Webサイト制作会社に依頼する時の注意

Webサイト(ホームページ)をオープンしたいという時に、自社で作ることができない場合は制作会社に依頼する方も多いかと思います。

Studio Pumpkinheadは依頼を受ける側の立場ですが、その際に余りにも不勉強な状態で来られるお客様も多かったりします。

よくわからないから丸投げというパターンも多いですが、そうするとコッソリと制作会社が都合良い状態で仕込んだり、後で弊害が出てくるパターンもあるので、最低でもこのぐらいはチェックしておく方が良いですよという点について書いておきたいと思います。

ちなみにStudio Pumpkinheadは、そんなことしませんのであしからず。

1. サーバー、ドメイン、SSLの契約は自分で

サーバー、ドメイン、SSLの契約自体は、特に専門知識など無くても簡単にWebフォームから申し込むことができます。

ここを丸投げしてしまうと、制作会社の名義で登録されて、支払いも制作会社を通すパターンにされ、更新時に高額な手数料を乗せられたり、後で制作会社を変更したいと思っても逃げにくくなったりするケースがあります。

サーバーの契約は、小規模なサイトだと「さくらインターネット」「CORESERVER.JP」、ある程度、規模の大きいサイトだと「Amazon Web Services」「Windows Azure」など。

ドメインは「お名前.com」「VALUE DOMAIN」、SSLは「GeoTrust」「RapidSSL」などで申し込めば難しくないので自分で行いましょう。

特にドメインは重要で、「Google」「Bing」など検索エンジンから、これを元にサイトの評価が付くので、自分の名義でシッカリ管理しておくようにしましょう。

どうしてもよくわからない場合は、代理契約してもらうことになりますが、この際にも誰の名義になっているのかチェックしておいてください。

2. SEO対策は後から付け足すものではない

SEO対策を行う際に、サイト完成後に「SEO対策を行いますか?」と聞いてくるようなら注意してください。

SEO対策には、「Google」「Bing」などの検索エンジンのガイドラインに沿って、サイトの評価を高めていくホワイトハットと言われる手法と、ガイドラインに違反して、実際の評価より高い順位で表示させようとするブラックハットと言われる手法があります。

ガイドラインに違反したブラックハットでSEO対策を行うと、「Google」「Bing」などからペナルティを与えられ、検索結果からサイトを削除される可能性があります。

ホワイトハットでSEO対策を行う場合は、設計段階から組み込んでいく必要があるので、後から聞かれた場合はブラックハットを導入しようとしているケースが多いです。

また、もし制作会社とは別に、SEOコンサルタントに依頼することを考えているのならば、事前の打ち合わせ、設計段階から参加してくれる人にしましょう。

3. 100%の完成度よりもスケジュール優先

Webサイトに100%というものはありません。

100%の完成度を目指して、いつまでもサイトがオープンできない状態になると、売上もいつまで経っても入って来ません。

まずは規模の大きなサイトでも、3ヶ月の制作期間を目処にして、その間でできることを考えましょう。

Webの良いところは、オープン後でもいつでも改変、追加できるところなので、計画があるならオープン後の予定を立てておけば良いことです。

もし事前の予想に反して、サイトがイマイチ盛り上がらない場合でも、すぐに路線変更できるようにしておくことが重要です。

4. 仕様書をもらっておく

頼んだ制作会社がイマイチだった場合、サイトのオープン後に会社を乗り換えたいケースもあるかと思います。

その際、仕様書がないと引き受け先の会社に断られたり、余分な費用がかかったりするケースがあります。

仕様書というのは、技術者が制作する際にとても重要な説明書きですので、これが無いと引き継ぎがうまくいかない可能性があります。

仕様書といっても種類が多いので、イマイチよくわからないかもしれませんが、最低でもデータベース(DB)仕様書は必需品になりますので、これは確保しておくようにしましょう。

5. Web業界はゼネコン+下請けのケースも多い

Web制作を請け負っている会社でも、自社で制作しているとは限りません。

Web業界は建設業界に似ていると言われており、ゼネコン(元請負者)と、実際に制作する下請け会社の構図になっているケースも多いです。

依頼者が下請け会社から派遣されてきた人に対して直接、制作指示を出すことは、職業安定法、労働者派遣法に抵触する偽装請負に当たることになるので、必ず元請負者を通す伝言ゲームのような形にしておかなければいけません。

違反していても知らなかった場合、依頼者が罪に問われることはないですが、なるべくトラブルを避けたい場合は、事前に確認するか、自社で制作していると確信できる会社に依頼した方が良いかもしれません。

とはいえ、これを見抜くのは難しいのですが、たとえば制作担当者の名前でGoogle検索をしてみたり、Facebookで探してみたりすると、意外に調べることができるかも。

