マイクロソフトがWindows Phone 8を発表

マイクロソフトが次期モバイルOS「Windows Phone 8」を発表しました。

開発者向けには夏頃にSDKが提供され、市場への投入は2012年後半になるとのこと。

「Windows Phone 8」では、近距離無線通信NFCに対応し、決済機能や情報交換機能の搭載、マルチタスク機能、microSDカード対応、Internet Explorer 10搭載など、近年のフォーマットにひと通り対応してきた感じですね。

またシステムのコア部分では、デスクトップ用OS「Windows 8」との共通化も行われており、Windows用のアプリやゲームが簡単に移植できるとのこと。

それと既存の「Windows Phone 7」端末については、「Windows Phone 7.8」へアップグレードし、一部の機能が導入されるらしいです。

先日、発表された「Surface」も合わせて、今回はマイクロソフトの気合いの入り方がなかなかのものですね。

ただ日本では「Windows Phone 7」端末は、結局「IS12T」のみと寂しい状態で、いざ「Windows Phone 8」が投入されても、どこかメーカーが開発してくれるのか微妙なところです。

「Windows 8」がヒットして、「Windows Phone 8」との連携がスムーズに行えるならば、その可能性は高まりそうな気もしますが。

マイクロソフトがWindowsタブレットを発表

マイクロソフトが次期OS「Windows 8」「Windows RT」搭載のタブレット端末「Surface」を発表しました。

「Windows 8」は「Windows 7」の後継となるOSで、「Windows RT」はモバイル向けにカスタマイズされたバージョンですが、どちらもデスクトップ/タブレット共通での利用が想定されています。

詳しいことはまだ公開されていませんが、発売日はWindows RT版がWindows 8と同時期で、Windows 8版はその3ヶ月後ぐらいとのこと。

価格もそれぞれ、ネットブックやウルトラブックと同程度になる予定です。

本体にはキーボードを兼ねたカバーが付属される他、Windows RT版には「Office 2013」が搭載されており、Windows 8版はペン入力に対応しています。

マイクロソフトのハードウェアといえば、今まではマウスやキーボード、ゲーム機などで、PCの開発には参画していませんでしたが、アップルGoogleのモバイル分野での躍進が影響してきたのでしょうね。

持ち運び用には便利そうなので、日本で発売されるのかどうかが気になるところです。

Windows 8 コンシューマ・プレビュー版が公開

マイクロソフトが次期OS「Windows 8」のConsumer Preview版を公開しました。

Windows 8は2012年後半に発売が予定されており、2011年9月には開発者向けにDeveloper Preview版が公開されていましたが、今回は一般向けのリリースとなりました。

DP版から主に変わったところでは、日本語対応、「Windows Store」の公開、「SkyDrive」との連携機能あたりでしょうか。

Windows Storeに登録されているアプリ数は、まだかなり少ない状態ですが、Mac App Storeのように手軽に購入できるところは便利です。


↑Windows Storeトップページ


↑人気トップ(無料)をクリックしたところ


↑アプリの詳細画面

ひとつ気になるのは、インターフェイスが横スクロールを基本にしているので、タッチパネルでは使いやすくても、マウスで操作する際はどうも違和感があることですかね。

またCP版では、Storeと同時に「Xbox LIVE ゲーム」のメニューも追加されており、今のところXbox 360用のゲーム購入用になっているようですが、これはひょっとすると今後Windows 8とXbox 360のクロスプラットフォームでゲームがリリースされるかもしれませんね。

「SkyDrive」との連携については、クラウド上のフォルダをローカルで操作しているかのように使えるようになっています。

SkyDrive上のWordExcelPowerPointOneNoteのファイル編集も、Office Web Appsとスムーズな連携が行われているので、「Google ドキュメント」よりも使い勝手が良い感じですね。

Windows 8は、CP版でもまだ未完成な印象ではありますが、それなりに期待できる部分も多いので、手応えとしては悪くないという印象でしょうか。

デジタルライフを快適にプロデュース Global Mobile Company act2.com

Windows Vistaのサポート期限が延長

マイクロソフトが2012年4月10日に終了予定だったWindows Vistaのサポート期限を、2017年4月11日まで延長しました。

Windows Vistaのメインストリームサポートについては4月に終了しますが、今回引き伸ばしが行われたのは延長サポートの方。

延長サポート期間では、バグ修正、セキュリティパッチなどは提供されますが、ソフトウェアのバージョンアップやお問い合わせ対応などが省かれることになります。

ちなみに各サポート期間は、

[Windows XP]
発売日 2001/10/25
メインストリームサポート 2009/04/14
延長サポート 2014/04/08

[Windows Vista]
発売日 2007/01/30
メインストリームサポート 2012/04/10
延長サポート 2017/04/11

[Windows 7]
発売日 2009/10/22
メインストリームサポート 2015/01/13
延長サポート 2020/01/14

となりました。

まぁ、これでWindows XPと逆転していたサポート期間が順当な形になりましたが、ソフトウェア開発者にとっては10年前のOSもサポートしないといけなくなるわけで、正直サッサと切り捨ててくれた方が嬉しかったりするんですけどね。

