Black Sabbath『Live… Gathered in Their Masses』

オジー・オズボーントニー・アイオミギーザー・バトラーの3人で再始動したブラック・サバスが、2013/4/29〜5/1にメルボルンのロッド・レーバー・アリーナで行ったライヴを『Live… Gathered in Their Masses』としてリリースしました。

タイミングとしては『13』発売前になりますが、もちろん新作からの楽曲もセットリストに含まれており、新旧織り交ぜた構成を楽しめるようになっています。

ステージの方はあまり凝った仕掛けなどはなく、純粋にバンドの演奏を楽しむような演出ですが、やはり1曲目の「War Pigs」のイントロが流れだすと感慨深いものがありますね。

ちなみにオープニングで、エアロスミススティーヴン・タイラージョー・ペリーが仲良く並んで座っているシーンが映りますが、こちらも別の意味で安心感を与えてくれたりします。

収録曲も、代表作である『Black Sabbath(黒い安息日)』『Paranoid』と、『13』からの楽曲が多めで、後はバランス良く配置されているので、それなりに納得できる並びではないでしょうか。

代表曲を中心に選曲すると、どうしても1998年の『Reunion』と似た構成にはなりますが、まぁあれから15年経って、今度は映像作品としてリリースされたというところで、今作は意義ある作品だろうと思います。

コメントを残す