ちなみにStudio Pumpkinheadは、Webデザイン以外は自社制作してますよ。

…ということで、もしWebサイトの制作会社に依頼しようと考えている方は、上記の点ぐらいはチェックしておく方がよろしいかと思います。

ローソンが公衆無線LANサービスを発表

ローソンが2012年4月末までに、全店舗に公衆無線LANサービス「LAWSON Wi-Fi」を導入することを発表しました。

利用条件は、ローソンが加盟しているポイントカード「Ponta」の会員登録をしていることで、料金は無料。

ただし、4月末までに導入されるのは「au Wi-Fi SPOT」で、「docomo Wi-Fi(旧Mzone)」「ソフトバンクWi-Fiスポット」については8月末までに導入を予定しているとのこと。

コンビニの無線LANサービスといえば、すでにセブン・イレブンセブンスポット」、ミニストップ「ソフトバンクWi-Fiスポット」などもありますが、これほど広範囲に対応してきたのはローソンが初めてですね。

今までは街中で無線LANが必要な時は、マクドナルドモスバーガースターバックスなど飲食店を探すことが中心でしたが、これからはコンビニも選択肢に入りそうです。

できれば他社も追随して欲しいところですが。

イー・モバイルが高速通信サービス「EMOBILE LTE」を3/15より開始

イー・モバイルがLTEを利用した高速通信サービス、「EMOBILE LTE」を3/15より開始することを発表しました。

通信速度は、一部エリアが下り最大75Mbps/上り最大25Mbpsで、それ以外が下り37.5Mbps/上り12.5Mbpsとのこと。

サービス開始当初のエリアは各主要都市のみの対応となっていますが、対象エリアから外れる場合は下り42Mbps/上り5.8Mbpsの「EMOBILE G4」に切り替えて使えるようです。

一部エリアがどこまでかは詳細が記載されていないので、まぁこれはごく狭い範囲と考えておく方が良さそうですかね。

料金は3,880円/月の「LTEフラット」が用意されており、とりあえず「EMOBILE G4 データプラン」から料金据え置きの形です。

それと対応端末は、モバイルルータ・タイプで「Pocket WiFi LTE(GL01P)」「Pocket WiFi LTE(GL02P)」、USBタイプで「GL03D」がそれぞれ発表されています。

「GL01P」の方はmicroSDカードが差せるようになっているので、無線LAN経由でファイルのバックアップなども行えることになります。

これでNTTドコモXi」、auWiMAX」、ソフトバンクSoftBank 4G」と来て、イー・モバイルの参入でさらに選択肢が増えましたね。

まぁ実測値などは、今後の情報をチェックしてみないとわからないところですが。

日本通信が3/1より「b-mobile 基本料0円SIM」を発売

日本通信ヨドバシカメラと提携して、3/1より「b-mobile 基本料0円SIM」を販売開始するそうです。

「b-mobile 基本料0円SIM」は店頭かヨドバシ.comで購入でき、パッケージは3,150円。

利用料金は、〜100MBまでが37.8円/1MB、以降の1GBまでは3,780円で固定され、1GBに達すると通信が停止されるとのこと。

使いきった場合は月途中でチャージも可能なようですが、まぁでもチャージしてまで使うと高くつくので、1ヶ月3,780円で1GBまで使えるSIMカードと考えておくのが妥当ですかね。

ちなみにb-mobileのラインナップには、1GBまで3,480円(チャージは3,100円)で利用できる「b-mobile 1GB定額」もあるので、それと比べるとやや割高な印象もありますが、利用しない月は0円になるというメリットもあります。

b-mobileのプランはかなり多種多様ありますが、どれも一長一短なので、どれが自分に合っているのかよく検討してから決める必要がありますね。

ソフトバンクが2/24よりSoftBank 4Gサービスを開始

ソフトバンクが、下り最大110Mbps/上り最大15Mbpsの高速通信サービス「SoftBank 4G」を2/24より開始すると発表しました。

料金プランは「4Gデータし放題フラット」が用意されており、5,985円/月で5Gバイトまでの通信量が高速、それを超えた場合は128kbpsの低速通信に切り替わるようです。

なお4/30までは「4Gデータ通信スタートキャンペーン」で4,980円/月、すでにスマートフォンなどを契約していて追加で「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」を購入する場合は「スマホセット割」で3,880円/月となります。

ソフトバンクの高速通信サービスといえば、以前より「ULTRA SPEED」が提供されていますが、こちらは下り42Mbps。

NTTドコモXi」が下り75Mbps、au+WiMAX」が下り40Mbps、イー・モバイルEMOBILE G4」が下り42Mbpsなので、頭ひとつ抜けだしたような感じですね。

ただ、いくつか注意点もあり、専用端末「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」が下り76Mbps/上り10Mbpsまでしか対応していないことと、サービスエリアがまだ狭くて各地の主要な地域でしか利用できないことなどがあります。

「SoftBank 4G」のエリアから外れる場合は、自動的に「ULTRA SPEED」に切り替わりますが、まぁこういうサービスは移動の多い人向けだったりしますからね。

