アップルがWWDC 2012で新製品を発表

アップルWorldwide Developers Conference(WWDC) 2012で、ノート型Macの新モデルを発表しました。

発表されたラインナップは、「MacBook Air」「MacBook Pro」。

全モデルとも、CPUがIvy Bridge搭載となり、USB 3.0、Bluetooth 4.0、Thunderbolt対応になりました。

「MacBook Air」「MacBook Pro」については、基本的には前モデルからのスペックアップでデザイン変更などは行われていませんが、「MacBook Pro」の方は17インチモデルが無くなり、代わりに「MacBook Pro with Retina display」がラインナップに追加されています。

「MacBook Pro with Retina display」は、2880×1880ピクセルの画面解像度に、HDMIポートも搭載。

サイズの方は15インチモデルに限定されていますが、本体の薄さもウリになっており、「MacBook Air」の13インチよりかは重いが、「MacBook Pro」の13インチよりも軽くなっています。

まぁ標準搭載のSSDが少なめなのと、DVDドライブ無い点がやや引っかかりますが、スペックを犠牲にしないで、持ち運び用にするにはちょうど良さそうな感じでしょうか。

WWDC 2012のキーノートでは、その他にも次期デスクトップOS「Mountain Lion」とモバイルOS「iOS 6」の紹介も行われました。

「Mountain Lion」は事前の発表通り7月発売で、価格は19.99ドル(1,700円)ですが、本日以降にMacを購入した人には無料で提供とのこと。

機能面は以前からアップルのサイトで公開されていますが、iCloud完全対応、音声での文字入力、通知センター、Game Centerなど200以上の新機能が搭載されています。

一方の「iOS 6」は、Siriの強化、Facebookとの統合、電話応答の自動メッセージ、Safariのタブを他のデバイスと共有、他の人とPhoto Streamの共有など。

また、マップのアプリはGoogle マップから自前の地図に変更されており、渋滞情報やナビゲーション機能も内蔵されるようになりました。

まぁ今回のイベントでは「MacBook Pro with Retina display」という新製品も登場しましたが、今までのアップルの傾向からすると、新登場モデルは様子見するのが良かったりするんですよね。

近々Macを買い換える予定だったので、しばらく情報収集してみましょうか。

WindowsからMacに乗り換える時のソフトウェア選び

最近はiPhone/iPad人気で、WindowsからMacにスイッチする人も増えているようですが、今まで使っていたソフトウェアが使えなくなるのが悩みの種。

Boot Camp」「VMware Fusion」「Parallels Desktop for Mac」などでWindows環境を構築することもできますが、基本的にはWindows版のソフトウェアは使えないので、Mac版のソフトウェアを用意する必要があります。

そこで、Windowsで利用していたソフトウェアは、Macにした時にどんなソフトウェアに当たるのかということを書いてみたいと思います。

Internet Explorer

Mac版IEはバージョン5.2.3で開発終了になったので、「Safari」「Firefox」「Google Chrome」などを利用することになります。

Windows Media Player

こちらもMac版はバージョン9で開発終了となったので、QuicktimeでWindows Mediaを再生できるコンポーネント「Flip4Mac WMV」をインストールして対応。

ただし、DRMのかかったファイルは再生できません。

Microsoft Office

Mac版Officeで「Word」「Excel」「PowerPoint」「Outlook」が利用できます。

Access」は無理ですが、「OneNote」は「Evernote」で代用、「Visio」は互換ソフト「OmniGraffle」があります。

Microsoft Visual Studio/Microsoft Expression Studio

無理です。

…と言いたいところですが、「Mono」などを使えばいちおう.NET Framework絡みの開発も可能です。

ただWindows/Windows Phone用アプリを開発する際は、素直にWindowsを使った方が良いです。

ちなみにMac/iPhone/iPad用アプリの開発には、「Xcode」というIDEが用意されています。

・メールソフト

標準で「Mail」というソフトが付属されています。

・テキストエディタ

HTMLエディタとして使う場合は、「mi」「Jedit X」あたりが「秀丸エディタ」「TeraPad」に近い感じかと。

・FTPソフト

昔は「Fetch」というソフトが定番でしたが、最近はフリーのものでは「Cyberduck」が人気です。

FFFTP」「WinSCP」と同じような使い勝手にしたい場合は、有料ですが「Transmit」がオススメです。

・コマンドライン

Mac OS Xに標準で付いている「ターミナル」で、「Tera Term」「PuTTY」と同等の機能が実現できます。

・自宅サーバ

標準でApacheがインストールされているので、自分でPHPMySQLなどを追加すればLAMPに近い環境にすることができます。

手軽に環境を構築したい場合は、Mac App Storeで「OS X Lion Server」を購入すれば、OpenSSL、PHP、PostgreSQLPostfixDovecotBINDなどをセットアップしてもらえます。

