任天堂がニンテンドー3DSをお披露目

米国ロサンゼルスで開催されているElectronic Entertainment Expo 2010(E3 2010)で、任天堂が3D映像に対応した携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」を公開しました。

E3 Expo: June 15-17 2010
http://www.e3expo.com/

発売日、価格はまだ未定ですが、対応ソフトとして「新・光神話 パルテナの鏡」「nintendogs + cats」を発表、さらに今後は「マリオカート」「スターフォックス」「ペーパーマリオ」なども予定しているとのこと。

また、サードパーティからは「デッドオアアライブ」「メタルギアソリッド」「キングダムハーツ」「レイトン教授」「バイオハザード」「リッジレーサー」「スーパーストリートファイター4」なども予定されています。

一方のソニーは、プレイステーション3の周辺機器として、モーション・コントローラー「PlayStation Move」を発表、日本では10/21から発売予定になっています。

要はWiiリモコンみたいなものですが、対応ソフトのうち「Sports Champions」が同梱版としてリリースされるようです。

そしてマイクロソフトは、6/24からXbox 360の価格を2万9,800円に値下げすることと、ソニーと同じくモーション・コントローラー「Kinect」を発表しています。

まぁザッと見ると、ソニーとマイクロソフトがWiiを後追いしているうちに、任天堂が一歩先んじて3D分野に進出という感じでしょうか。

最近はゲームといえば、アップルiPad辺りもライバルの一つになりそうですが、やはり重要なのはコンテンツ。

サードパーティが、どのプラットフォームを支持するか、ちょっと注目しておきたいですね。

「任天堂がニンテンドー3DSをお披露目」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Studio Pumpkinhead Blog

コメントを残す