Windows XP終了でのメリット

マイクロソフトが4/8にWindows XPのサポートを終了するため、ネット上では使い続けることの危険性や、増税のタイミングも重なって買い替えユーザへの宣伝が飛び交っています。

まぁその事について同じことを書いてもしょうがないので、逆にWindows XPが無くなることでどんなメリットがあるのかを調べてみました。

  1. HTML5に完全移行できる

HTML5に対応しているWebブラウザが、Internet Explorer(IE) 9Google Chrome 3.0Firefox 3.1Safari 3.0Opera 9.6以上。

IE以外のブラウザについては早い時点でHTML5に対応していたので、現在は問題ないかと思いますが、厄介なのがIEで、Windows XPでの最終バージョンがIE8となっています。

Windows VistaではHTML5に対応したIE9へのバージョンアップが可能なので、HTML5へ移行しても問題ない状態になるかと思います。

  1. 1つのIPアドレスで複数のSSL証明書が使える

Apache 2.2.12以降ではServer Name Indication(SNI)を使うことで、1つのIPアドレスで複数のSSL証明書を割り当てることができるようになりました。

ただWindows XPには非対応だったため、せっかくの機能もほとんど利用されることはありませんでした。

Windows XPが無くなることで、SSLを導入する際のコストも下がり、枯渇しそうなIPv4アドレスの節約にもなります。

  1. Office 2003形式で保存しなくて済む

Windows XPと同時にサポートが終了するのが、Office 2003。

ドキュメントを送る際、Office 2007形式のdocxやxlsxで送った時に、Office 2003を使っているからdocやxlsで送り直してくれと面倒くさいことを言われることが無くなります。

Office 2007形式の場合、大容量のデータに対応しており、圧縮率も高いのでファイルサイズの節約にもなります。

と、こんなところでしょうか。

まぁ実際は、それでも使い続ける企業は多いでしょうから、そうすんなりとはいきませんが、もしWindows XPが無くなればこういうメリットがあるということで。

Windows 8.1 Previewを試してみた

マイクロソフトが開発者向けイベント「BUILD 2013」で、「Windows 8.1 Preview」「Visual Studio 2013 Preview」を公開しました。

ということで、さっそく試してみることに。

さすがにメイン機の「Vaio L」にインストールするのは気が引けたので、サブ機の「dynabook R822」に入れようとしたところ、アップグレードはできるのですが、Windows UpdateをかけるとWindows自体が起動しないという事態が。

調べてみても、さすがにリリースされたばかりのOSなので、まったく情報が見つからず…

しょうがないので、「Windows 8」に搭載されている仮想環境「クライアント Hyper-V」にインストールしてみたところ、うまく動作してくれました。

Windows 8.1 Preview01
↑起動中の画面は窓から魚のイメージに

Windows 8.1 Preview02
↑下部にアプリ一覧への矢印リンクが表示されるようになりました

Windows 8.1 Preview03
↑アプリ一覧画面では並び替えができるように

「Windows 8.1」起動後は今まで通りスタート画面から始まりますが、設定を変えるとデスクトップ画面から始めることも可能に。

Windows 8.1 Preview04
↑ツールバーのプロパティを開くと、スタート画面の設定も行えるようになっています

それと、ついでに「Visual Studio 2013」もインストールしてみました。

Windows 8.1 Preview05
↑画面右上に、常にMicrosoft アカウントが表示されるようになっています

Internet Explorer」は、バージョンアップされて11になっています。

Windows 8.1 Preview06
↑スクロールが滑らかになり、けっこうキビキビ動いてくれます

Windows 8.1 Preview07
↑ストアアプリ版は、画面分割と組み合わせて、ウインドウを並べることもできます

Windows ストア」については、大幅にリニューアルされています。

Windows 8.1 Preview08
↑カテゴリごとの表示から、ランキング中心の表示に変わりました

Windows 8.1 Preview09
↑アプリの詳細画面では、一画面で情報がまとめられています

感想としては、「Windows 8」と比べて大きく変わったわけではありませんが、細かい部分で使い勝手を向上させたという印象ですね。

「Windows 8」のセールス不振を受けて、「Windows 8.1」で元のスタイルに戻すのかと思われましたが、基本的にマイクロソフトは方向性を変えるつもりはないようです。

まぁどっちにしろ、あと1年足らずで「Windows XP」のタイムリミットが来るので、それに合わせて移行時のハードルをやや下げたというところでしょうか。

ソニーストア

東芝ダイレクト

アドビがCreative Suiteを廃止してCreative Cloudに完全移行

アドビが「Adobe MAX 2013」の基調講演で、Creative Suiteシリーズを終了して、Creative Cloudに一本化することを発表しました。