・リモートデスクトップ

遠隔でWindowsを操作したい時は無料の「Remote Desktop Connection for Mac」、Macを操作したい場合は有料で「Apple Remote Desktop」があります。

・画像、動画、音楽の制作/管理

標準で「iPhoto」「iMovie」「GarageBand」が付いてくる他、上位版の「Aperture」「Final Cut Pro X」「Logic Pro」が用意されていたり、各種アドビ製品もMac対応しているので、特に困ることはありません。

というか、このジャンルはMacの方が向いています。

・ゲーム

最近はMac対応ゲームも増えましたが、「FINAL FANTASY XIV」「モンスターハンター フロンティア オンライン」などのMMORPG系は軒並み対応していないので、このジャンルには向いていません。

・テレビの視聴

CaptyTV Hi-Vision」「m2TV(GV-M2TV)」など、チューナーを買い足せばデジタル放送の視聴も可能です。

・Blu-rayディスクの再生

外付けのブルーレイ・ドライブと、「Mac Blu-ray Player」という再生ソフトを組み合わせれば可能です。

アップルがブルーレイに否定的なので、標準で対応する気配は無いです。

・DVDディスクへの書き込み

標準でDVDの書き込み機能が付いていますが、「Toast Titanium」などを使うと細かな調整もできるようになります。

…ということで、昔は不便だったMacも、最近は特に困ることも少なくなりました。

まぁ、最悪デュアルブートでWindowsも起動できるので、HDD容量とメモリを多めに積んでおけば、1台で済んでしまう点は便利なのではないでしょうか。

Mac で Windows を動かすなら act2.com

新型iPadとApple TVが3/16より発売開始

アップルが新型iPadApple TVを、3/16より発売することを発表しました。

iPadはLTE対応、2048×1536ピクセルのRatinaディスプレイ、CPUにクアッドコア「A5X」、5メガピクセルのカメラ、Bluetooth 4.0を搭載。

LTEは日本での対応は不明ですが、Wi-Fi+4Gモデルは従来の3G通信にも対応しており、引き続きソフトバンクが販売事業者として発表されています。

それとauからも発売の噂がありましたが、今のところ特に発表はないようですね。

Apple TVは、1080pの動画再生に対応。

またソフトウェアもアップデートされたことで、従来モデルもインターフェイスが刷新、iCloudへの対応なども行われています。

それとiOSもバージョンアップされており、iOS 5.1がリリースされています。

バグ修正の他、iCloudのフォトストリームで写真の削除機能、ロック画面からのカメラ起動、Siriの日本語対応、au版iPhone 4SFaceTimeiMessageへの対応などが追加されています。

まぁ、フォトストリームの使い勝手の悪さは以前から不満の声があったので、やっとこれでマトモになった感じですね。

今回の発表は旧製品を使っているユーザからすると、けっこう微妙なラインでしょうか。

買い換えるほどでもないし、ちょっと様子見な感じですかね。

iTunes in the Cloudにミュージックが追加

iTunes Storeで購入したファイルが他のデバイスに自動シンクロされるサービス「iTunes in the Cloud」に、ミュージックの項目が追加されました。

日本ではApp、ブックについてはすでに提供されていましたが、ミュージックも揃ったことで完全に対応した形です。

今回の対応で、iTunes Storeで購入した音楽の再ダウンロードや、Mac/Windows/iPhone/iPadで自動的に音楽ファイルをシンクロすることが可能になりました。

また同時に追加された機能としては、3G回線での購入、アルバム収録曲を購入した後に差額でアルバム全体を購入可能なども。

購入した楽曲を着信音にする機能についてはiTunes Store内に記載がありますが、今のところiTunesのメニューに表示されないので、これは後ほど対応するのでしょうか?

2012/02/22 追記
iPhone/iPadなどでiTunes Storeにアクセスすると着信音が購入できるようです。

また、米国では有料で提供されている「iTunes Match」についても、今回はスルーされているようですね。

2012/02/22 追記
2012年後半に日本でも「iTunes Match」サービスが開始予定だそうです。

まぁでも、やっぱり一番大きいのは、音楽の再ダウンロードができるようになったことでしょう。

今までは音楽ファイルを消失した場合は再購入するしかなかったので、ダウンロード購入のリスクが減ったことは嬉しいところです。

アドビが個人向け電子書籍作成ツール「Adobe Digital Publishing Suite, Single Edition」を発表

アドビが「Adobe Digital Publishing Suite」の個人向けエディション「Adobe Digital Publishing Suite, Single Edition」を、3/19より29,800円で発売開始するようです。

