アップルがiPad Airを発表

アップルが「We still have a lot to cover.」と予告していた新製品発表会で、「MacBook Pro」「iPad Air」「iPad mini」の新モデルを発表しました。

「MacBook Pro」は、CPUに第4世代Core iシリーズ「Haswell」、無線LANに「IEEE 802.11ac」、インターフェイスに次世代規格である「Thunderbolt 2」を搭載し、13インチが134,800円から、15インチが204,800円からとなっています。

また今回からはRetinaディスプレイ、SSDドライブに限定されており、有線LANポートやDVDドライブ、HDDドライブが搭載している旧モデルは13インチのみが継続販売されるようです。

まぁ予想通りの展開ではあるのですが、まだSSDドライブが安くない価格帯だけに、ちょっと悩ましいところではありますね。

それと以前から予告されていた「Mac Pro」は、12月発売で318,800円からということも発表されています。

そして事前の予想通り、本日から「OS X Mavericks」もダウンロード可能となり、価格は無料とのこと。

また同時に「iPhoto」「iMovie」「GarageBand」「Pages」「Numbers」「Keynote」と、主要アプリケーションのMac版iOS版もすべて無料化と大盤振る舞い。

アップルは以前からOS XやiLifeアプリケーションの価格を段階的に引き下げてきましたが、ここにきてついに全部タダにしたわけですね。

「iPad」については、ベゼル部分を大幅にカットしたデザインとなり、名称が「iPad Air」に変更になっています。

CPUは「iPad Air」「iPad mini」ともA7チップ、M7モーションコプロセッサ搭載となり、カメラやモニタ解像度も同じということで、新モデルからはスペックによる差がなくなりました。

価格は「iPad Air」Wi-Fiモデルが51,800円から、「iPad mini」Wi-Fiモデルが41,900円から。

「iPad mini」はRetinaディスプレイ化したせいか、1万円近く値上げになっていますね。

「iPad Air」は旧モデルと比べると130g以上の軽量化なので、けっこう魅力的です。

今年は、ジョブズ後の新プロダクトがいろいろ出てきた年になったので、アップルユーザはそろそろ買い替えの時期になるのでしょうかねぇ。

コメントを残す