携帯3社が2013冬~2014春モデルを発表

9/30にソフトバンク、10/2にau、10/10にNTTドコモがそれぞれ、2013冬~2014春モデルを発表しました。

ソフトバンクは、スマートフォン4機種、フィーチャーフォン2機種、モバイルルータ1機種、スマート体組成計1機種。

スマートフォンについては、大画面、高画質カメラ、大容量バッテリーと手堅く押さえていますが、スペック的にはこれといったインパクトも無い印象。

ただ冬春モデルでは初めて、iPhone向けに提供してきたネットワーク「SoftBank 4G LTE」と、Android向けに提供してきた「SoftBank 4G」が両方使える「Hybrid 4G LTE」を打ち出し、4機種とも対応端末となっています。

まぁエリア的には「SoftBank 4G LTE」の方が圧倒的に広いので、基本的にはiPhoneと同じエリアでAndroid機が使えるようになったと考える感じでしょうか。

auは、スマートフォン6機種、フィーチャーフォン2機種、タブレット1機種、モバイルルータ1機種、フォトフレーム1機種、防犯GPS端末1機種。

auのイチオシとしては、LGエレクトロニクスと共同開発した「isai」、ソニー「Xperia Z1」、サムスン電子「GALAXY Note 3」あたりでしょうか。

特に「GALAXY Note 3」は、同日発売予定の腕時計型端末「GALAXY Gear」と組み合わせて使うこともできるので、要注目ですね。

NTTドコモは、スマートフォン11機種、フィーチャーフォン2機種、モバイルルータ2機種、フォトフレーム1機種。

NTTドコモの目玉機種としては、ソニー「Xperia Z1」「Xperia Z1 f」、サムスン電子「GALAXY Note 3」「GALAXY J」、スクウェア・エニックスとコラボした「SH-01F DRAGON QUEST」。

NTTドコモは「Xperia Z1」だけでなく、日本向けに小型化した「Xperia Z1 f」まで投入していたり、「GALAXY Gear」の対応端末が「GALAXY Note 3」だけでなく「GALAXY J」にも対応と、けっこう力入ってますね。

さらに「ドラゴンクエストX」に対応し、「ドラゴンクエストVIII」がプリインストールされた「SH-01F DRAGON QUEST」も面白いところ。

またモバイルルータ「Wi-Fi STATION L-02F」については、モバイルルータの中で唯一IEEE802.11acに対応しています。

全体としては、ソフトバンク、auは引き続き機種数を絞り込んだ戦略ですが、NTTドコモは手広くラインナップを揃えた印象ですね。

iPhoneではなくAndroidで考えている人は、確かにNTTドコモの品揃えは魅力的ではあるので、これでユーザ流出を食い止めることができるかどうかというところでしょう。


Video streaming by Ustream

Nexus 4が日本でも8/30から発売

LGエレクトロニクスが、日本でも8/30より「Nexus 4」を発売することを発表しました。

発売するのはSIMロックフリーの16GBモデルで、OSには最新のAndroid 4.3を搭載とのこと。

販売チャネルは家電量販店が中心ですが、Amazon.co.jpでも取り扱うようで、価格は49,800円程度になるそうです。

まぁ端末自体は2012年10月に発売されたモデルで、米国のGoogle Playでの価格が349ドルということを考えると、ちょっと時期はハズしたかなぁという気もしますね。

また現在、Googleは米国の開発者向けには「GALAXY S4」のSIMロックフリー・モデルを提供しており、「Nexus 4」は一世代前の機種とも言えそうなところです。

とはいえ、Google自身がOSのアップデートを管理してくれる端末はそれなりに魅力はあるので、アプリ開発者には便利な部分もあるでしょうか。

携帯3社が2013年夏モデルを発表

5/7にソフトバンク、5/15にNTTドコモ、5/20にauが、それぞれ2013年夏モデルとなる新機種を発表しました。

ソフトバンクはスマートフォン6機種、モバイルルーター1機種に加え、「みまもりケータイ3 202Z」「みまもりGPS 201Z」といった安否確認のためだけの端末も投入。

目玉機種としては、5インチ・ディスプレイ、フルセグ・チューナーを搭載した「AQUOS PHONE Xx 206SH」「ARROWS A 202F」あたりでしょうか。

また新サービスとして、クラウド型の健康管理サービス「SoftBank HealthCare」も490円/月で提供されるようです。

まぁソフトバンクは無難に押さえてきた印象なので、6月に発表が噂されている新型iPhoneを見てからでも良いかもしれませんね。

NTTドコモは、スマートフォン10機種、タブレット1機種。

ドコモのツートップと銘打った「GALAXY S4 SC-04E」と「Xperia A SO-04E」がプッシュされており、そこに集約させたいということなのでしょう。

機能的には、フルセグ・チューナー搭載の「ARROWS NX F-06E」も悪くないのですが、やや影になってしまったのは残念ですね。

auはスマートフォン4機種のみ。

厳選したという割には、どの機種もやや中途半端な印象で、こちらも新型iPhoneを待ってからでも良いのではないでしょうか。

サービスとしては、クーポン配信などを追加した「auスマートパス」、初心者向けに設定サポートを行う「auスマートサポート」なども用意されました。

全体的な印象としては、ソフトバンクとauが新型iPhoneを軸にしながらAndroidを揃えてきた感じで、NTTドコモがGALAXYとXperiaでそれに対向する構図でしょうか。