とりあえず実測値を見てみないとわからないところあるので、しばらくは様子見でしょうか。

サーバ間で相互にフォルダをシンクロ

久しぶりにサーバ構築時に大ハマリしたので、また技術メモです。

今回はrsynclsyncdを使って、異なるサーバ間で相互にファイルを同期する方法。

まずは、何はともあれインストールから。
(lsyncdが見つからない場合は、EPELのリポジトリを追加)

yum -y install xinetd*
yum -y install rsync*
yum -y install lsyncd*

次は、rsyncの設定ファイルを作成します。

vi /etc/rsyncd.conf

pid file = /var/run/rsyncd.pid
[exsample]
path = /home/server1/img_dir #同期するディレクトリ
log file = /var/log/rsyncd.log
read only = false
list = true
uid = apache
gid = apache
hosts allow = 192.168.0.2 #別サーバのIPアドレス

lsyncdの設定ファイルも作成。
(何故かsettingsの最後の配列がカンマで終わっていますが、公式サイトの通りにしています)

vi /etc/lsyncd.conf

settings = {
logfile = “/var/log/lsyncd.log”,
statusFile = “/tmp/lsyncd.status”,
nodaemon = false,
}
sync {
default.rsync,
source = “/home/server1/img_dir/”, #同期するディレクトリ
target = “192.168.0.2:/home/server2/img_dir/”, #別サーバのIPアドレスとディレクトリ
rsyncOps = “-ltus”
}

あとlsyncdの起動スクリプトも自前で用意しないといけません。

vi /etc/rc.d/init.d/lsyncd

#!/bin/bash
#
# lsyncd
#
# chkconfig: – 99 20
# description: lsyncd auto start script
start() {
/usr/bin/lsyncd /etc/lsyncd.conf
}
stop() {
/bin/kill -9 `/sbin/pidof lsyncd`
until [ -z $(/sbin/pidof lsyncd) ]; do :; done
}
case “$1” in
start)
start
;;
stop)
stop
;;
restart)
stop
start
;;
status)
pid=`pidof lsyncd`
if [ $? -eq 0 ]; then
echo “lsyncd (pid $pid) is running…”
else
echo “lsyncd is not running”
fi
;;
*)
echo “Usage: lsyncd {start|stop|restart|status}”
exit 1
esac
exit $?

次に秘密鍵と公開鍵を作成します。
(途中で聞かれる質問は空でENTER)

ssh-keygen -t rsa -N “”

実行後に作成される秘密鍵「/root/.ssh/id_rsa」と公開鍵「/root/.ssh/id_rsa.pub」のうち、公開鍵の内容を別サーバの「/root/.ssh/authorized_keys」に記載します。

すでに「/root/.ssh/authorized_keys」ファイルが存在している場合は、元の内容を残したまま、改行して次の行に追記します。

それと、SSHのPermitRootLoginをwithout-passwordに変更。
(without-passwordはリモートでrootログインする際にパスワードはNG、公開鍵はOKということ)

vi /etc/ssh/sshd_config

PermitRootLogin forced-commands-only

#PermitRootLogin forced-commands-only
PermitRootLogin without-password

sshdを再起動。

/etc/rc.d/init.d/sshd restart

xinetdとlsyncdを起動。

/etc/rc.d/init.d/xinetd start
/etc/rc.d/init.d/lsyncd start

xinetdとrsyncとlsyncdを起動項目に追加。

chkconfig xinetd on
chkconfig rsync on
chkconfig –add lsyncd
chkconfig lsyncd on

という作業を、対象のサーバすべてに行うことで、相互にファイルがシンクロされるようになります。

ちょっと気をつけることとして、lsyncdを起動した段階でシンクロが開始されるので、設定を全部終わらせてから最初にシンクロ元になるサーバから起動していきましょう。

2012/01/20 追記
rsyncは873ポートで通信しますので、ルータやiptablesを設定している場合は開けておきましょう。


Ubuntuベースのテレビが登場

米Canonical社が、Linuxの人気ディストリビューション「Ubuntu」をベースにしたテレビ「Ubuntu TV」を発表しました。

機能的には通常のテレビ放送や、インターネット上の動画サービス、ストリーミング・サービスなどを横断的に検索、視聴できるというもの。

最近のテレビ分野といえば、GoogleAndroidをベースにした「Google TV」や、アップルも近々参入するのではという噂もあるぐらいで、新たなプラットフォーム争いが生まれそうなジャンルではあります。

ただ米国で「Google TV」を採用した、SonySony Internet TV」やLogitechRevue」については、今のところ芳しくない評価。

操作画面やリモコンが複雑になり過ぎたため、既存のテレビよりも扱いが難しいことが受け入れられない原因となっています。

実際、「Ubuntu」を採用したことでどれぐらいメリットがあるのかは未知数なので、まぁ今後の追加情報をチェックしたいところです。

あと、日本では発売されるのかな?

ソニーストア