iPhoneを2週間使ってみて…

以前の記事iPhone 3GSのファーストインプレッションを書きましたが、今回はそこから2週間ほど使ってみての感想を書きたいと思います。

さすがに使っていくうちに、いろいろ印象も変わってきましたので、改めてレビューすることにします。

まず全体的な印象ですが、使っていくうちに感じるのは、非常に動作がキビキビとしていて快適だということです。

ガラケーだとボタンを押してから画面が切り替わるまで一瞬、間があったりしますが、それが無いわけです。
もちろんネットワークの反応が遅い時もありますが、無反応状態というものが無いので、心理的なイライラ感は少なく感じます。

それから、前回は文字入力の使い勝手に引っかかっていましたが、慣れてくると割とスムーズに行えるようになりました。
まぁそうはいっても、高速で文字打ちできるわけではないので、メール中心で使う人はちょっと使いにくいかもしれませんね。

次にApp Storeで入手できるアプリケーションについて、有料/無料のものがありますが、ゲーム以外のものは無料のものでもかなり充実しています。
多過ぎて、どうやって選別していこうか迷うぐらいです。

また、アプリケーションだけでなく、Safariでブラウジングした時に、iPhone/iPod touch向けに表示を変えているWebサイトが意外と多いことにも驚きました。
GoogleYahoo!Amazon楽天朝日新聞マイコミジャーナルHot PepperぐるなびMapionSBI証券楽天証券WikipediaYouTubefacebookTwitterBloglinesFlickrなどなど。

それと忘れてはいけないのが、iPodとしての機能。

画面タッチでグラフィカルに操作できることもありますが、さりげなく便利だったのは内蔵スピーカーで再生できることでしょうか。
iPodでは、イヤフォンなどを繋がないと音が聴けませんでしたが、iPhone単体で音が出せるのはなかなかありがたいです。

カメラの性能については、とりあえずギリギリのラインという感じです。

iPhone 3GSになって、オートフォーカスや動画撮影機能が追加されましたが、まぁ特別優れているようには感じません。
それより、App Storeからカメラ関係のアプリケーションを入手して、Webサービスと連携するという使い方が面白いかもしれませんね。

最後に、別売りのTV&バッテリーについてですが、以前の記事ではワンセグを再生できませんでしたが、ソフトバンクショップに持っていくとやはり初期不良だったようで、交換後は無事に視聴できるようになりました。

とはいえ、画質はあまり良くなく、録画予約不可、モニター出力もできないなど、機能的にはイマイチといった印象。
まぁ唯一優れている点は、画面とアンテナが離れているので、アンテナは受信状態が良いところに置いて、映像は手元で視聴できるというところでしょうか。

あと気をつける点として、電池の減りは激しいので、外出時は小まめにロックをかけてバックライトを消したり、無線LANを切ったりする必要はあります。

それと、もちろん電子マネーには対応していませんので、EdynanacoWAONQUICPayなどはカード型で持っておく必要がありますね。

ということで、最初はガラケーとの違いに戸惑いましたが、慣れてくるとかなり別世界なぐらいに快適に使えます。
ちょっと困るのは、App Storeからアプリケーションをダウンロードし過ぎて、どれを削ったら良いかに迷うという贅沢な悩みぐらいでしょうか。

コメントを残す