Suede『Bloodsports』

2003年に解散し、2010年から活動を再開していたスウェードが、11年ぶりの新作『Bloodsports』をリリースしました。

再結成作に参加したのは彼らの代表作『Coming Up』期のメンバーで、ザ・ティアーズ以降、関係が回復していたバーナード・バトラーは結局、不参加になったようですね。

今作からは、まず「Barriers」が無料でダウンロード公開され、その後「It Starts And Ends With You」が1stシングルとして選ばれています。

この2曲を聴くだけでも、スウェードが帰ってきたと思わずニヤリとさせられますが、アルバム全体でも彼らならではの少し捻くれたポップさが唸る良作となっています。

まぁブレット・アンダーソンのソロ作には何かが足りないと思っていたファンには、嬉しい復活作ではないでしょうか。

それと今作は通常盤の他、CD+DVD限定盤も発売されており、DVDには「Barriers」「It Starts And Ends With You」のPVとメイキング、全曲解説のインタビュー映像などが収録されています。

それにしてもDVDにしてはやたらと映像が荒いのですが、これはわざとなんでしょうかねぇ。

スウェードの全盛期から考えると、20年近く経ってしまったわけですが、まぁ当時聴いていた世代には響く1作ではないでしょうか。

コメントを残す