Google Chrome OSをインストールしてみた

Google社が、2010年にリリース予定のOS「Google Chrome OS」。

現在は開発サイトでソースコードが公開されており、そこからコンパイルすることで利用できますが、ガジェットサイト「gdgt」でビルド済みの仮想ディスクイメージが配布されているので、そちらをインストールして試してみました。

ちなみに仮想環境は、Windowsだと無料のVMware PlayerMacだと有料のVMware Fusion、もしくはWindows/Mac/Linuxなどで利用できるオープンソースのVirtualBoxでも構築することができます。

ということで、今回はVMware Player上にインストール。

Google Chrome OS01
↑Linux扱いでインストールします

起動は非常に早く、起動後はまずGoogleアカウントの入力が促されます。

Google Chrome OS02
↑ログイン画面

ログインすると、Webブラウザ「Google Chrome」が自動的に立ち上がった状態で、すべての作業はその中で行うことになります。

Google Chrome OS03
↑Gmail

Google Chrome OS04
↑Google カレンダー

Google Chrome OS05
↑デフォルトで登録されているチャンネル

Webブラウザ上でできること以外はほとんど無いのですが、一応タスクマネージャーのようなものは確認することができます。

Google Chrome OS06
↑タスクマネージャー

Google Chrome OS07
↑プロセス一覧

他には、右クリックでHTMLソースコードも見ることができました。

Google Chrome OS08
↑HTMLソースコード

使ってみた感想としては、かなり機能が限定され過ぎているだけに、ちょっとWindowsやMacの代わりといった感じではないです。
以前からシンクライアント構想というものはありますが、まだ今の段階ではちょっと厳しいようにも感じるところ。

それと開発途中だからか、試している間に頻繁にフリーズしたので、何回も再起動することになりました。
まぁ起動は早いので、すぐに再開できるのですが…

あと気になった点として、画面の中にシャットダウンのボタンが無いのですが、終了する時は電源ボタンで切るということなのかな?

Mac ソフトのことなら act2.com

コメントを残す