Googleから新サービスが続々と

昨日は「Google日本語入力」をベータ公開したGoogleですが、今日は「Google Public DNS」がベータ公開されました。

このところリリースラッシュが続いていますが、それにしても今まで有料で購入する必要があったサービスをドンドン無料提供しているので、競合他社は冷や汗ものじゃないでしょうか。

「Google日本語入力」の方は、「Microsoft IME」「ことえり」「ATOK」「かわせみ」などに代わる日本語変換ソフトで、変換のための辞書はGoogle検索の統計的なデータに基づいて生成されているとのこと。
Mac付属の「ことえり」はそうでもないのですが、Windows付属の「Microsoft IME」は誤変換が多いので、別途ソフトをインストールしている方も少なくないでしょう。

ちなみに「Google日本語入力」は流行の固有名詞に強いようですが、今のところWindowsの64bit版に対応していないのが残念。

一方の「Google Public DNS」は、ネームサーバを無料で利用できるサービス。

まぁ普通の人はあまり利用しないでしょうが、サーバ管理を行ったり、自宅サーバを立てているような人には、ちょっと便利なのかも。

通常はドメインを取得すると、その業者が用意したネームサーバを利用しますが、先日の某大手ドメインサービスの大規模障害といったこともあるので、その回避先には良いかもしれませんね。

ちなみに、プライマリサーバが「8.8.8.8」、セカンダリサーバが「8.8.4.4」と、かなり覚えやすいIPアドレスになっています。
まるで高級車に付いてるナンバーみたいですね(笑)。

※ちょっと修正

「Google Public DNS」はDNSサーバではなく、リゾルバのサービスだったようです。
ということで、自分のPCからドメイン名解決の参照先として、上記のIPアドレスを設定することになります。

む〜、まぁどっちにしても普通の人は使わないか…

Just MyShop(ジャストシステム)

「Googleから新サービスが続々と」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Studio Pumpkinhead Blog
  2. ピンバック: Studio Pumpkinhead Blog

コメントを残す