脱庭してiPhone 3GSへ

以前の記事でも書きましたが、先月でau誰でも割が満期になったので、いよいよiPhoneへMNP(番号ポータビリティ)しました。
ちなみにauには魔法の日と呼ばれるものがあり、毎月1日に解約すると当月分の請求額が発生しない、ちょっとお得な日があったりします。

iPhone 3GS
↑左から「au W54T」「iPhone 3GS」「TV&バッテリー」

ということでiPhone 3GSの感想ですが、とにかく文字が打ちにくいですね~。
通常の携帯だと親指で文字入力したりしますが、iPhoneで親指打ちするとかなりの確率で打ち間違いが起こります。

他にも文章の途中を修正したりする時とか、コピー&ペーストが使いにくかったりなどで、どうしても文字入力がネックに感じてしまいます。
まぁその他の部分では、App Storeでアプリケーションを自由に追加できたりするので、なかなか楽しい端末ではありますが。

それともうひとつ気になったのが、TV&バッテリーのワンセグ機能。

以前のau携帯では自宅で受信できていたのですが、これではまったく受信できず、EPGの番組表すら取得できない状態です。
これほど酷いのは、ひょっとすると不良品ではないかとも思えますので、一度ソフトバンクに問い合わせてみるつもりです。

ちなみにau端末では、解約後も電波OFFモードにしておけばワンセグは視聴できるようで、とりあえずはこれで代用しておくことにします。

あと、これはiPhoneのせいではないですが、やはりソフトバンクショップや販売代理店の対応が悪評通りで酷いところ。

無駄な契約は、iPhoneから「157」に電話してオペレーターを呼び出せば即日解除できますので、早めに対応しておきましょう。
オプション契約などは月額を日割り計算しますので、被害を最小限に食い止めることが好ましいです。

トラブルを避ける場合は、ソフトバンクオンラインショップアップルストアで購入するのが良いでしょう。

それにしても、ソフトバンクはSMAPでイメージアップを図るより、もうちょっと基本的なところをシッカリしてほしいところです。

う~む、この文章では何だかあまり良い印象に感じないかもしれませんが、まぁでもiPhone自体はそれなりに楽しい端末ではありますよ。

「脱庭してiPhone 3GSへ」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Studio Pumpkinhead Blog

コメントを残す