Paul McCartney『Live Kisses』

ポール・マッカートニーが、アルバム『Kisses On The Bottom』のリリース翌日に行ったスタジオ・ライヴが『Live Kisses』としてリリースされました。

元々、このライヴ映像はiTunes Storeで生中継され、音源の一部は『iTunes Live from Capitol Studios』としてリリースされていますが、今作で完全版として登場したことになります。

演奏シーンは生配信時と同じく全編モノクロ映像となっており、各曲の間には新たに関係者へのインタビュー映像を追加。

インタビュー映像では、当日ライヴには出演していませんが、レコーディング時に参加していたエリック・クラプトンスティーヴィー・ワンダーなどもコメントを残しています。

まぁ、演奏の方はiTunes Storeでしばらくの間アーカイブが視聴できたので、すでに観た人も多いでしょうが、『Kisses On The Bottom』収録曲からジャズのスタンダード・ナンバーを次々に披露するというもの。

バックはダイアナ・クラールのバンドが務め、ポールが珍しく楽器を持たず、シャウトをしないで控えめなトーンで歌うのが新鮮な印象でした。

また今作にはボーナス・フィーチャーとして、『Kisses On The Bottom』のメイキング映像や、シングル「My Valentine」のPVも収録。

「My Valentine」のPVには、手話で出演したジョニー・デップとナタリー・ポートマンの全バージョンが含まれており、その撮影時のオフショットでポールとジョニーのジャム・セッションまで観れるのは面白いところです。

ちなみに本作のブックレットには、『Flowers In The Dirt』でも共演したダイアナ・クラールの夫、エルヴィス・コステロがけっこうな長文でコメントを残しているので、熱心なファンならチェックしてみても良いかもしれませんね。

コメントを残す