アップルがiPhone 5を発表

アップル新製品発表イベントで「iPhone 5」を発表しました。

「iPhone 5」では、画面サイズが3.5インチから4インチRetinaディスプレイとなり、アプリアイコンが4段から5段に増えたこと、本体が薄く軽くなったことが一番の特徴でしょうか。

他にも、CPUがApple A6LTE対応、カメラが暗所でも撮影可能、ドックコネクタを新規格「Lightning」へ変更など。

9/14に予約開始、9/21に発売ということなので、割と早い時期に登場となりましたね。

また、同時に「iPod nano」「iPod touch」も新モデルが登場しています。

第7世代「iPod nano」は、第6世代と同じくタッチ操作ですが、形状としては第5世代のような縦長のデザインに戻っています。

第6世代「iPod nano」を時計にできる機能も面白かったのですが、まぁビデオ再生への対応の方が需要あるのでしょうね。

第5世代「iPod touch」は、「iPhone 5」と同じく4インチ・ディスプレイやSiriへの対応、CPU、カメラ、無線機能の強化など、ベーシックな部分の底上げが行われています。

それと「iPhone 5」「iPod nano」「iPod touch」については、イヤフォンも新型「EarPods」が付属。

新型「iPod nano」「iPod touch」の発売は10月となっています。

また、ソフトウェア面では「iOS 6」が9/19にリリース、「iTunes」の新バージョンが10月後半に登場とのこと。

「iOS 6」自体はすでに発表済みだったので、今回はその中心的な機能である新「マップ」「Siri」などの実演という感じでしたね。

「iTunes」については、iOS版「iTunes」に近付いた感じで、よりグラフィカルなインターフェイスに変更されています。

どちらかといえばiOS版に寄せるよりは、大量の楽曲を整理できるような機能に注力して欲しいところではあるのですが。

さて、事前の噂ではNFCへの対応、新型iMacApple TVなども出ていましたが、どうやら今回はそれらは無かったようです。

う~ん、まぁけっこう予想通りな発表ではあったので、サプライズ感は無かったかなぁ。

コメントを残す