マイクロソフトが「Xbox One」を発表

マイクロソフトが5/21に開催した「Xbox Reveal」で、次世代ゲーム機「Xbox One」を発表しました。

プレゼンテーションの中で、ゲーム機ではなくエンターテインメントを統合したオール・イン・ワン機ということが強調されており、ゲーム以外にもテレビ、ブルーレイ、オンデマンド、Skypeなどが利用可能になっています。

またKinectも標準で搭載されているので、それぞれの操作も音声認識とジェスチャーで行えるようになっていたり、クラウド上にゲーム動画を保存して共有することも可能とのこと。

ゲームのタイトルもいくつか紹介されており、Microsoft Studiosが「Forza Motorsport 5」、EA SPORTSが「FIFA 14」、Remedy Entertainmentが「Quantum Break」、Activisionが「Call of Duty Ghosts」など。

ただゲーム・タイトルについては、6/11から始まるE3で詳しく紹介するとのことです。

今回の発表は、やっぱりKinectを使ったデモが素晴らしかったですね。

スペック的には「PlayStation 4」とそう変わらないかもしれませんが、インターフェイスの差で「Xbox One」が一歩上回ったように感じます。

コメントを残す