Jack Johnson『En Concert』

今日は久しぶりに、ライヴDVDのレビューでも。

2008年のアルバム『Sleep Through The Static』に合わせて行われたジャック・ジョンソンのツアーから、各地のステージの様子をピックアップした作品です。
ちなみに今作はDVD版CD版デジタル配信版とリリースされていますが、今回はDVD版を取り上げることにします。

DVD版では、ドキュメンタリー的な部分も多く含まれており、曲の合間にはジャックがサーフィンを楽しむ様子や、バックステージのやり取りなどが挟まれています。

ジャック・ジョンソンの作品は非常にユル〜い楽曲が多いので、好みが分かれるかもしれませんが、その雰囲気はステージでもそのまま現れています。

1曲目「Sleep Through The Static」から独特のテンポで演奏されており、野外のステージでありながら、まるでスタジオで仲間たちとセッションを楽しんでいるかのような空気感が漂っています。

こういった空気感は正にジャックならではで、広大な客席とのギャップが斬新さすら感じますね。

映像の中でハイライトといえば、Gラヴベン・ハーパーなどゲスト・ミュージシャンとのやり取りになりますが、その中でも秀逸なのは2008年からバンド・メンバーに加わったザック・ギル
DVD版では、彼の作品「Family」のPVもエクストラズとして収録されていますが、本編でも「If I Had Eyes」での彼のおどけ具合が愛嬌タップリです。

そして、そのリラックスした流れは最後の「Better Together」まで続き、観終わる頃にはスッカリ彼らの魅力にハマっているのではないでしょうか。
優しい気持ちになりたい方にはオススメの一品です。

コメントを残す