Windows 8で変わること

10/26に「Windows 8」が発売になりますが、移行する際に今までの環境と比べて、どのような差異があるのかをまとめてみることにしました。

・ログインはMicrosoft アカウントが推奨される

Windowsへのログインは、今まで通りローカルアカウントを作成する方法もありますが、基本的には「Microsoft アカウント(Windows Live ID)」が推奨されます。

「Microsoft アカウント」でログインすることで、「Windows ストア」からアプリを購入したり、「SkyDrive」との連携が可能になります。

ちなみに起動直後のロック画面からログインフォームを出すには、マウスで下から上にドラッグするか、画面をダブルクリックします。

・スタートメニューが無くなった

今までは左下のスタートボタンを押してメニューを出す方式でしたが、「Windows 8」では画面の左下隅にマウスを持って行くと全画面にタイル状のスタート画面が表示されます。

起動直後はタイル状のスタート画面から始まるので、デスクトップのパネルをクリックすると、いつものデスクトップ画面が表示されます。

・アプリケーションは2種類ある

アプリケーション(ソフトウェア)は、従来通りのデスクトップアプリと、「Windows ストア」で配布されるストアアプリがあります。

ストアアプリは、スマートフォンのアプリのような使い方で、ユーザが自由に改変したりすることはできません。

Internet Explorer 10」ではプラグインも別々に管理され、ストア版IEのプラグインはマイクロソフトが配布したものしか使うことができません。

ストアアプリを終了する時は、Windowsキーを押します。

・ウイルス対策ソフトは標準装備

今まではWindowsとは別に、ウイルス対策ソフトをインストールする必要がありましたが、「Windows 8」では「Windows Defender」にウイルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」が統合されています。

・Windowsの終了

Windowsをシャットダウンする時は、画面の右下にマウスを持って行くことでメニューが表示されます。

メニューの中から設定を選ぶと、電源の項目があります。

・Windows XP モードは廃止

Windows 7 Professional」「Windows 7 Ultimate」などで提供されていた「Windows Virtual PC」「Windows XP モード」は無くなりました。

代わりに「Windows 8 Pro」では「クライアント Hyper-V」という仮想環境が提供されるので、64bit版ではここに「Windows XP」をインストールすることが可能です。

ただし「Windows XP」は、自分で用意する必要があります。

「クライアント Hyper-V」を使用するには、「Windows の機能の有効化または無効化」から項目をチェックして再起動します。

・Windows 8とWindows RTの違い

Windows RT」は、「Windows 8」をモバイル用CPUで動作させるために開発されたバージョンなので、主にタブレット製品などで使用されます。

「Windows 8」との違いは、「Windows ストア」以外のアプリを自分でインストールできないことです。

Office 2013」については、「Windows ストア」から機能を限定した「Office 2013 RT」が提供されます。

…ということで、「Windows 8」では見た目が大きく変わったことで最初は面食らうかもしれませんが、まぁ操作に慣れると特に気にならなくなるだろうとは思います。

ちなみに2013年1月31日までは、現在使っているPCを「Windows 8 Pro」にアップグレードするパッケージが特別価格で販売されているので、2013年4月8日にサポートが終了する「Windows XP」を使っている人はこの機会に手に入れておく方が良いでしょう。

コメントを残す