アドビが「Packager for iPhone」の開発を中止

アドビ社が、間もなく発売予定の「Flash Creative Suite 5」で搭載予定だった、iPhoneアプリ書き出し機能「Packager for iPhone」の開発を中止したことを発表しました。

アップルがiPhoneアプリ開発者向けの規約を変更したことが原因ですが、アドビは今後はAndroid携帯向けに注力していくとのこと。

こうなることは予想されていましたが、まぁせっかくなのでCS5が届いたらちょっと試してみようとは思っていたのですが、それも無しになりそうな感じですかね。

とりあえず、これでCS5の魅力は「Photoshop CS5」の新機能と、「Photoshop CS5」「Premiere CS5」「After Effects CS5」が64bitに対応したことぐらいかな。

う~ん、イマイチ魅力のないアップグレードになりましたね。

2010/04/22 追記
「Flash CS5」に「Packager for iPhone」機能は搭載して発売されますが、アップデートは行わないという方針だそうです

「アドビが「Packager for iPhone」の開発を中止」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Studio Pumpkinhead Blog

コメントを残す