まぁNTTドコモは過去に「DoCoMo2.0」で大失敗してるので、今回の「ツートップ」のように大言を吐いた時は、それが前フリになる可能性も高いのですが。

Googleが「Google I/O」で新サービスを発表

Googleが開発者向けイベント「Google I/O」の基調講演で、新サービスをいくつか発表しました。

まずはAndroid向けに、ゲームのソーシャル・サービス「Google Play game services」。

iOS/OS Xでは「Game Center」、Windowsでは「Xbox LIVE」といった友達とスコアを競う機能がありますが、これでやっとAndroidにも同等のサービスが用意されることになります。

続いて、開発者向けツールとして「Android Studio」もベータ公開されました。

今までは、オープンソースのIDE「Eclipse」と「Android SDK」を組み合わせて開発するスタイルが推奨されていましたが、これでAndoridアプリ開発に特化したツールが用意されたわけです。

それと月額9.99ドルで、音楽が聞き放題となる「Google Play Music All Access」。

こちらは既存のクラウド保存できる「Google Play Music」のサービスですら提供されていない日本ではちょっと難しそうですね。

それから開発用の端末としては、SIMロックフリー、管理者権限で実行可能な状態のサムスン製「Galaxy S4」が提供されるようです。

発売は6/26から649ドルとなっており、Google Play Storeを通じての提供となるようですが、日本でも購入可能なのかが気になるところです。

まぁ開発者ではなく「Galaxy S4」を欲しいなら、NTTドコモ経由で「はじめてスマホ割」「ありがとう10年スマホ割」などを使って買う方が、断然安く買うことができるとは思いますが。

あとは「Google+」に搭載されている「ハングアウト」が強化されていたり、「Google Now」でiOSで言うところの「Siri」のように会話できたり、「Google マップ」に3D表示機能が追加されたりと、既存のサービスのバージョンアップも目立ちます。

開発者向けのイベントということで、技術的な話が多いのはわかっていたことですが、それにしても事前予想に比べるとちょっと地味な発表が多かったかなぁ。


トイザらスがAndroidタブレット「MEEP!」を発売

トイザらスが子供向けタブレット「MEEP!」を4/26より、1万4,999円で発売開始するようです。

スペック的には、OSにAndroid 4.0、CPUが1GHz、800×480pxの7インチ・ディスプレイ、4GBのストレージということで、まぁ必要最小限に抑えたってところでしょうか。

重量が450gと軽いので、持ち運びには楽そうですね。

アプリの購入については、専用の「MEEP!ストア」と通常の「Google Play」両方が使えるとのこと。

またキッズ向けということで、親が機能制限できるペアレンタルコントロールや、アプリの購入時に保護者の承認を必要にする機能も用意されているようです。

最近はタブレット端末も教育といった面でも導入が進んではいますが、今のところAndroidのセキュリティ問題や、ゲーム系アプリの高額請求など心配な面もあるかもしれませんね。

まぁでも意外と、大人が自分用に買うのが多かったりするのかもしれませんが。

【トイザらス】MEEP ミープ

ドコモとauが2013年春モデルを発表

NTTドコモauが、2013年春モデルとなる新機種を発表しました。

NTTドコモはスマートフォン9機種、タブレット2機種、モバイルルータ1機種、auはAndroidスマートフォンの「INFOBAR A02」1機種のみ。

NTTドコモは、ついにラインナップからフィーチャーフォンが消えてしまった形ですが、今モデルのウリとしてはフルHD、Android 4.1モデルの投入。

ディスプレイも5インチのサイズまで登場して、ドンドン端末が大型化していく傾向ですね。

注目の機種としては、折りたたみ式の2画面搭載「MEDIAS W N-05E」、NTTドコモ契約者は1万円以下で購入できるタブレット「dtab」あたりでしょうか。

「dtab」をキャンペーン価格で購入するには、「dビデオ」に半年加入する必要がありますが、同時にセットトップボックス「SmartTV dstick 01」も発表され、これからは動画コンテンツに力を入れていこうという姿勢が見えますね。

auは、INFOBARシリーズの新モデルとして「INFOBAR A02」が発表されました。

今までINFOBARといえば、デザインに凝る代わりに機能はそこそこという印象でしたが、今回はシンプルなデザイン、機能もひと通り揃えたという機種になっています。

1機種のみに絞ったauですが、これはこれでブランド力のある安定した機種として良い感じではないでしょうか。

2012年11月に5年ぶりの純減となったNTTドコモですが、新機種の方向性としては従来の路線を拡大していく形なので、これがどう出るかというところですね。

Yahoo!が「Yahoo!スマホマネージャー」を公開

Yahoo! JAPANが、Windows上でAndroid端末を管理できる「Yahoo!スマホマネージャー」を公開しました。

元々は「Tapnow」というソフトウェアで、それをYahoo! JAPAN向けにカスタマイズしたものだとか。

「Yahoo!スマホマネージャー」では、端末内のアプリやデータを管理したり、Androidアプリを購入できる「Yahoo!マーケット」、音楽を購入できる「Tapnow ミュージックストア」などが用意されています。

Yahoo!スマホマネージャー01
↑Yahoo!マーケット

Yahoo!スマホマネージャー02
↑Tapnow ミュージックストア

それと「Tapnow ミュージックストア」では、1/21までEXILEの「道」が無料ダウンロードとなっているので、この機会にゲットしておいても良いかもしれませんね。

Androidは今までもPCに接続は可能でしたが、iTunesのような管理ソフトが無かったので、意外と便利なソフトかも知れません。