無事に注文できるぐらいの読解力があれば、とりあえず使えるだろうと思います。

あと細かい使い勝手についてはこれからですが、どうも全体的にiPhoneよりレスポンスが悪いようには感じますね。
例えるなら、Windows Mobileほど悪くはないが、iPhoneほどは優れていないというところでしょうか。

また、その辺りは後々にでもレビューしていくことにします。

2010年6月から高速道路無料化

国土交通省は2010年6月から、2011年3月まで、高速道路の一部を無料化するそうです。
ちなみに近畿地方で無料化されるのは、舞鶴若狭自動車道と京都丹波道路(京都縦貫自動車道の一部)。

う〜む、恩恵を受ける人もいるかもしれませんが、ちょっと利用する予定はないですねぇ。

オートバックスドットコム

ソフトバンクの決算説明会

ソフトバンクが、20010年3月期の決算説明会を行いました。

その説明会の模様は、ストリーミングでいろいろなメディアで試聴することができたのですが、やはり注目はUSTREAMで放送したことでしょう。

説明会の中でも発言されていましたが、ソフトバンクがUSTREAMに2,000万ドル出資していることもあり、今回の説明会でプロモーションした形になります。

ちなみに、リアルタイムにUSTREAMで視聴していた人は6,000人弱ほど。
USTREAMには、TwitterFacebookMySpaceなどとも連携できる機能があるのですが、発言を表示しているタイムラインがものすごい勢いで流れていました。

それにしても、これだけのトラフィックでも安定して視聴できるのは、なかなか素晴らしいメディアではありますね。

それと質疑応答の中では、注目の「Android携帯」「iPad」「ウィルコム」などのキーワードが出てきましたが、どれも華麗にスルー。
とりあえず当面は、「iPhone」と「アリババ」などを通じて中国でのビジネス展開に力を入れていくという姿勢は見えました。

まぁそんな重要な発表は、さすがにプレスリリースか発表会でするでしょうしね。

第52回グラミー賞の受賞者発表

2010年のグラミー賞授賞式がロサンゼルスで行われました。

結果は、ビヨンセが6部門、テイラー・スウィフトが4部門、キングス・オブ・レオンブラック・アイド・ピーズが3部門、レディー・ガガマックスウェルが2部門ずつ、最優秀新人賞にはザック・ブラウン・バンドという顔ぶれでした。

まぁグラミー賞というのは、知らないアーティストを知る良い機会になることが多いのですが、今年はけっこうノー・チェックだった人が多かったです。
特に、テイラー・スウィフトやザック・ブラウン・バンドなど、カントリー系のアーティストは日本であまりプロモーションされないので、これからジックリ聴いてみたいところですね。

それと、やはりイベントで注目のポイントは、アーティストのパフォーマンス。

今年は、レディー・ガガとエルトン・ジョンのデュエット、マイケル・ジャクソンのトリビュート、テイラー・スウィフトとスティービー・ニックスの共演あたりが見どころでした。

特に、マイケル・ジャクソンのトリビュートでは、ジェニファー・ハドソンアッシャーセリーヌ・ディオンキャリー・アンダーウッドに、スモーキー・ロビンソンが加わって、「Earth Song」をマイケルのオリジナルの歌声とコラボレーションする形で行われました。

そしてパフォーマンスの後は、マイケルの子供達がスピーチして、感動のシーンを締めくくります。

…ただ、たまに客席が映ると、みんな3Dメガネをかけているのが、ちょっと不自然で何とも言えないところがありましたが。