「Digital Publishing Suite」は、「InDesign」で作成したコンテンツをiPad向け書籍アプリとして書き出しを行うもの。

元々このパッケージは企業向けにボリュームライセンスで提供されていましたが、数十万円から数百万円規模の予算が必要なものでした。

Professional Edition」や「Enterprise Edition」と比べるといくつか機能制限されており、主なところではiPad向けアプリに限定、書き出せるアプリは1つだけというところでしょうか。

上位のエディションでは対応しているAndroid向けアプリや、定期配信などには対応していないこと、提供する書籍数に応じてライセンスを購入する必要があることには注意する必要がありそうです。

とはいえ、プログラミングができない個人でも気軽にiPad向けに電子書籍アプリを提供できるのは良いことではないでしょうか。

まぁ、iBookstoreが日本でも始まってくれればiBooks Authorを使ってEPUB形式で配信できますし、無料で配信する場合はEPUBやPDFが扱えるiBooksでも十分だったりするのですけどね。

iPod nanoをリコール

アップルが2011年11月から開始した「iPod nano (1st generation) 交換プログラム」で、申し込んでいたiPod nanoが返って来ました。

iPod nano 01
↑アップルにしてはオシャレじゃない入れ物です

いちおう説明に約6週間かかると書かれていましたが、ホントに6週間待たされました。

こういうのは、そう言いながらも早く届くのが常だったりするはずなんですけどね。

iPod nano 02
↑中は本体と紙が1枚

申し込んだのは第1世代iPod nanoでしたが、届いたのは第6世代のモデル。

iPod nano 03
↑交換品が無いから最新モデルにしたとのこと

まぁ第1世代iPod nanoは埃を被っている状態だったので、こっちの方が嬉しかったりします。

ただ携帯音楽プレーヤーとしては、すでにiPhoneで間に合っているので、こちらは時計として使うことにしました。

iPod nano 04
↑アームバンドはやや太め

ということで「iWatchz Carbon Collection」も購入して、iPod nanoが腕時計に変身。

普段は腕時計はしないのですが、まぁバイク移動の時にちょうど使えそうな感じですかね。

iPhone 3GSからiPhone 4Sに乗り換えての感想

今までiPhone 3GSを使っていて、iPhone 4Sに機種変更して気付いたことを書いておくことにします。

まぁ当たり前のことも多いですが、iPhone 4をスルーしただけに、iPhone 4Sを使ってみて改めて感じたこともいろいろありました。

1. 速い

iPhoneアプリの動作、アプリの並び替え、iTunesとの同期など、今までのモッサリした動作が圧倒的に速くなりました。

iOSは、もともと遅さを感じさせないような作りになってはいますが、それでも体感速度が一気にアップしています。

2. 形状が角張っていて、持ちやすい

iPhone 3GSは丸みを帯びたデザインだったので、持った時にツルッと滑ることもありましたが、これが持ちやすくなりました。

3. カメラが使えるレベルに

iPhone 3GSの300万画素から、iPhone 4Sでは800万画素に強化されたので、ザラザラだった画像がクッキリになってます。

他にもフラッシュが搭載されたり、インカメラが付いたことで自分撮りやFaceTimeにも対応できるようになりました。

まぁテレビ電話を使う機会は、そうないとは思いますが。

4. 音声認識「Siri」が面白い

iPhone 4S独自の新機能として、音声認識機能「Siri」が付きましたが、日本語に対応するのは2012年。

現在は英語で使うことができるので会話してみると、「Hello, Steve」と呼びかけると「Hello」と返し、「I’m fine today(今日も元気だ)」と喋ると「If you say so(あっ、そう)」と返事してくれます。

ちなみに「Weather」という発音が難しくて、どうしても天気を聞くことができませんでした。

5. 保護ケースがまだ少ない

形状はiPhone 4に近いですが、微妙にサイドのボタンの位置などが違っています。

ケースやフィルムなど共用できるものも多いですが、精密に作られているものほど対応を待つことになります。

6. 「iPhone for Everybody」キャンペーンは継続

iPhone 3GSを契約した時期にも寄りますが、My Softbankで契約内容を確認すると「iPhone for Everybody」キャンペーンは継続されているようです。

実質的にはあまり意味はないかもしれませんが、「パケットし放題 for スマートフォン(キャンペーン)」「2年契約(キャンペーン)」の文字は残っています。

7. iPhone 3GSのSIMカードはそのまま

iPhone 4SはmicroSIMカードなので、iPhone 3GSのSIMカードはソフトバンクに返すのかと思ってましたが、そのままになっています。

回線契約が無くなって圏外表示になっているので、記念に持っておくぐらいでしょうか。

…といったところで、まぁ恩恵が大きいのは動作速度とカメラですかね。やっぱり。

iPhone 3GSを初めて触った時のサクサク感が帰ってきたのは、嬉しいところです。

iOS 5がリリース

アップルが、iPhone/iPad/iPod touch用OS「iOS 5」をリリースしました。

iOS 5では「通知センター」「iMessage」「Newsstand」「リマインダー」など多数の新機能が追加された他、クラウド上のストレージ機能「iCloud」や、PCを使わずにセットアップできる「PC Free」、Wi-FiでiTunesと同期する「Wi-Fiシンク」など、ネットワーク機能にも大きく機能改善が見られています。

