iPhone 4発表

アップルが「Worldwide Developers Conference 2010(WWDC 2010)」で、iPhoneの新モデル「iPhone 4」を発表しました。

発売は、日本では6月24日からとのこと。

iPhone 4では新たに、Apple A4プロセッサ、960×640の解像度、フラッシュ付き5メガピクセルカメラ、フロント側カメラ追加、720p HD 30fpsの動画撮影、IPS液晶、IEEE 802.11n、microSIMカード、3軸に対応した傾きセンサー「ジャイロスコープ」などが搭載されています。

また、ビデオ撮影機能の強化に合わせて、動画の編集ができる「iMovie for iPhone」も同時に発表。

それとiPhone 4同士で限定されますが、フロント側のカメラを使ったTV電話「FaceTime」にも対応しました。

キーノートではさらに、「iPhone OS 4」から名称変更した「iOS 4」が6月21日から提供されることも発表されています。

ということで、事前にずいぶん情報流出していましたが、噂通り新型iPhoneが登場しましたね。

機能的にはけっこう順当なハードウェア・スペックの底上げといった感じなので、「iPhone 3G」ユーザはちょうど良い乗り換えのタイミングでしょうが、「iPhone 3GS」ユーザにとっては微妙なところでしょうか。

まぁiPhone 4も当然、国内ではソフトバンクから販売となるでしょうから、何か良い機種変更のプランでもあれば良いですが、普通は月月割が無駄になったり、割賦で購入している人は残額の一括支払いなど、乗り換えデメリットもありますしね。

とりあえず、今回は様子見かなぁ。

コメントを残す