Googleが日本でもNexus 7と書籍販売を開始

Googleが、Google Playで「Nexus 7」と日本語の書籍販売を開始しました。

「Nexus 7」は、Android 4.1 Jelly Beanを搭載した7インチのAndroidタブレットで、日本では16GBモデルが19,800円で販売されています。

書籍の方は、Androidアプリ「Google Play ブックス」で閲覧する形で、Web版「Google Books」で購入した書籍とも連動しています。

ちなみに無料書籍も用意されており、夏目漱石や宮沢賢治など、著作権の切れた、いわゆるパブリックドメインの作品がいくつか用意されています。

まぁタブレットと同時に電子書籍を提供することで、「Nexus 7」の使い道も提案された形ですね。

近いうちにAmazonKindleを国内販売する予定で、価格帯や端末サイズも似ていることから、けっこう良い勝負になるかもしれませんね。

コメントを残す