2012年後半にはWindows 8も発売予定なので、しばらくは4つのOSが入り乱れる状態になりそうです。

Kinect for Windows購入

マイクロソフトが、開発者向けに販売を開始した「Kinect for Windows」を購入してみました。

Kinect for Windows
↑電源はコンセントから給電、PCとはUSBで接続します。

Kinectといえば、元々はXbox 360用のモーション・コントローラーですが、勝手ユーザがPCで利用するためのドライバを作成したのをキッカケに、公式にWindows用SDKが提供されるようになりました。

ハードウェアとしては、「Kinect for Xbox 360」に比べて近距離で利用できること、Xbox 360では利用できないことなどが、違いとなっています。

パッケージは本体のみが内包され、SDKやサンプルは公式サイトからダウンロードと、あくまで開発者をターゲットにした製品という感じですね。

ちなみにサンプルは、C#またはC++のソースコードで提供されており、Visual Studio 2010でビルドして試すことができます。

ということで、サンプルの「ShapeGame」で動きを試してみましたが、けっこうちゃんと動きを検知できるものなんですね。

今後は、ゲームやWindows 8との組み合わせにも期待したいところです。

Microsoft TOUCH MOUSEとApple Magic Mouseを比較してみた

マイクロソフトのマルチタッチ・センサーを搭載した「TOUCH MOUSE」を購入したので、そのレビューでも。

ちなみにマルチタッチ搭載マウスといえば、アップルMagic Mouse」がお馴染みですが、こちらはMac OS Xにしか対応していません。

ということで、Windows用に「TOUCH MOUSE」を購入したわけですが、こちらはWindows 7にしか対応していないので、購入時にはご注意を。

Microsoft TOUCH MOUSE 01
↑上から見ると「Magic Mouse」とほぼ同じ大きさです

Microsoft TOUCH MOUSE 02
↑「TOUCH MOUSE」の方が高さがあり、重さもあります

Microsoft TOUCH MOUSE 03
↑USBのトランシーバーとセットになっており、裏面には収納スペースがあります

持った感じはやや大きく、ひょっとすると手が小さい人には大き過ぎると感じるかもしれませんね。

センサーが入っているのは水玉模様の部分だけで、マウス中央にスリットが入っていますが、これはただの目安程度のものです。

実際は中央以外を撫でてもスクロールするようになっています。

Microsoft TOUCH MOUSE 04
↑マルチタッチの設定は専用ドライバ「IntelliPoint」で行います

「Magic Mouse」と比べていうことですが、マウス自体の反応についてはほぼ互角だと思いますが、OSやドライバの部分で「TOUCH MOUSE」は遅れを取っている印象。

最初からマルチタッチを意識しながら作った「Mac OS X 10.7 Lion」と、後付けでマルチタッチに対応した「Windows 7」では、やはり完成度に差が出ています。

とはいえ、単体で見るとそれほど悪い操作感ではないので、まぁ良しというところでしょうか。

ただ「Magic Mouse」を使ったことがない人が、いきなりこれに乗り換えると、既存のマウスに比べて大きく操作感が変わるので、うまく馴染めないかもしれません。

次期OS「Windows 8」は、「Mac OS X 10.7 Lion」や「Windows Phone」を意識した作りになっているので、これでもっと最適化して欲しいところですね。

…というところで、もうひとつ。

オマケで、ソニーが発売している多機能マウス「VGP-BMS80C」も購入したので、こちらについても記載しておくことにします。

VGP-BMS80C 01
↑写真の角度でわかりにくいですが、「Magic Mouse」よりずいぶん小さいです

VGP-BMS80C 02
↑エルゴノミクスなどは、まったく無視です

多機能をウリにしているだけに、ボタンの数が12個も付いていたり、持ち上げるとリモコン操作ができたり、PlayStation 3の操作も行えたりと、正に全部入りのマウスです。

一瞬、スクロールはどうするの?と思うかもしれませんが、中央のボタンの上を撫でると画面スクロールするようになっています。

ただ残念なのは、マウス自体が小さいので、手前についている「BACK」「ENT」ボタン等が非常に押しにくい。

持った印象も、なかなか手にシックリくる感じはないので、これはちょっと慣れが必要かも。

それと、ロゴが入っていることから「VAIO」に最適化してあるのでしょうが、どうも「VAIO L」で使っていると、頻繁にBluetooth接続が切れます。

その度に再接続の設定を行わないといけないので、ちょっと利用に難ありですね。

まぁ、とりあえず「TOUCH MOUSE」をメインに使いつつ、Windows 8に期待したいところです。

ソニーストア

マイクロソフトが「Kinect for Windows」を2/1に発売

マイクロソフトが、Xbox 360用モーションコントローラ「Kinect」を、PC向けデバイスとして利用できる「Kinect for Windows」を2/1に発売するそうです。

日本でも同日に発売予定で、米国での価格は249ドル。

元々は、Xbox 360用に提供されていたコントローラを、PCで利用したいユーザがハッキングしたことで、マイクロソフトがニーズに答える形でSDKを公開したわけですが、ついにパッケージとして提供されることになります。

やや高めの価格設定なのは、Xbox 360用の「Kinect」よりも近距離で利用できるように調整していることや、他のハードウェア売上の相乗効果が無くなっていることが原因とのこと。

PCゲームだけでなく、Windowsの操作もできるようなので、普及次第では新たなサービスもいろいろ出てくるかもしれませんね。

また現在は、Xbox LIVEの「Games for Windows」で提供されているゲームは少ないですが、これをキッカケに少しは増えるのでしょうか。

Xbox 360は要らないけれど、「Kinect」には興味がある人は注目ですね。