Microsoft Wedge Touch MouseとWedge Mobile Keyboardを買ってみた

マイクロソフトの「Wedge Touch Mouse」「Wedge Mobile Keyboard」を購入してみました。

Wedge Touch MouseとWedge Mobile Keyboard 01
↑箱のデザインは統一されています

Wedgeシリーズは、次期OS「Windows 8」をタブレット端末で使うことを想定されていますが、「Windows 7」でも使用することができます。

Wedge Touch MouseとWedge Mobile Keyboard 02
↑Wedge Mobile Keyboard内包物一覧

Wedge Touch MouseとWedge Mobile Keyboard 03
↑Wedge Touch Mouse内包物一覧

Wedge Touch MouseとWedge Mobile Keyboard 04
↑並べてみた

Wedge Mobile Keyboardはモバイルと銘打ってあるだけに、非常に小型で軽く、持ち運びもし易くなっています。

しかしながら、小型化するためにキーとキーの間にスペースを無くしてあるので、慣れるまでミスタイプが多くなるかもしれません。

Wedge Touch MouseとWedge Mobile Keyboard 05
↑付属のカバーを掛けると電源がOFFになります

Wedge Touch MouseとWedge Mobile Keyboard 06
↑カバーをタブレット用のスタンドとして使用することもできます

Wedge Touch MouseとWedge Mobile Keyboard 07
↑上からVAIO L付属のキーボード、Apple Wireless Keyboard、Wedge Mobile Keyboard

Wedge Touch Mouseも今まで見たマウスの中では、最も小さいマウスですね。

持ち方としては、今までのマウスのような手をかぶせる感じではなく、指先でつまむような形になります。

それほど持ちにくさは感じませんが、ややクリックの堅さが気になるところでしょうか。

Wedge Touch MouseとWedge Mobile Keyboard 08
↑奥に向かって傾斜が付けられています

Wedge Touch MouseとWedge Mobile Keyboard 09
↑左からVAIO L付属のマウス、Apple Magic MouseMicrosoft TOUCH MOUSE、Wedge Touch Mouse

まぁおそらく、このマウスとキーボードが活きてくるのは、Windows 8と同時発売されるタブレット「Surface」と組み合わせた時なのでしょうね。

持ち運び用として使う分には小さく軽いので、外出先でもフルスペックのWindows環境が必要な人には、ノートパソコンの代わるものとしてちょうど良いかもしれないです。

Wedge Touch MouseとWedge Mobile Keyboard 10
↑試しにiPadを立てかけてみました

それにしても最近のマイクロソフトは、デザインもオシャレな商品が増えてきましたね。

コメントを残す