アップルがiPhone 5c、iPhone 5sを発表

アップルが「This should brighten everyone’s day」と予告していたイベントで、「iPhone 5c」「iPhone 5s」を発表しました。

今までiPhoneは一機種のみで発売されていましたが、今回からは「iPhone 5s」と、廉価モデル「iPhone 5c」の二種類で投入されています。

「iPhone 5c」は16GBが99ドル、32GBが199ドル、「iPhone 5s」は16GBが199ドル、32GBが299ドル、64GBが399ドルで、どちらも2年契約が条件となっています(2年契約が無い場合は、それぞれ+450ドル)。

発売は9/20からで、日本ではソフトバンクauに加え、NTTドコモでも取り扱いが始まっています。

今回の新モデルで一番強化された点としては、やはり64bit CPUでしょうか。

64bit用に作られたアプリで大容量のメモリが使用できるようになり、パフォーマンスの向上が期待できますが、ただ32bitの旧機種では使えなくなるので、当面はアップル純正アプリぐらいでしか恩恵は無さそうですが。

また「iPhone 5c」と「iPhone 5s」の違いとしては、カラーバリエーション、ボディの材質、CPUがA6チップかA7&M7チップ、指紋認証「Touch ID」の有り無し、カメラのフラッシュと連写機能の有り無しなど。

「iPhone 5c」は廉価版といえども、「iPhone 5」より若干スペックアップしているので、意外にこちらもアリかもしれませんね。

世界的には、シェアがAndroidに大差を付けられているだけに、安価なモデルでどれぐらい巻き返せるかというところでしょう。

それと「iOS 7」自体は9/18から配布開始ということで、まずは一足早く試すことができますね。

日本では、NTTドコモのユーザがどれぐらいiPhoneに移行するのかというところも注目されます。

コメントを残す