淡路島ツーリングに行ってきました

今月2回目となりますが、オールカワサキ南大阪さん主催で淡路島ツーリングに行ってきました。
今回はグルメツアーということで、淡路名産を食すというテーマになっており、総勢14名でのツーリングとなりました。

淡路島ツーリング01

行きの途中で室津PAに立ち寄り、小休止。

淡路島ツーリング02

渦潮は残念ながら観ることができませんでしたが、淡路島名産品を練りこんだ「たまねぎソフト」を食べてみました。

淡路島ツーリング03

あまり玉葱の味は感じませんでしたが、甘くてなかなか美味しかったです。

その後は、予約していた南あわじ市にある「松葉寿司」というお店に向かいました。
途中、ちょっと道に迷いましたが、無事に到着。

淡路島ツーリング04

ほぼ全員、ここのお店いち押しの「牛あな丼スペシャル」を注文していましたが、私は肉類がダメなので「玉葱そうめん」と「海鮮丼」にしました。

淡路島ツーリング05

こちらもあまり玉葱っぽくはなかったですが、麺にコシがあり、のど越しもツルッとしていて爽やかです。

ちなみに、いま淡路島では名産の淡路牛を使った「淡路島牛丼プロジェクト」というキャンペーンが行われており、各店舗とも牛丼を積極的にPRしているようです。

その後は、帰りに淡路市にある「たこせんべいの里」に立ち寄りましたが、休日ということもあってか観光客でごった返していました。

淡路島ツーリング06

各種いろいろ練りこんだ煎餅が販売されていますが、どちらかというとタコせんべいより、エビせんべいが多かったような…

今回も8時出発、19時解散と長丁場でしたが、存分にツーリングを楽しむことができました。
ちなみにバイクで高速道路というのは初めてだったのですが、とにかく風が強烈ですね。
まだ私のバイクは、フルカウルのNinja 250Rなのでマシなのでしょうが、KLX 250で参加されていた方はなかなか大変そうでした。

ガレージの隅っこ日記
http://blog.goo-net.com/allkawasaki-south/archive/735

ウィルコムGW スペシャル企画キャンペーン

先週から始まったウィルコムの「ウィルコムGW スペシャル企画キャンペーン」が、ちょっと話題になっていますね。

4/23~5/10の期間限定ですが、ウィルコムの「AIR-EDGE(データ通信カード)」が端末の分割代金と月額利用料を合わせて2年間980円/月と格安のキャンペーンを打っていることが注目されています。

ウィルコムといえば、一時のW-ZERO3人気がイー・モバイルiPhoneに押されてしまい、契約者数をドンドン減らしてしまっていたわけですが、さすがにこの価格帯なら需要もあるということなのでしょう。
かくいう私もネットブック「Eee PC 901-X」用に「NS001U」をゲットしてみました。

NS001U

ちなみに、対象機種のうち「NS001U」と「WS002IN」はW-SIMで通信するようになっていますので、もしW-ZEO3などの他機種を持っている方はそちらに差し替えて通信、通話(通話料は割高)などすることもできます。

ただし気をつけないといけないのが、ウィルコムのW-OAM接続が最大204kbps/秒と最近のモバイル接続にしてはかなり遅い速度となっていることでしょうか。
私もかつて「Advanced/W-ZERO3[es]」を使っていたことがあり、その時はウィルコムの回線の弱さにかなりイライラさせられました。
まぁ、半分はWindows Mobileのせいでもありますが…

ということで、値段相応ということで納得いく人なら申し込んでも良いかもしれませんね。
4/30までは、契約事務手数料2,835円も誰でも無料となっていますので、かなり格安なのが嬉しいところです。

新規で選べるプレゼント&月額980円でインターネット使い放題!

Skype月額プラン

1年前にサービス開始されたSkypeの月額プランですが、ひっそりとサービス内容が変更されているようですね。

今までは1ヶ国限定プランの場合、695円/月で国内の固定電話へかけ放題、留守番電話機能(ボイスメール)、一般電話との発着信に利用できる050番号付与(SkypeIn)、海外の指定した番号への割安通話(Skype To Go)と、至れり尽くせりのサービスだったのですが、どうやらSkypeInはオプション契約扱いに変わったようです。

ちなみにStudio Pumpkinheadのお問い合わせ番号にも、このSkypeInで取得した番号を使用しており、かけ放題のサービスでかなり電話代を節約させてもらっています。

実質の値上げとなってしまったわけですが、それでも便利に使わせてもらっているのでとりあえず継続しますが、それにしてもアナウンスがひっそり過ぎるような気がします。
来年には米国で上場も予定しているわけですから、このあたりはもうちょっとオープンな姿勢で運営してほしいところですね。

アホの坂田

最近、富士通ゼネラルのエアコン「ノクリア」のCMが流れると、ついつい反応してしまう。
ひょっとすると、多くの関西人は同じように感じるのじゃないかと思うのですが、バックで流れている曲が「アホの坂田のテーマ」だったりします。

で、なぜ野茂英雄にアホの坂田?と思い調べてみると、元々この曲にはオリジナルがあったようですね。
原曲はメキシコ民謡の「メキシカン・ハット・ダンス」という曲で、浪花のモーツァルトことキダ・タロー先生はこの曲を引用していたわけです。

いや〜、なんだかスッキリしました。

グーの惑星

任天堂Wiiウェアで配信しているゲームですが、これがなかなか斬新で面白いゲームです。
元々は海外の2D Boyというメーカーが作ったゲームで、Wiiウェア版の他にWindows版、Mac版、Linux版も配信されており、チャプター1が体験版としてダウンロードできるようになっているので、試しに遊んでみるとすっかりハマってしまいました。

World of Goo
http://www.worldofgoo.com/

ジャンルはアクションパズルで、グーというスライムみたいなやつをつなげてゴールまで導いてやればいいわけですが、重力があるので土台が弱いと崩れたりするわけです。
なかなか文章で説明するのは難しいですが、一度遊ぶとすぐにルールはつかめると思います。

う〜ん、このアイデアは素晴らしいです。

エコポイント

最近、ニュースで取り上げられているのでよく聞くキーワードですが、そもそもどういう仕組みなのか気になったので調べてみました。

最初は環境省が2008年10月から開始している「エコ・アクション・ポイント」を拡充したサービスなのかと思っていましたが、環境省のプレスリリースを見ると、
本事業は、環境省が単独で推進しているエコ・アクション・ポイントモデル事業とは異なります
の文字が。

じゃあ、結局このポイントは何に使えるものなのでしょうか。

どうやら詳細はこれから決めていく形のようですが、お得感を出して買わせておいて、アウトプットが出来ていないというグダグダにはしないでほしいところですね。
やたら不透明な部分も多いだけに、税金の無駄遣いにならないかも心配なので、引き続きこの情報はチェックしたいところです。

ちなみに、下は「エコ・アクション・ポイント」の方のサイトで配布されているブログパーツです。

停電

夜中にテレビを点けながら作業していると、久しぶりに停電になりました。

テレビはとりあえず携帯のワンセグに切り替え、作業用に使っているパソコンもMacBook Proですので、電源はバッテリー稼動で継続。
まぁこれで良いかと思っていたのですが、CTUやAirMac Extremeがダウンしていたことでインターネットへ接続できない状態になっていました。
特にその時は必要はなかったですが、もちろん電話もつながらないわけです。

Web稼業というのは、電気やネットがなくなると無力なものだと改めて思い知らされました。