Creative Suiteは現在CS6が最新版で、パッケージ版と月額契約のサブスクリプション版で提供されていますが、次のバージョンからはパッケージ版が廃止されるとのこと。

また各ソフトウェア群も、それぞれ「Photoshop CC」「Illustrator CC」などに名称が変更され、6/17から提供開始となるようです。

Creative Cloudの月額料金については、個人が8,400円/月(1年契約で5,250円/月)、法人が1人につき7,350円/月。

また7/31までは初年度のキャンペーン価格として、個人で現在CS6を利用している人は2,310円/月、CS3~CS5ユーザは3,150円/月、法人でCS3以降は4,200円/月で提供されるとのこと。

ちなみに個人の場合は、アドビストアで契約する以外に店頭でダウンロードカードを購入するという方法もあるので、Amazonなどで購入しておけば若干は安くなる感じでしょうか。

あるいは特定のソフトを一時的に利用するだけなら、1ソフトにつき2,310円/月(キャンペーン価格は1,050円/月)で契約するという手もあります。

それと現バージョンを最後に「Fireworks」については開発終了になるとのこと。

2005年にアドビがマクロメディアを買収したことで、「GoLive」「LiveMotion」「FreeHand」と、機能がダブるソフトについては不人気な方を廃止してきましたが、ここでついに「Fireworks」もお役御免となったようです。

まぁ正直、アドビが市場シェアを押さえているのは「Photoshop」「Illustrator」「InDesign」「Dreamweaver」ぐらいなので、不要なソフトをセットにして料金を釣り上げるのは嬉しくないところなんですけどねぇ。



Video streaming by Ustream

日本通信がAmazon限定で「b-mobile4G」を販売開始

日本通信Amazon.co.jp限定で、NTTドコモの通信網Xi/FOMA両対応のSIMカード「b-mobile4G」を販売開始しました。

「b-mobile 4G」は500MBまでが月額1,980円で使えるというもので、使いきった後も同額で500MBを追加チャージできますが、余ったパケットは月の繰り越しができないことになっています。

日本通信は、すでによく似た商品として「カメレオンSIM」も販売していますが、こちらは3GBが5,800円(チャージは5GBが5,400円)なので、使用量に合わせて選べば良いということですね。

まぁ現実的なところで500MBというのは、動画の閲覧やゲームアプリのダウンロードなどに使うとあっという間に使い切ってしまうので、メールやテキスト主体のWebサイト閲覧ぐらいで使う人向けというところでしょう。

ただLTEでの通信はまだ料金が高いので、こういった制限はあるが低価格の商品が出てきたということは、今後につながる可能性はありますかね。

ソフトバンクとペイパルが合弁会社PayPal Japanを設立

ソフトバンク米PayPal社が、合弁会社「PayPal Japan」を設立することを発表しました。

ソフトバンクとペイパルが合弁会社を設立~グローバルモバイル決済ソリューション「PayPal Here」を発表中小規模事業者における、クレジットカードやデビットカード、PayPalによる決済を実現~ | ソフトバンク株式会社
http://www.softbank.co.jp/ja/news/press/2012/20120509_01/

事業内容としては、スマートフォンに専用カードリーダーを装着することで、クレジットカード決済を可能にする「PayPal Here」を展開していく模様で、主に店舗向けに導入を進めていくようです。

店舗がクレジットカード決済を導入するには、クレジットカード会社の審査や、支払日までのブランクができたりして難しい面もありますが、「PayPal Here」では1,200円のカードリーダーを購入するだけで手軽に導入でき、5%の決済手数料で即日の代金受け取りが可能な点が特徴となっています。

ちなみにPayPalといえば、世界的に利用されている決済サービスですが、日本では商取引以外での送金業務が法律で禁止されていたり、利用できるWebサイトが少ないことでイマイチ普及していない状態。

これを機会にECサイトなどでも対応してくるところが増えるでしょうから、今後はPayPalユーザの拡大にもつながるかもしれませんね。

まぁ簡単にカードリーダーを購入できるということは、逆に利用者側にセキュリティ面での不安もありますが、新たな決済方法が選択できるのには期待したいところです。

Googleがオンラインストレージ「Google Drive」公開

Googleがオンライン・ストレージ・サービス「Google Drive」を公開しました。

無料で5GBまで利用でき、有料で25GB~16TBまで拡張が可能となっているようです。

オンライン・ストレージといえば、以前からDropboxSugarSyncなどが人気で、最近ではマイクロソフトSkyDriveをバージョンアップして、自動でデバイス間のシンクロ機能を追加しています。

