携帯3社が2013冬~2014春モデルを発表

9/30にソフトバンク、10/2にau、10/10にNTTドコモがそれぞれ、2013冬~2014春モデルを発表しました。

ソフトバンクは、スマートフォン4機種、フィーチャーフォン2機種、モバイルルータ1機種、スマート体組成計1機種。

スマートフォンについては、大画面、高画質カメラ、大容量バッテリーと手堅く押さえていますが、スペック的にはこれといったインパクトも無い印象。

ただ冬春モデルでは初めて、iPhone向けに提供してきたネットワーク「SoftBank 4G LTE」と、Android向けに提供してきた「SoftBank 4G」が両方使える「Hybrid 4G LTE」を打ち出し、4機種とも対応端末となっています。

まぁエリア的には「SoftBank 4G LTE」の方が圧倒的に広いので、基本的にはiPhoneと同じエリアでAndroid機が使えるようになったと考える感じでしょうか。

auは、スマートフォン6機種、フィーチャーフォン2機種、タブレット1機種、モバイルルータ1機種、フォトフレーム1機種、防犯GPS端末1機種。

auのイチオシとしては、LGエレクトロニクスと共同開発した「isai」、ソニー「Xperia Z1」、サムスン電子「GALAXY Note 3」あたりでしょうか。

特に「GALAXY Note 3」は、同日発売予定の腕時計型端末「GALAXY Gear」と組み合わせて使うこともできるので、要注目ですね。

NTTドコモは、スマートフォン11機種、フィーチャーフォン2機種、モバイルルータ2機種、フォトフレーム1機種。

NTTドコモの目玉機種としては、ソニー「Xperia Z1」「Xperia Z1 f」、サムスン電子「GALAXY Note 3」「GALAXY J」、スクウェア・エニックスとコラボした「SH-01F DRAGON QUEST」。

NTTドコモは「Xperia Z1」だけでなく、日本向けに小型化した「Xperia Z1 f」まで投入していたり、「GALAXY Gear」の対応端末が「GALAXY Note 3」だけでなく「GALAXY J」にも対応と、けっこう力入ってますね。

さらに「ドラゴンクエストX」に対応し、「ドラゴンクエストVIII」がプリインストールされた「SH-01F DRAGON QUEST」も面白いところ。

またモバイルルータ「Wi-Fi STATION L-02F」については、モバイルルータの中で唯一IEEE802.11acに対応しています。

全体としては、ソフトバンク、auは引き続き機種数を絞り込んだ戦略ですが、NTTドコモは手広くラインナップを揃えた印象ですね。

iPhoneではなくAndroidで考えている人は、確かにNTTドコモの品揃えは魅力的ではあるので、これでユーザ流出を食い止めることができるかどうかというところでしょう。


Video streaming by Ustream

コメントを残す