くりっく365のセミナーに行ってきました

今回は、外国為替証拠金取引(FX)の取引所となっている「くりっく365」と「ラジオNIKKEI」のスペシャルセミナー「投資力アップ特別講演会」を聞きに、京都シルクホールまで行ってきました。

くりっく365スペシャルセミナー

今回の目玉となっている講師は、森永卓郎氏と杉村富生氏。
昨今を反映してか、両氏とも今回はやや政治寄りな話が多かったようにも感じました。

内容としては、森永卓郎氏は現在の経済状況が江戸時代の初めに近いという見解から、今後はしばらく安定した社会が続くのではとのこと。
あと、菅直人財務大臣の経済音痴ぶりには嘆いていましたね。

杉村富生氏は、次回の参院選で民主党が単独で過半数を取ることが最も重要ということ。
80年代のバブル崩壊後は、単独で過半数を獲得した政権がなかったので、民主党がここで過半数を獲得して改革路線に移れるかどうかが注目とのことです。

また、両氏とも最近の注目ニュースにも触れていました。

アメリカと中国が金融の引き締めに転換したこと、それとギリシャの経済危機についてなど。

中国の預金準備率引き上げについては問題ないとのことですが、オバマ大統領が発表した金融規制強化案についてはNYダウの上値を抑えてしまうだろうとの見通し。

ギリシャについては、EUの連帯感が揺らぐことでユーロの信用を下げることになるので、欧州向けの貿易を行っている企業には厳しいだろうとのことです。

それから、しばらく「くりっく365」についてチェックしていなかったのですが、いつの間にやら取引通貨が増えていたのですね。
ノルウェークローネやスウェーデンクローナ、ポーランドズロチといったマイナーな通貨まで扱っていたので、ちょっと調べてみても面白いかもしれません。

コメントを残す