Google Driveならではの機能としては、Gmail/Google+/Googleドキュメントなどからファイルを呼び出せたり、画像に埋め込まれた文字を自動検出して検索できたり、Photoshop/Illustratorファイルをプレビューできたりということでしょうか。

後発だけに、優位性のアピールが凄いですね。

なお、これと同時にGmailも7.5GBから10GBまで容量が拡張されています。

それにしても、無料というかフリーミアムのオンライン・ストレージ・サービスがこれほど出揃ってくると、全部使えばけっこうな保存領域になるので、有料プランの契約は必要なさそうですね。

まぁ気をつけるのは、うっかり機密情報を公開フォルダに置かないようにということでしょうか。


auが絵文字デザインをNTTドコモと統一

au絵文字のデザインを、NTTドコモ絵文字と共通化することを発表しました。

メールサービスにおける事業者間の絵文字の共通化に向けた取り組み | 2012年 | KDDI株式会社
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2012/0418c/

実施時期は5月以降ということで、au以外にもイー・モバイルも参加しており、ウィルコムも発表はないけれどもすでに実施しているとのこと。

まぁ要は、ソフトバンクモバイル以外は絵文字のデザインが統一されるということですね。

ただ元々、auの絵文字は822種類あり、NTTドコモは252種類。

今回、共通化したのは213種類で、それ以外の434種類をリニューアルという形になっており、対応機種は2012年夏モデルからということ。

う〜む、統一しようという考え方は良いのですが、何とも中途半端な導入になっているので、携帯サイト作成者にとっては困った事態ですね。

例えば、機種ごとにWebサイトの見え方が異なったり、独自に絵文字変換プログラムを導入している場合は見直しを入れる必要がありそうです。

どうせなら開発者向けに、変換ライブラリも提供してくれると嬉しいところなんですが。

au直営ファッション通販 au one Brand Garden

Webサイト制作会社に依頼する時の注意

Webサイト(ホームページ)をオープンしたいという時に、自社で作ることができない場合は制作会社に依頼する方も多いかと思います。

Studio Pumpkinheadは依頼を受ける側の立場ですが、その際に余りにも不勉強な状態で来られるお客様も多かったりします。

よくわからないから丸投げというパターンも多いですが、そうするとコッソリと制作会社が都合良い状態で仕込んだり、後で弊害が出てくるパターンもあるので、最低でもこのぐらいはチェックしておく方が良いですよという点について書いておきたいと思います。

ちなみにStudio Pumpkinheadは、そんなことしませんのであしからず。

1. サーバー、ドメイン、SSLの契約は自分で

サーバー、ドメイン、SSLの契約自体は、特に専門知識など無くても簡単にWebフォームから申し込むことができます。

ここを丸投げしてしまうと、制作会社の名義で登録されて、支払いも制作会社を通すパターンにされ、更新時に高額な手数料を乗せられたり、後で制作会社を変更したいと思っても逃げにくくなったりするケースがあります。

サーバーの契約は、小規模なサイトだと「さくらインターネット」「CORESERVER.JP」、ある程度、規模の大きいサイトだと「Amazon Web Services」「Windows Azure」など。

ドメインは「お名前.com」「VALUE DOMAIN」、SSLは「GeoTrust」「RapidSSL」などで申し込めば難しくないので自分で行いましょう。

特にドメインは重要で、「Google」「Bing」など検索エンジンから、これを元にサイトの評価が付くので、自分の名義でシッカリ管理しておくようにしましょう。

どうしてもよくわからない場合は、代理契約してもらうことになりますが、この際にも誰の名義になっているのかチェックしておいてください。

2. SEO対策は後から付け足すものではない

SEO対策を行う際に、サイト完成後に「SEO対策を行いますか?」と聞いてくるようなら注意してください。

SEO対策には、「Google」「Bing」などの検索エンジンのガイドラインに沿って、サイトの評価を高めていくホワイトハットと言われる手法と、ガイドラインに違反して、実際の評価より高い順位で表示させようとするブラックハットと言われる手法があります。

ガイドラインに違反したブラックハットでSEO対策を行うと、「Google」「Bing」などからペナルティを与えられ、検索結果からサイトを削除される可能性があります。

