Beyoncé『Beyoncé』

ビヨンセが12/13に事前の予告なしで、5作目『Beyoncé』をiTunes Storeで世界同時発売しました。

今作はリリース後、iTunes Storeの最高記録となる3日間で80万ダウンロードを達成したことでも話題になり、彼女自身にとって5作続けてのNo.1ヒットも達成。

また本作は、ビジュアルアルバムという形態になっており、オーディオ14曲にビデオ17曲、デジタル・ブックレット付属とデジタル・リリースに最適化された形で配信されているのも面白いところです。

異色なプロモーション戦略で注目度の高い作品となりましたが、ただアルバムの内容はというと、序盤から重い雰囲気が続き、耳に残るようなキャッチーな曲が無いため、イマイチ印象薄い感じでしょうか。

アルバムのリリース後に「XO」、夫のジェイ・Zと共演した「Drunk In Love」のビデオが公開されていますが、今回はあまりシングル・カットは考えていないのかもしれませんね。

まぁ今作は、ビヨンセというトップ・アーティストがリリース形態を大きく変えてきたことで、今後のパッケージ流通を左右するかもしれないという意味で、興味深い作品にはなったことでしょう。

コメントを残す