マイクロソフトがSurface RTを日本でも発売

マイクロソフトが新製品発表会で、「Windows 8」と同時に発売した「Surface RT」を日本でも3/15より販売開始することを発表しました。

価格は32GBモデルが49,800円、64GBモデルが57,800円で、「Touch Cover」付きはそれぞれ+8,000円となっています。

また通常のキーボード・スタイルの「Type Cover」については、3/15以降に発売を予定しているとのことです。

海外では2/9に「Surface Pro」も発売されていますが、こちらは残念ながらまだ日本では取り扱わないようですね。

販売店については、ビックカメラヤマダ電機ヨドバシカメラの3社と、オンラインのMicrosoft Storeで予約受付が開始されています。

ちなみに「Surface RT」に搭載されているOSは「Windows 8」ではなく「Windows RT」で、利用できるソフトについては「Office 2013」の機能限定版が標準で付属されますが、他は「Windows ストア」のアプリに限定されています。

すでに海外で発売済みの端末だけにレビューも多く掲載されていますが、問題はSSDの容量が少ないことと、公開されているアプリの少なさでしょうね。

またInternet Explorer 10については、Flash Playerは内蔵されますが、それ以外のプラグインは使用することができません。

ということで、用途としてはネットサーフィン、メールチェック、Xbox LIVEと連携したゲームなど、まぁ「iPad」や「Nexus 10」などのタブレットに近い感じになるのでしょうね。

それにしては、ちょっと価格が高めなのは気になるところですが。

ビックカメラ.com

コメントを残す