携帯3社が2012冬-2013春モデルを発表

10/9にソフトバンク、10/11にNTTドコモ、10/17にauがそれぞれ、2012冬-2013春モデルの新機種を発表しました。

ソフトバンクは、ディズニー・モバイルと合わせてスマートフォン8機種、フィーチャーフォン2機種、フォトフレーム1機種、さらに後から追加でモバイルルータ1機種を発表。

ソフトバンク・ブランドで発売するスマートフォンについては、全機種とも下り最大110Mbpsの「SoftBank 4G」に対応しており、OSには「Android 4.x」が採用されています。

iPhone 5については、パケット通信に「4G LTE」を搭載していましたが、Androidについては「SoftBank 4G」と、規格を分ける形にしたようですね。

新モデルには、珍しいところでモトローラ製「RAZR M 201M」なども含まれています。

NTTドコモは、スマートフォン10機種、タブレット1機種、フィーチャーフォン4機種、フォトフレーム1機種、モバイルルータ1機種を発表。

NTTドコモのスマートフォンは、高速通信規格として下り最大100Mbpsの「Xi」を搭載しており、OSも「Android 4.x」を採用。

ラインナップ的には、どうなるかと思われたサムスン製の端末も「GALAXY S IIIα SC-03E」「GALAXY Note II SC-02E」と、2機種が並んでいます。

auは、スマートフォン9機種、タブレット1機種を発表。

auは今まで高速通信規格として「WiMAX」に対応していましたが、今回の機種からは下り最大75Mbpsの「4G LTE」を搭載しており、OSは全機種「Android 4.0」を採用。

またサービス面として、590円/月で書籍が読み放題となる「ブックパス」も12月上旬から開始されます。

まぁ今回の新機種発表は「iPhone 5」や、ソフトバンクのスプリント・ネクステル買収に話題を持っていかれた部分もありますが、とりあえず「4G LTE」「テザリング」「Android 4.x」あたりがキーワードですかね。



Video streaming by Ustream



Video streaming by Ustream

コメントを残す