Jimi Hendrix『Here My Train A Comin’』『Miami Pop Festival』

ジミ・ヘンドリックスの歴史を綴ったドキュメンタリー作品『Here My Train A Comin’』と、1968年5月28日にガルフストリーム・パークで行われた『Miami Pop Festival』の音源がリリースされました。

『Here My Train A Comin’』では、当時のジミの歩みや心境などが細かく描写されており、ヒストリーものとしてはかなり分かりやすく解説されています。

当初はジミの音楽が理解されず、英国から米国を経てのヒットとなった経緯や、ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス解散後の目まぐるしくバンド・メンバーが入れ替わる展開など、なぜそうなったのかが把握しやすい作品になっていますね。

また本作にはスペシャル・フィーチャーズとして、前述のマイアミ・ポップ・フェスティヴァル、1970年7月17日のニューヨーク・ポップ・フェスティヴァル、1970年9月6日のラヴ&ピース・フェスティヴァル、1967年3月30日のトップ・オブ・ザ・ポップス出演時の映像が収録されています。

特に注目なのは、映像や音声の状態が良くないですが、ジミ最後のライヴとなったラヴ&ピース・フェスティヴァルの映像が出てきたのが興味深いところです。

また、映像ではマイアミ・ポップ・フェスティヴァルは4曲だけしか収録されていませんが、『Miami Pop Festival』の方ではコンサートの全容が把握できる程度に曲数が揃っています。

音源だけ聴いていると、パフォーマンスの出来はまぁまぁかと思っていましたが、『Here My Train A Comin’』を視聴してから聴くと、当時のジミの置かれていた状況などがよく分かって、より理解しやすいのではないでしょうか。

ジミヘン初心者でも、今作を観ると当時の状況が分かりやすいので、取っ掛かりにちょうど良さそうです。

コメントを残す