Green Day『¡DOS!』

グリーン・デイが『¡UNO!』に続く、3部作の第2弾『¡DOS!』をリリースしました。

3部作はそれぞれ、スペイン語で1、2、3の意味から取られた『¡UNO!』『¡DOS!』『¡TRÉ!』と名付けられ、2か月おきのリリースが予定されていましたが、ビリー・ジョーが薬物依存で入院してツアーが中止になったためか、『¡TRÉ!』については発売日が前倒しにもなっています。

前作『¡UNO!』は、初期のグリーン・デイを彷彿とさせるような勢いのあるパンク・ナンバーが並んでいましたが、今作ではややメロディックなミディアム・テンポの楽曲が増えたような感じです。

アルバム全体では統一感よりも、バラエティ豊かな楽曲が並んでいるような印象で、まぁある意味では『Nimrod』『Warning』といった中期のグリーン・デイを現したような作品とも言えるかもしれません。

シングル・カットは「Stray Heart」が選ばれていますが、この曲はもともと『¡TRÉ!』に収録予定だったそうで、今作からのシングル候補が少ないと判断した結果こちらに収録したのかもしれませんね。

まぁ今作は、『¡TRÉ!』が発売になった時にトータルで評価するべき作品なのかも。

コメントを残す