Eric Clapton『Give Me Strength The ’74/’75 Recordings』

エリック・クラプトンの『461 Ocean Boulevard』『There’s One In Every Crowd(安息の地を求めて)』『E.C. Was Here(エリック・クラプトン・ライヴ)』にボーナス・トラックや未発表曲を加えた、5CD+1ブルーレイのボックス・セット『Give Me Strength The ’74/’75 Recordings』が発売になりました。

この時期のクラプトンといえば、ドラッグやアルコール依存症によって音楽活動が停止しており、3年間の休養の後に発表されたシングル「I Shot The Sheriff」、アルバム『461 Ocean Boulevard』が共に全米1位と、復活を印象づけた時期になります。

本作の内容をザッと解説すると、Disc1は『461 Ocean Boulevard』に、ボーナス・トラック8曲が付属したもの。

ボーナス・トラックのうち、1988年の『Crossroads(アンソロジー)』、1999年の『Blues』、2004年の同作デラックス・エディションなどと被っている楽曲もありますが、「Getting Acquainted」「Getting Acquainted 2 (Too Late)」「Please Be With Me (Acoustic)」「Give Me Strength (Dobro 1)」の4曲が初出。

Disc2は『安息の地を求めて』に、ボーナス・トラック5曲と、シングル「Knockin’ on Heaven’s Door(天国への扉)」のAB面を収録。

こちらは『アンソロジー』と被っている楽曲を除くと、「Burial(埋葬)」「Fools Like Me」が初収録。

Disc3とDisc4が、もともと1枚組で6曲しか収録されていなかった『エリック・クラプトン・ライヴ』を大幅に拡張して、2枚組16曲にしたもの。

ただ大部分は、1983年の『Time Pieces Vol.II ‘Live’ In The Seventies』、1996年の『Crossroads 2 (Live In The Seventies)(アンソロジー2~ライヴ・イン・セヴンティーズ)』で発表済みのトラックで、Disc3の「Crossroads」「I Shot The Sheriff」「Layla(いとしのレイラ)」「Little Wing」のみが初登場となっています。

Disc5が、フレディ・キング『Burglar』へのゲスト参加で、フロリダ州マイアミのクライテリア・スタジオで行われたセッションを収録したもの。

こちらは「Boogie Funk」と「Gambling Woman Blues」フル・レンス・ヴァージョンが初収録となっています。

そしてブルーレイには、『461 Ocean Boulevard』『安息の地を求めて』のサラウンド・ミックスを収録。

ということで、全55曲中12トラックが初登場ということになりますが、これを多いと見るか少ないと見るかは意見の分かれるところでしょう。

まぁ正直、『Slowhand』の35周年アニヴァーサリー・エディションを出した後、70年代のもうひとつの代表作『461 Ocean Boulevard』もボックス・セットとしてリリースしたかったが、尺が足りなかったので『安息の地を求めて』『エリック・クラプトン・ライヴ』とコンパチしたという感じでしょうか。

とはいえ、名作『461 Ocean Boulevard』に、レゲエへ傾倒してジャマイカでレコーディングされた『安息の地を求めて』、ステージで延々とギター・ソロを弾き続ける『エリック・クラプトン・ライヴ』と、クラプトンの一番渋い時期の作品群ではあるので、改めて最新のリマスターで聴き直してみるのも面白いのではないでしょうか。

コメントを残す