Sony Tabletが当たった

サークルKサンクスカルワザクラブキャンペーンで、「Sony Tablet S」の16GBモデルが当たりました。

いや~、2名様で当たるってすごい確率ですね。

ちなみに「Sony Tablet S」は、すでにソニーの公式オンラインショップ、ソニーストアでは販売終了しており、次期モデル「Xperia Tablet」の噂もチラホラ聞こえてくる状態。

まぁ在庫処分に近い感じですが、そうはいっても先日Android 4.0にもアップデート対応したので、まだしばらくは遊べる端末ではあります。

Sony Tablet01
↑Sony Tablet S 16GBモデルです

Sony Tablet02
↑内包物一覧

Sony Tablet03
↑上下で幅が違うのがデザインの特徴です

Sony Tablet04
↑起動してみました

「Sony Tablet S」のウリといえば、電子書籍「Reader Store」と、初代PlayStationのゲームが遊べる「PlayStation Certified」。

「Reader Store」をザッと見たところ、書籍数はそれなりにあるようですが、イマイチ独自性を感じない印象。

強いて言えば、ハリー・ポッター・シリーズの電子書籍が販売されているポッターモアショップとの連携ができることぐらいでしょうか。

「PlayStation Certified」の方は、PlayStation Storeで販売されているラインナップがかなり少ない。

ちなみにプリセットで「みんなのGOLF 2」「Pinball Heroes」がインストールされているので、購入する前に操作感覚を試すことはできます。

それと、せっかくなのでGoogle Playでタブレット向けアプリを探してみましたが、こちらもわざわざタブレット用と銘打って公開されているものは少ないですね。

基本的にはスマートフォン用と共通で使えるので、それで良しとしている開発者が多い感じでしょうか。

あと、ついでにオプション品を買おうと思ったら、本体の販売終了と同時にこちらもほとんどが入荷終了に。

ACアダプターとかが壊れると予備が買えないってのは、もうちょっと何とかしてほしいところなんですが…

さて、まぁiPadも持っているので特にこれといった使い道はないのですが、せっかくのAndroidタブレットなので、これからいろいろ試してみたいと思います。

ソニーストア

コメントを残す