ちなみに「iCloud」は5GBまで無料で使えますが、iPhone、iPad、MacWindowsなどを連携させようとすると、あっという間に容量オーバーになりますね。

10GBは1,700円/年、20GBは3,400円/年、50GBは8,500円/年で選択するすることもできますが、全部バックアップしようとすると50GBぐらいは必要そうです。

またiOS 5以外にも、いろいろアップル製品のアップデータが提供されています。

iOSアプリでは、ポストカードのオンライン注文「Cards」、無線LANルータの設定ソフト「AirMacユーティリティ」、位置情報共有アプリ「友達を探す」など。

Apple TVでは、「AirPlayミラーリング」と「NHL」「WSJ Live」のストリーミング視聴。

Mac OX X 10.7 Lionでは、「Mac OS X 10.7.2」「iPhoto 9.2」「Aperture 3.2」や、開発ツール「Xcode 4.2」が公開。

Windowsでは、「iTunes 10.5」「Safari 5.1.1」、iCloud用管理ソフト「iCloud Control Panel」など。

全部アップデートしていると、半日費やしてしまいました。

次は、明日発売になる「iPhone 4S」を楽しみに待ちたいところですね。

auとソフトバンクがiPhone 4Sの料金プランを発表

auソフトバンクが、iPhone 4Sの料金プランや予約受付の案内を発表しました。

両社とも発売は11/14(金)で、予約開始は10/7(金) 16:00から。

それと料金プランについては、ちょっと下にまとめてみました。

※もちろん2年契約を前提としています

・au

端末料金
16GB 5万1,360円(毎月割で0円)
32GB 6万1,680円(毎月割で1万320円)
64GB 7万2,000円(毎月割で2万640円)

基本料金
プランZシンプル 980円/月(1〜21時でau間の通話無料、au宛SMS無料)
プランF(IS)シンプル 780円/月

パケット通信料
ISフラット 4,980円/月

Web利用料
IS NET 315円/月

その他
乗り換えキャッシュバックキャンペーン」で、他社からのMNPの場合は1万円キャッシュバック

・ソフトバンク[バリュープログラム(i)]

端末料金
16GB 4万6,080円(月月割で0円)
32GB 5万7,600円(月月割で1万1,520円)
64GB 6万7,200円(月月割で2万1,120円)

基本料金
ホワイトプラン(i) 980円/月(1〜21時でソフトバンク間の通話無料、ソフトバンク宛SMS・MMS無料)

パケット通信料
パケットし放題フラット 4,410円/月

Web利用料
S!ベーシックパック(i) 315円/月

・ソフトバンク[標準プライスプラン]

端末料金
16GB 4万6,080円(月月割で1万1,520円)
32GB 5万7,600円(月月割で2万3,040円)
64GB 6万7,200円(月月割で3万2,640円)

基本料金
ホワイトプラン(i) 980円/月(1〜21時でソフトバンク間の通話無料、ソフトバンク宛SMS・MMS無料)

パケット通信料
パケットし放題 for スマートフォン 1,029〜4,410円/月

Web利用料
S!ベーシックパック(i) 315円/月

その他
アレ コレ ソレ キャンペーン」で、iPad 2 Wi-Fi+3Gモデル同時購入で通信量100MBまで無料
実質無償機種変更キャンペーン」で、iPhone 3G/iPhone 3GSユーザの分割支払金の残額免除

2011/10/10 追記
「実質無償機種変更キャンペーン」で、残額が無い人や6,000円未満の人は、一律6,000円のキャッシュバックがもらえることに変更になりました。

ということで、金額面だけみれば圧倒的にソフトバンクの方が有利ですね。

新規取り扱いということでauには期待したのですが、とりあえずもう2年ソフトバンクでいきますか。

スティーブ・ジョブズ氏が死去

アップルが、スティーブ・ジョブズ会長が死去したことを発表しました。

追悼 Steve Jobs
http://www.apple.com/jp/stevejobs/

ジョブズ氏といえば、1ヶ月ほど前にCEOをティム・クック氏に譲り、会長職に就いたところですが、すでにギリギリの状態だったわけですね。

詳しい死因などはまだ発表されていませんが、長年アップル製品を愛用していただけに残念です。

ご冥福をお祈りします。