Windows 8.1 Previewを試してみた

マイクロソフトが開発者向けイベント「BUILD 2013」で、「Windows 8.1 Preview」「Visual Studio 2013 Preview」を公開しました。

ということで、さっそく試してみることに。

さすがにメイン機の「Vaio L」にインストールするのは気が引けたので、サブ機の「dynabook R822」に入れようとしたところ、アップグレードはできるのですが、Windows UpdateをかけるとWindows自体が起動しないという事態が。

調べてみても、さすがにリリースされたばかりのOSなので、まったく情報が見つからず…

しょうがないので、「Windows 8」に搭載されている仮想環境「クライアント Hyper-V」にインストールしてみたところ、うまく動作してくれました。

Windows 8.1 Preview01
↑起動中の画面は窓から魚のイメージに

Windows 8.1 Preview02
↑下部にアプリ一覧への矢印リンクが表示されるようになりました

Windows 8.1 Preview03
↑アプリ一覧画面では並び替えができるように

「Windows 8.1」起動後は今まで通りスタート画面から始まりますが、設定を変えるとデスクトップ画面から始めることも可能に。

Windows 8.1 Preview04
↑ツールバーのプロパティを開くと、スタート画面の設定も行えるようになっています

それと、ついでに「Visual Studio 2013」もインストールしてみました。

Windows 8.1 Preview05
↑画面右上に、常にMicrosoft アカウントが表示されるようになっています

Internet Explorer」は、バージョンアップされて11になっています。

Windows 8.1 Preview06
↑スクロールが滑らかになり、けっこうキビキビ動いてくれます

Windows 8.1 Preview07
↑ストアアプリ版は、画面分割と組み合わせて、ウインドウを並べることもできます

Windows ストア」については、大幅にリニューアルされています。

Windows 8.1 Preview08
↑カテゴリごとの表示から、ランキング中心の表示に変わりました

Windows 8.1 Preview09
↑アプリの詳細画面では、一画面で情報がまとめられています

感想としては、「Windows 8」と比べて大きく変わったわけではありませんが、細かい部分で使い勝手を向上させたという印象ですね。

「Windows 8」のセールス不振を受けて、「Windows 8.1」で元のスタイルに戻すのかと思われましたが、基本的にマイクロソフトは方向性を変えるつもりはないようです。

まぁどっちにしろ、あと1年足らずで「Windows XP」のタイムリミットが来るので、それに合わせて移行時のハードルをやや下げたというところでしょうか。

ソニーストア

東芝ダイレクト

コメントを残す