Microsoft Sculpt Ergonomic Desktopを購入

マイクロソフトが人間工学に基づいて設計したエルゴノミクス製品として、新たに発売した「Sculpt Ergonomic Desktop」を購入してみました。

Microsoft Sculpt Ergonomic Desktop 01
↑パッケージはかなり巨大です

マイクロソフトのハードウェアといえば、過去にも「Natural Ergonomic Desktop」「Touch Mouse」「Arc Mouse」などで奇抜なデザインが話題になりましたが、今回もなかなかの見た目になっています。

Microsoft Sculpt Ergonomic Desktop 02
↑内包物一覧

ちなみにPCとの接続は、マウスの中にワイヤレスレシーバーが内包されており、USBポートが必要になっています。

Microsoft Sculpt Ergonomic Desktop 03
↑電源はそれぞれ、単三電池2本(マウス)、単四電池2本(キーボード)、ボタン型電池(テンキーパッド)

また内包物の中に台座のようなものが入っていますが、こちらはキーボードの下に装着して角度を付けるためのものです。

Microsoft Sculpt Ergonomic Desktop 04
↑装着はマグネットでくっ付けるタイプです

普通はキーボードに角度を付ける時は、奥が高くなるようにするものですが、このキーボードでは奥が低くなるというちょっと変わった仕様。

これも人間工学に基づいた結果なのでしょうか。

Microsoft Sculpt Ergonomic Desktop 05
↑付けない方が使いやすいかも

使い心地としては、キーボードは真ん中でセパレートになっているので、基本的にブラインドタッチができることが前提ですかね。

キーピッチが広いので、ショートカットキー多用派だとちょっと使いにくいかも。

それとEnterキー、Backspaceキー、Deleteキー、矢印キーあたりの位置が独特なので、最初はよく押し間違えてストレスになるかもしれません。

Microsoft Sculpt Ergonomic Desktop 06
↑上からVAIO L付属のキーボード、Wedge Mobile Keyboard、Sculpt Ergonomic Keyboard

マウスの方は、左クリックが中央の位置にあり、左側は親指でWindowsキーと戻るボタンを押すことができるようになっています。

最初は手の置き方に戸惑いますが、慣れるとけっこう楽に使える形かも。

Microsoft Sculpt Ergonomic Desktop 07
↑左からVAIO L付属のマウス、Touch Mouse、Wedge Touch Mouse、Sculpt Ergonomic Mouse

また、上から見るとコンパクトに見えるかもしれませんが、かなり高さがあるのでそれなりの重量になっています。

Microsoft Sculpt Ergonomic Desktop 08
↑手前から見たところ

今回はキーボード、マウス共にかなり異色な製品で、慣れるまでに時間がかかりそうな感じですね。

実際使いやすいかどうかの評価は、もうちょっと時間がかかりそうです。

ソニーストア

コメントを残す