ホワイトハットでSEO対策を行う場合は、設計段階から組み込んでいく必要があるので、後から聞かれた場合はブラックハットを導入しようとしているケースが多いです。

また、もし制作会社とは別に、SEOコンサルタントに依頼することを考えているのならば、事前の打ち合わせ、設計段階から参加してくれる人にしましょう。

3. 100%の完成度よりもスケジュール優先

Webサイトに100%というものはありません。

100%の完成度を目指して、いつまでもサイトがオープンできない状態になると、売上もいつまで経っても入って来ません。

まずは規模の大きなサイトでも、3ヶ月の制作期間を目処にして、その間でできることを考えましょう。

Webの良いところは、オープン後でもいつでも改変、追加できるところなので、計画があるならオープン後の予定を立てておけば良いことです。

もし事前の予想に反して、サイトがイマイチ盛り上がらない場合でも、すぐに路線変更できるようにしておくことが重要です。

4. 仕様書をもらっておく

頼んだ制作会社がイマイチだった場合、サイトのオープン後に会社を乗り換えたいケースもあるかと思います。

その際、仕様書がないと引き受け先の会社に断られたり、余分な費用がかかったりするケースがあります。

仕様書というのは、技術者が制作する際にとても重要な説明書きですので、これが無いと引き継ぎがうまくいかない可能性があります。

仕様書といっても種類が多いので、イマイチよくわからないかもしれませんが、最低でもデータベース(DB)仕様書は必需品になりますので、これは確保しておくようにしましょう。

5. Web業界はゼネコン+下請けのケースも多い

Web制作を請け負っている会社でも、自社で制作しているとは限りません。

Web業界は建設業界に似ていると言われており、ゼネコン(元請負者)と、実際に制作する下請け会社の構図になっているケースも多いです。

依頼者が下請け会社から派遣されてきた人に対して直接、制作指示を出すことは、職業安定法、労働者派遣法に抵触する偽装請負に当たることになるので、必ず元請負者を通す伝言ゲームのような形にしておかなければいけません。

違反していても知らなかった場合、依頼者が罪に問われることはないですが、なるべくトラブルを避けたい場合は、事前に確認するか、自社で制作していると確信できる会社に依頼した方が良いかもしれません。

とはいえ、これを見抜くのは難しいのですが、たとえば制作担当者の名前でGoogle検索をしてみたり、Facebookで探してみたりすると、意外に調べることができるかも。

ちなみにStudio Pumpkinheadは、Webデザイン以外は自社制作してますよ。

…ということで、もしWebサイトの制作会社に依頼しようと考えている方は、上記の点ぐらいはチェックしておく方がよろしいかと思います。

ローソンが公衆無線LANサービスを発表

ローソンが2012年4月末までに、全店舗に公衆無線LANサービス「LAWSON Wi-Fi」を導入することを発表しました。

利用条件は、ローソンが加盟しているポイントカード「Ponta」の会員登録をしていることで、料金は無料。

ただし、4月末までに導入されるのは「au Wi-Fi SPOT」で、「docomo Wi-Fi(旧Mzone)」「ソフトバンクWi-Fiスポット」については8月末までに導入を予定しているとのこと。

コンビニの無線LANサービスといえば、すでにセブン・イレブンセブンスポット」、ミニストップ「ソフトバンクWi-Fiスポット」などもありますが、これほど広範囲に対応してきたのはローソンが初めてですね。

今までは街中で無線LANが必要な時は、マクドナルドモスバーガースターバックスなど飲食店を探すことが中心でしたが、これからはコンビニも選択肢に入りそうです。

できれば他社も追随して欲しいところですが。

イー・モバイルが高速通信サービス「EMOBILE LTE」を3/15より開始

イー・モバイルがLTEを利用した高速通信サービス、「EMOBILE LTE」を3/15より開始することを発表しました。

通信速度は、一部エリアが下り最大75Mbps/上り最大25Mbpsで、それ以外が下り37.5Mbps/上り12.5Mbpsとのこと。

サービス開始当初のエリアは各主要都市のみの対応となっていますが、対象エリアから外れる場合は下り42Mbps/上り5.8Mbpsの「EMOBILE G4」に切り替えて使えるようです。

一部エリアがどこまでかは詳細が記載されていないので、まぁこれはごく狭い範囲と考えておく方が良さそうですかね。

料金は3,880円/月の「LTEフラット」が用意されており、とりあえず「EMOBILE G4 データプラン」から料金据え置きの形です。

それと対応端末は、モバイルルータ・タイプで「Pocket WiFi LTE(GL01P)」「Pocket WiFi LTE(GL02P)」、USBタイプで「GL03D」がそれぞれ発表されています。

「GL01P」の方はmicroSDカードが差せるようになっているので、無線LAN経由でファイルのバックアップなども行えることになります。

これでNTTドコモXi」、auWiMAX」、ソフトバンクSoftBank 4G」と来て、イー・モバイルの参入でさらに選択肢が増えましたね。

まぁ実測値などは、今後の情報をチェックしてみないとわからないところですが。