Ringo Starr & His All Starr Band『Ringo At The Ryman』

第12期リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドが、テネシー州ナッシュビルで行ったコンサートを収録した『Ringo At The Ryman』がリリースされました。

第11期では作品としてのリリースが無かっただけに、今作は久々のライヴ映像になります。

今回の参加メンバーは新旧織り交ぜた形で、スティーヴ・ルカサー(TOTO)、グレッグ・ローリー(元サンタナ、元ジャーニー)、トッド・ラングレンリチャード・ペイジ(元Mr.ミスター)など。

また、この日はリンゴの誕生日だったこともあり、1曲だけのゲスト参加でジョー・ウォルシュ(イーグルス)、リチャード・マークスフェリックス・キャヴァリエ(元ザ・ラスカルズ)なども登場しています。

最近はラインナップがやや渋くなっていましたが、今回はなかなか豪華なメンバーが揃いましたね。

選曲も耳馴染みのあるチョイスとなっており、スティーヴ・ルカサーがTOTOの代表曲「Rosanna」「Africa」「Hold The Line」、グレッグ・ローリーがサンタナの「Evil Ways」「Black Magic Woman」「Everybody’s Everything(新しい世界)」、トッド・ラングレンが「I Saw The Light(瞳の中の愛)」、リチャード・ペイジがMr.ミスターのNo.1ヒット「Kyrie」「Broken Wings」などを披露しています。

リンゴがTOTOやサンタナの曲でドラムを叩くなんて、なかなか珍しい光景ではありますが、まぁテクニカルな部分はもう一人のドラマー、グレッグ・ビソネットに任せてる感じでしょうか。

演奏については、スティーヴ・ルカサーが派手にギターを弾きまくっているのが目立つ感じですが、全体的にバンドのまとまりが良いので、最初から最後まで飽きずに観ることができます。

またリンゴ自身も「Don’t Pass Me By」でキーボードを弾いたり、「You Are Mine」でペルーの打楽器カホンを演奏したりと、ちょっと珍しいシーンもあったりします。

今作は全般に渡って心地良いグルーヴ感に包まれながら、お馴染みのヒット曲が次々と登場するので、思わず見入ってしまう作品だったと思います。

それにしても、リンゴは72歳とは思えないほど元気で、第1期の頃からほとんど見た目も変わっていないのは驚くところですね。

コメントを残す